精油の作用の一覧

心身で精油の効果を実感するためには、体内に精油を取り込む必要があります。
主に嗅覚・呼吸器・皮膚の3経路から体内に取り込み、各作用を有効にします。

体内に精油を取り組む方法

もっとも一般的なのは嗅覚から精油を取り込む方法です。
ルームディフューザーやアロマポットなどでアロマを揮発させ、香りを楽しみながらアロマを取り入れます。

発揮した芳香分子は吸引した空気と一緒に鼻の中を動き回り、最上部に位置する嗅細胞の先端に付着します。

ここから電気信号が発生して、脳辺縁系や視床下部を通り脳下垂体へ香りの情報が伝えられます。
これにより自律神経系、内分泌系、免疫系に影響を与えます。

特定の香りを嗅いで過去の記憶や感情を思い出す記憶は誰にでもあり、匂いによる記憶は視覚よりも長持ちします。

続いて、呼吸器から精油を取り込む方法があります。
精油の分子を空気と共に吸入し、灰に到達した時に細胞の鼓膜から血液のガス交換と共に血液中に取り入れられ体を巡回します。

最後に皮膚から取り入れる方法があり、マッサージやアロマバスで用いられます。
精油の分子量が小さい場合には効果的です。

精油の代表的な作用

精油には多くの作用や効果があり、日常生活で使われない言葉も使用されます。
代表的な精油の効果は一覧は下記です。

エストロゲン エストロゲンホルモン的な働き
緩下 腸を緩め、排便を促進する
強肝 肝臓と胆のうの機能を刺激促進する
強心 心臓の強壮剤(刺激を活性化させる)
強壮 体のあらゆる機能を活性化させる
去痰 過剰な粘液を機関から排出する働きを助ける
駆虫 寄生虫や害虫を駆除する
駆風 鼓腸を減少させる、腸内のガスを取り除く
血圧降下 血圧を低くする
血圧上昇 血圧を上昇させる
血管拡張 血管壁を拡張させる
血管収縮 血管壁を収縮させる
血行促進 血液の流れをよくすること
解毒 毒性物質を中和する、または排出する
解熱 体を冷却させ、高い体温を低下させる
健胃 胃の不調を癒し、健やかにする
抗アレルギー アレルギー症状を軽減
抗ウイルス ウイルスを増殖を防ぐ
抗うつ 憂鬱を和らげる
抗炎症 炎症を抑える、鎮める
抗カタル 粘膜の炎症、粘液過多を軽快にする
抗寄生虫 寄生虫を駆除する
抗菌 バクテリアの増殖を抑制する
抗催乳 母乳の生産、分泌を抑える
抗酸化 酸化と闘う、予防する
抗真菌 真菌による感染症を軽減する
抗痙攣 痙攣やひきつけを予防や抑制する
抗生物質 抗生物質に準じた働きをする
抗微生物 微生物の増殖を阻止し、減少させる作用
抗ヒスタミン ヒスタミンの作用を拮抗する
抗不安 不安を鎮める
興奮 感情を高ぶらせる
昆虫忌避 昆虫を除ける
催淫 性欲を高める
催乳 母乳の分泌を増大させる
細胞成長促進 細胞の成長を促す
催眠 眠気を誘う
殺菌 バクテリア、細菌を殺す
殺虫 虫を殺す
殺真菌 真菌を殺す
弛緩 筋肉を緩ませる
子宮強壮 子宮を強壮にする
刺激 刺激活性化し、エネルギーを増進する
止血 出血を止める
収れん 組織を部分的に引き締め、収縮や結束させる
消化促進 消化を助ける
消臭 臭いを消す
循環促進 血液の循環を刺激促進する
食欲増進 食欲を高める
食欲調整 正常な食欲の状態に整える
自律神経調整 自律神経の機能を正常化させる
神経強壮 興奮を鎮める、神経を競争にする
神経バランス調整 自律神経のバランスを整える
頭脳明晰化 頭脳を刺激し、集中力を高める
制汗 汗を抑える
精神高揚 気分を高める、やる気をみなぎる
整腸 腸の消化、吸収、運動などの機能を高める
組織細胞再生 傷ついた組織を再生させる
鎮痙 筋肉の痙攣を和らげる
鎮静 落ち着かせ、興奮を鎮める
鎮痛 痛みを和らげ、消失させる
通経 月経を誘発する
粘液溶解 粘液の流動性を高める
発汗 汗を出す
瘢痕形式 傷を治して、皮膚を滑らかにする
光感作促進 光による皮膚の炎症、色素沈着を促す
皮膚再生細胞 皮膚細胞ができるのを助ける
皮膚弾力回復 皮膚の弾力を取り戻す
皮膚軟化 皮膚を柔らかくする
皮膚刺激 感作により強い症状を引き起こす
副腎皮質刺激 心身のストレスと闘い、回復させる
防虫 寄生虫や害虫を防ぐ
保温 ホルモンに似た作用
ホルモン調整 内分泌のバランスをとる
免疫促進 免疫機能を高め観戦しにくくする
リンパ刺激 リンパ系の働きを活性化する
冷却 冷たくして症状を鎮める

以上が精油の作用や効果でした。
精油を使用する際は、作用や効果の気にしながら用いましょう。



関連記事