【初心者向け】アロマを始める時にそろえたい万能な5つの香り


アロマテラピーを始めるときに必要になるのが天然のアロマオイルで、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれています。

精油には100種類以上の種類があって、どれを選んだら良いや分からない方も多いと思います。

日常生活で使いやすいものや香りが親しみやすく、初心者向けにベーシックなアロマを5種類を紹介します。
折角、アロマを始めるなら香りも効能も満足したい方にオススメします

初心者向けアロマ①:ラベンダー

ラベンダーはアロマテラピーの代名詞とも言える精油でリラックス効果をはじめ、精神的にも肉体的にもたくさんの効能が期待できる万能精油です。

特に心身の緊張を緩めるのが得意な精油で自律神経を整える働き睡眠の質を高める効果があります。

他にもラベンダーの精油は痛みや炎症を和らげる作用があり、ニキビや肌荒れや軽いやけどや肩こりや生理痛など日常生活におけるちょっとしたトラブルにも役立ちます。

品質の確かな精油は香りを楽しむだけでなく、植物油などに希釈して肌に塗って使うこともできます。

ラベンダーはリラックスのために使う他にも肌や体の悩みが気になるときに外葉やスキンケアで使うことがほとんどですが、ラベンダーの精油を使うようになってから薬を使う機会を軽減することができます。

精油は薬品に変わるものではありませんが、心と体の両方に働きかけて、健康や美容をサポートしてくれます。
中でもラベンダーは作用も穏やかで、適切に使えば子供や高齢者にも安心して使うことができます。

ラベンダーと一口に言ってもたくさんの種類がありますが、一般的にラベンダーの精油というと「真正ラベンダー」のことを指し、他のラベンダーの精油よりもリラックス効果が高く、刺激が少ないのが特徴です。

他にもスパイクラベンダーやラバンジンなどの種類もありますが、子供や妊娠中の方や持病持ちの方などには注意が必要なので、購入の際には植物の学名の確認が必要です。

初心者向けアロマ②:オレンジスイート

オレンジやレモンなど日常の生活の中でも香ることができる香りとして、柑橘系はとても人気です。

オレンジスイートはみかんの皮を向いた時のようなフレッシュで甘い香りは、子供から大人まで誰からも愛されていて、万人向けのアロマです。

柑橘系の精油はたくさん種類がありますが、中でもオレンジスイートの香りはリラックスと安眠を誘ってくれる香りでストレスや緊張を感じるときや眠れないときに役立ちます。

食べ物でも馴染みのある香りなので、香りを嗅ぐだけで安心感のある香りです。

また、オレンジスイートの香りは生産量が多いので、価格が手頃なのも魅了の一つです。
しかし、柑橘系の精油は劣化しやすいので、少量をこまめに買うことをオススメします。

あと、香りが揮発しやすいので、香り持ちをよくしたい場合はフローラル系やウッディ系とブレンドすると長持ちします。

初心者向けアロマ③:ユーカリ

ユーカリは古くからオーストラリアの先住民が万能薬として使ってきた植物です。

ユーカリには数百もの種類がありますが、そのうち精油が取れるのはほんの一部でもっとも一般的なのが「ユーカリ・グロブルス」という種類です。

グロブルスの特徴は強い殺菌作用があり、風邪やインフルエンザや花粉症など鼻や喉のトラブルに効果を発揮します。

また、鼻を抜けに抜けるような爽やかな香りは気分をリフレッシュしたい時や集中力を高めたい時に役立ちます。

他にも「ユーカリ・ラディアータ」が人気で、グロブルス同様の効果がありますが、香りや作用がより穏やかなので、強い香りが苦手な方や子供や高齢者も安心して利用することができます。

加えて、免疫力を高める役割も期待できるので、健康管理にも最適です。

爽やかな香りやスッキリした香りがお好きな方にオススメです。

初心者向けアロマ④:ヒノキ

ウッディ系の香りは癒しの効果が高く気持ちを落ち着かせてくれるものが多いですが、中でもヒノキの精油は日本人に馴染みの深い香りで初心者の方でも使いやすいのがポイントです。

心も体も空気も浄化してくれるような清々しい森の香りで、リラックスにもリフレッシュにも使うことができ、疲労回復や安眠のためにオススメの一本です。

さらに抗菌やダニよけの作用も認められているので、消臭や防虫にも役立ちます。

ヒノキの香りは気分転換から、室内の掃除まで幅広い用途で使用することができます。

ヒノキは香り持ちが良く、他の精油とも相性がよく、ヒノキの香りが強いと感じる場合はラベンダーや柑橘系と合わせるとマイルドな香りになります。

ヒノキの精油のように日本で育つ植物から採れる精油は「和精油」と呼ばれており、最近人気が高まっています。

アロマテラピーはもともとヨーロッパ発祥のため、ラベンダーやローズマリーなど西洋由来の精油が多く、日本人には合わない香りも多いです。

和精油にはヒノキの他にゆずや杉など日本人にとって馴染み深いものがたくさん揃っています。

お家に居ながら、森林浴気分を味わえるのが魅力的です。

初心者向けアロマ⑤:ゼラニウム

ゼラニウムは葉から抽出される精油ですが、ローズと同じ成分を多く含んでいるため、フローラルな甘さを含んだハーバルな香りが特徴的です。
やや思い香りなので、好みが分かれることがあります。

ゼラニウムの精油は特に心と体の両方のバランスを取るのが得意で、特に女性ホルモンのバランスを整えることができます。
生理前には心地よさを感じる香りです。

加えて、皮脂のバランスを整える働きもあり、乾燥肌にもオイリー肌にもスキンケアにも活躍します。

ゼラニウムの香りは産地や栽培方法によって、香りが大きく異なります。
そのため、購入する際は実際に香りを試すことをオススメします。

以上が、初心者向けが使いやすい精油にですので、この中からお好みの香りを選ぶといいでしょう。



関連記事