失敗しないアロマディフューザーの選び方


アロマディフーザーは種類によって拡散力やお手入れのし易さなど特徴が大きく異なります。
アロマディフーザーをどんなシーンで利用したいのか目的に合わせて選ぶことが重要です。

アロマディフューザーは天然のアロマオイル(精油、エッセンシャルオイル)の香りを効果的に広げるために使うものです。

ディフューザーには色々な種類があり、熱を使うものと使わないものに分けることができます。
熱を使うものは、火や電気の熱を利用して、オイルを温めることで香りを拡散させるタイプです。

精油には熱に弱い性質があって、さらに火事や火傷の危険性もあることから、最近では火を使わないディフューザーが推奨されています。
熱を使わないディフューザーに絞って、その中から3つのタイプを紹介します。

超音波式アロマディフューザー(ミスト式)

アロマディフューザーの中でももっとも一般的なタイプで、超音波で発生したミストで香りを広げ、6-8畳の部屋に対応しています。
大きい物では10-15畳まで対応しているものもあります。

超音波式ディフューザーの特徴は香りだけでなく、インテリアやミストなど視覚的に楽しむことができ、癒し効果があります。

デザインのバリュエーションも豊富で、たくさんのブランドから発売されており、価格もそれほど高くなく、アロマ入門者にもオススメです。
また、使用する精油の量も多くなく、少量で利用できるため経済的にも優しいです。

デメリットは水を使う分、こまめなお手入れが必要で、お手入れを怠ると、雑菌やカビが増殖することもあります。
忙しい方や面倒くさがりの方にはむいていません。

超音波式ディフューザーは香りだけでなく、デザイン性があるため、視覚的にお部屋の雰囲気を変えることができ、シンプルな物から高級感のあるものまで、インテリアにむいている方にもオススメです。
動作音も静かなため、勉強部屋や寝室にも適しています。

アロマ

ネブライザー式アロマディフューザー

最近、人気が高まっている水を使わないタイプのディフューザーで、仕組みは空気の圧力を利用して、アロマオイルを原液のまま拡散させるものです。

ネブライザー式には精油のボトルをディフューザーに直接セットするタイプと、ガラス瓶に精油を注ぎ利用するタイプの2種類があります。

ネブライザー式の特徴は水なしで利用でき、お手入れが簡単ということで、超音波式のように水に薄めたりしないので、天然アロマオイル本来の香りを味わうことができます。

さらに香りの拡散力に非常に優れているので、スイッチひとつで広い空間に拡散させることができます。

デメリットは動作音が気になることやアロマオイルの消費が早いことです。
リビングなどの生活音のある空間では気になりませんが、寝室などでは気になることも多いです。

アロマオイルの消費も早く、本体価格も高いため、コストを気にする方には向きません。

しかし、香りの拡散力やお手入れのし易さではダントツで優れているので、手間のかからないディフューザーを求める人や10畳以上の広い空間に香らせたい人にはオススメです。

アロマストーン

アロマストーンはアロマオイルを直接石に染み込ませて、香りを楽しむアイテムです。
アロマストーンの特徴はオイルを2.3滴垂らすだけで使える手軽さが魅力です。

電源も不要で、手の平サイズのプレートに石を置くだけですので、サイズもコンパクトなので、置き場所に困りません。
価格もリーズナブルで、1,000円以下で購入することができます。

デメリットはアロマストーンは自然に香りが拡散するものなので、電源を使うものと比較して、香りの拡散力や持続性が弱く、部屋全体に香らせたい場合には不向きです。

部屋中に香りを漂わせたい方や、強い香りを楽しみたい方には向きません。

玄関やトイレや車内などの狭い空間を香らせたい方、デスクや枕元に置いて自分の周りだけに香らせたい人にはオススメです。

アロマストーンはデザインも豊富で、車やバックミラーに吊るせるタイプや缶に入っていて持ち運びに便利なものもあります。

アロマストーンは特別なお手入れは不要ですが、利用しているうちに石に色がついたり、香りの広がり具合が悪くなることもありますので、消耗品と考えて、新しいものを購入するといいでしょう。週に数回の利用の場合は約1年利用することができます。

他にも石ではなく、天然の木で作られたアロマウッドもあり、使い方はアロマストーンと同様です。

今回説明したようにアロマディフューザーにはミスト式、ネブライザー式、アロマストーンがあり、目的や使用場所により使い分ける必要があります。




関連記事