アロマストーンの使い方・特徴のまとめ!人気おすすめ商品も紹介


部屋や家で香りを楽しむ方法はリードディフューザーやお香やアロマキャンドルなどが有名ですが、アロマオイルを用いる方法も人気です。

アロマオイルを部屋で拡散させる方法は、アロマディフューザーやアロマポットやアロマキャンドルを使用しますが、拡散力やアロマオイルの消耗、費用、手間など一長一短あります。

その中でも手軽に始めることができるアイテムとして人気なのがアロマストーンです。
アロマストーンの特徴や使い方と人気おすすめ商品をご紹介します。

アロマストーンとは

アロマストーンはアロマの香りを広げる道具として使用されるディフューザーの一つです。
アロマストーンに染み込ませた香りは自然に揮発します。

拡散力や香りの強さは他のディフューザーと比較すると弱いですが、自分のみのスペースや生活の中にほのかに香りを取り込みたい方には魅力的です。

ほとんどのアロマストーンは素焼きの陶器や石膏で作られており、インテリアとしてもお洒落で人気があります。
アロマプレート」や「アロマチャーム」とも呼ばれることがあります。

アロマストーンには「置き型」と「吊り下げ型」の2種類があり、場所や用途に合わせて使い分けることができます。

「置き型」は一般的なアロマストーンで、手のひらサイズがほとんどなので、どこでも使用することができ、デザインも豊富なため、インテリアとしても人気です。
寝室の枕元や仕事中のデスク、トイレや玄関など、置き場所も自由自在です。

「吊り下げ型」は車中やドアノブなどに付けることがあります。
機能や使い方は置き型と同じですが、アロマストーンを落として割れる可能性があるので、吊り下げ型は注意が必要です。

一方で、子供やペットが倒したり、触ったりする心配はありませんので一長一短です。

アロマストーンの使い方

使い方はとても簡単でアロマオイル数滴をアロマストーンに垂らすだけで、徐々に部屋に香りを広げていきます。
コンセントなども不要なので、好きな場所に置くだけで準備完了です。

アロマストーンの香りの持続時間は2~5滴で1~3日間ほどでアロマオイルやアロマストーンの種類によっても若干異なります。
香りが薄いと感じた場合には追加でアロマオイルを垂らすと香りが回復します。

電気屋火を使わないため安心安全に利用でき、また掃除などの手間も不要なのが人気の秘訣です。
持ち運びもしやすいため、車やオフィスデスクやクローゼットの中でも使用することができます。

アロマストーンを使用する際の注意点として、アロマストーンの下に受け皿を敷くようにしましょう。

アロマオイルがアロマストーンから染み出る可能性があり、そのオイルが原因で家具などに色が染み付いたり、変色する可能性があります。

アロマストーンは何度も使用していると、アロマオイルの色が石に染み付いて取れなくなります
色が染み付いても使用することはできますが、香りの拡散力が弱くなってきているので、新調も検討しましょう。

目安として、アロマストーンは半年から一年間は使用できます。

人気おすすめのアロマストーン

人気のアロマストーンについて紹介します。

アロマランプは店舗では東急ハンズなどで購入でき、インターネットでは楽天市場やアマゾンなどで購入できます。
店舗によって在庫状況や価格が異なります。

【生活の木】アロマストーン ハーバル

アロマやハーブの専門店として有名な「生活の木」からアロマストーンの「ハーバル」が販売されており、素焼きのスクエア型のストーンにミントのレリーフのデザインが人気です。

ホワイト、グリーン、パープルの3色があり、どれも優しい色合いで、インテリアとしてどこにでも馴染みやすいです。

【ニールズヤード 】アロマチャーム

ニールズヤードはロンドン発祥のブランドでオーガニック製に強いこだわりのあるブランドです。

肌に優しいや化粧品などを中心に販売していますが、アロマグッズも人気ですので、オーガニックや天然成分にこだわりのある方には最適のブランドです。

ニールズヤードの「アロマチャーム」はシンプルなデザインで、紐がついた吊り下げタイプです。
細部も直径約4cmと小さめですので、車やオフィスなどで使用することができます。

【フリート】アロマストーン

フリートは愛知県瀬戸市のブランドで、陶器を使用したアロマポットやバスグッズなどを展開しています。

動物のとぼけた表情がかわいい素焼きの置き型アロマストーンで、SNSを中心に話題になりました。

【&N】アロマストーン

リーフの形などで、大人好みのかわいいデザインのアロマストーンです。

石は「珪藻土」で作られており、湿気を吸収、放出する力に優れているため、アロマストーンとしては大活躍です。

【KUSU HANDMADE】くすのきアロマディッシュ

最後にアロマストーンではなく、似たような使い方をするアロマウッドを紹介します。

九州産のクスノキから削り出して作られたもの商品で、ここにアロマオイルを垂らして使用します。
クスノキは古くから“虫よけの木”としてもなじみがあり、クスノキの香りとアロマの香りがミックスし絶妙になります。

以上が、アロマストーンの使い方や特徴と人気商品の紹介でした。
簡単に始めることができるので、ぜひお試しください



関連記事