アロマテラピーとは?効果や効能を紹介


アロマテラピーと聞くと「オシャレっぽい」「香りが好きな人の趣味」などのイメージを持ちますが、香りを楽しむだけでなく、健康や美容や快適な生活をサポートしてくれる素晴らしい手段の一つです。

そもそもアロマテラピーとは何か?アロマテラピーでどんな効果が得られるのか、などのアロマテラピーの基本について説明します。

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは一言で言うと、香りを使った健康法です。
香りの中でも特に自然の植物の香りには、人間を癒す秘密なパワーが秘められています。

例えば、好きなお花の香りでホッとしたり森の中を歩くと清々しい気分になれた経験があると思います。
これらは全て植物の香りが人間の心や体に働きかけて起きることです。

このような植物の香りの力を利用して、心や体をより良い状態に導いていく方法が「アロマテラピー」です。

実際のアロマテラピーでは精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる植物から抽出した香りのエッセンスを使うのが特徴です。

精油には豊かな香りだけでなく、たくさんの薬効成分が詰まっています。
香りと成分の両方の力を利用して、心と体の両面から整えていく自然療法がアロマテラピーです。

アロマテラピーの他に、アロマセラピーと呼ばれることがありますが、どちらも芳香療法と訳され、意味に違いはありません
フランス語読みがアロマテラピー、英語読みがアロマセラピーとなります。

アロマテラピーの歴史

そもそもアロマテラピーという言葉はアロマ(香り)とテラピー(療法)を組み合わせた造語で、20世紀前半のフランスでこの言葉が生まれました。

フランスの科学者が実験中の事故で火傷を負った際にラベンダーの精油を使ってその効用を自ら体験したことが始まりです。

このようにするとアロマテラピーは比較的新しいものと思いがちですが、この言葉が生まれる遥か昔の5000年以上も前から人間は植物の香りの力を利用してきました。

例えば、古代エジプトでは宗教儀式にフランキンセンスやミルラといったアロマテラピーでおなじみの香りが炊かれていたり、ミイラ作りの防腐剤や化粧品として、香油が使われていたという記録が残っています。

また、クレオパトラがバラやジャスミンの香りをこよなく愛していたことは有名ですが、彼女は自身の美貌に加え、香りの力を巧みに利用して、世界の歴史を動かしたと言われています。

そして、日本でも冬至のゆず湯や五月の菖蒲湯などの昔からの習慣があります。
これらも広い意味ではアロマテラピーとして捉えることができ、日本人にとってもアロマテラピーは身近な存在です。

アロマテラピーの効果

アロマテラピーといえば、いい香りでリラックスやリフレッシュというイメージを持つ方が多いですが、他にも健康や美容にも大きな効果をもたらします。

特にアロマテラピーの優れている点は心と体の両方に働きかけて、自然治癒力を引き出してくれることです。
人間の体には本来、自然治癒力が備わっており、自らの力で健康になったり美しくなったりします。

しかし、疲れやストレスが溜まっていたり、薬に頼りすぎていると、自然治癒力が弱まって、病気や不調を招きやすくなります。

アロマテラピーでは香りを嗅いだり、マッサージなどで肌から成分を取り入れることで、自然治癒力を高める効果が期待でき、体の内側から真の健康や美しさを引き出すサポートをしてくれます。

精神面での効果は

  • リラックス効果
  • 精神疲労・ストレス緩和
  • 睡眠の質を高める
  • 気分を明るくする
  • やる気や集中力を高める

精神面での効果は

  • 肩こり、むくみ、冷えの緩和
  • 女性ホルモンをアップ
  • 認知症予防、症状改善
  • 風邪や花粉症への予防
  • ニキビなど肌トラブルの改善

精油には「結構促進作用」「鎮痛作用」「抗炎症作用」などの薬に似たような作用が多数あります。

アロマテラピーは薬や医療に変わるものではないですが、日常生活で起こるちょっとした不調やトラブルの解決の助けになります。

ピンポイントで症状を抑える薬と違って、アロマテラピーは精神的な部分も含めて体全体のコンディションを整えることに力を発揮します。

現代人は人間関係や職場などで多くのストレスを感じており、ストレスは万病の元とも言われます。

心にも身体にも様々な不調を引き起こす原因にとなるストレスから身を守る方法として、香りを楽しみながら心と身体に心地よく働きかけてくれるアロマテラピーは大きな助けとなってくれる存在です。



関連記事