【初心者用】おすすめアロマディフューザーと精油の選び方


アロマはオシャレだし、リラックスできるので日常に取り入れたいと思う人や、新しい趣味として始めたい人がたくさんいます。

しかし、ECなどのオンラインショップでは実際に香りを確かめることができず店舗ではたくさんある香りの中から選ぶのが難しいです。

また、精油だけでなく、アロマディフューザーを購入しなければならず、実はアロマは初心者にはハードルの高く感じることがあります。

初心者用にアロマディフューザーの種類と精油の選び方について紹介します。

初心者向けアロマディフューザーの選び方

精油をルームフレグランスとして、お部屋で楽しむにはアロマディフューザーが必要です。
アロマディフューザーには、自然系と機械系の二つに分けることができ、そこからまた細分化することができます。

自然系のアロマディフューザー

自然系のアロマディフューザーとはアロマストーンや木製ディフューザーなど自然の素材を利用したものです。

精油は植物からできているため、石や木などの自然のものと揮発すると、とても相性がいいです。

「アロマストーン」「ディスクディフューザー」「ウッドディフューザー」などに直接2-3滴精油を垂らし、玄関やトイレなどの狭い空間に置くと木に染み込んだ精油が自然に揮発して香るタイプです。

石や木に香りが染込むため、他の精油に変更したい場合には香りが混じってしまうこともあります。
精油を垂らすだけですので、拡散力は強くないため、広いお部屋やすぐに部屋に香りを充満させたい場合には不向きです。

アロマの入った瓶に棒(リード)をさして香りを拡散させる「リードディフューザー 」も自然系のアロマディフューザーの一種と言えます。

機会系のアロマディフューザー

自然系と逆で、機械の力を使い人工的に香りを拡散させます。
機械系のアロマディフューザーにはミストタイプと噴霧タイプがあります。

ミストタイプは水をミスト化し、部屋に香りを香らせる機械です。
アロマディフューザーに水を入れ、そこに精油を数滴垂らすことで完成します。

水に精油を薄めて使うことができ、日によって香りを変えることもできます。

噴霧タイプは精油の瓶をアロマディフューザーに直接セットし、噴霧し、稼働すると一気に部屋中に香りが広がります。
香りの勢いの強さも調整することができ、時間や部屋の広さに応じて調整することができます。

このような機械をエッセンシャルオイルディフューザーといい、精油の微粒子を空気で効率よく拡散させます。

水に薄めたり、熱にかけないため、精油の心地よい香りをしっかりと香らせることができます。
精油の瓶を直接設置するため、火も水も使わないため、安全にかつ、清掃などもメンテナンスも簡単に行うことができます。

一方で、機械が稼働する音がなりますので、寝る直前まで稼働するといいでしょう。
寝る前にエッセンシャルオイルディフューザーを焚くと、部屋に香りが残りますので、睡眠中も炊き続ける必要がありません。

商品によっては、USB対応しているエッセンシャルオイルディフューザーもあり、パソコンでの接続はもちろん、車での利用することができます。
車で利用できるタイプは大きさがドリンクホルダーにフィットするように作られています。

 

アロマ

初心者向け精油の選び方

エッセンシャルオイルディフューザーにおすすめの香りはシーンによっても異なります。

例えば、車の運転の際にはリラックスや安眠効果のある香りは居眠り運転を誘発しますので不向きです。
リフレッシュや集中力アップなど目覚めの香りがおすすめです。
仕事や読書など集中したい時にも同様の香りが向いています。

家でアロマを使う際に時間帯に分けて香りを変えるのもいいでしょう。
午前中から昼にかけては活動したりやる気を出すために、リフレッシュ系の目覚めの香りがオススメです。
夕方から寝るまでは、安眠などのリラックス系の香りがオススメです。

使う目的によって、香りを変えたほうがいいです。

リフレッシュ系の精油

朝にオススメな精油は柑橘系で、その中でも「グレープフルーツ」「レモン」「ライム」が柑橘系の中でもスッキリした香りで、目覚めにはおすすめです。
柑橘系の中でも「ゆず」「マンダリン」「ベルガモット」は安眠やリラックス系の香りです。

リフレッシュ系とリラックス系のオールマイティな柑橘系の香りはオレンジスイートです。
柑橘系は万人ウケする香りで苦手な人が少ないため、初心者には柑橘系の香りがオススメです。

柑橘系以外でおすすめのリフレッシュ系の目覚めの香りは「ユーカリラディアタ」「ローレル」「ローズマリー・シネオール」などは目覚めの香りと同時に集中力アップもできますので、車や仕事中などにもピッタリです。

リラックス系の精油

一方で安眠系の香りとしては「ラベンダー」「プチグレン」「レモングラス」「ペパーミント」です。
ペパーミントは疲労回復におすすめな香りのため、朝よりは頑張った1日の最後に香るのが最適です。

朝から晩などシーンを選ばずに利用できるのが、「フランキンセンス」です

最後のアロマオイルを購入する際にチェックするのが天然か合成でどうかです。

肌に塗ったりお風呂に入れる場合は天然の精油を強くおすすめします。
精油であれば、メーカーはこだわらずに初心者の場合は安いもので大丈夫です。

朝と夜に違うにおいでやる場合には、変更の手間などを考えるとミスト系のディフューザーが便利です。

初心者の方にはディフューザーと精油選びが大変だと思いますので、店舗に行って店員さんのオススメを聞いて、実際に嗅いでみることをオススメします。



関連記事