初心者でも気軽に始められる!ルームフレグランスの種類と特徴


疲れて家に帰ってきたときに、部屋にお気に入り香りが広がっていると癒やされます

いつもいい香りに包まれて生活したいと思いますが、ルームフレグランスにはたくさんの種類があって、初心者の人はどれから始めたらいいか迷ってしまいます。

初心者でも気軽に始められる方法と、3つのルームフレグランスについてご紹介します。

ルームフレグランスの初心者:アロマキャンドル

アロマキャンドルはエッセンシャルオイルやアロマオイルでキャンドルに香りをつけたものです。


ゆらゆらと揺れる炎
香りが疲れた心や体を癒してくれるルームフレグランスです。
見た目も可愛らしいものが多く、プレゼントにも喜ばれ、香水よりもふんわりほのかに香るので男女問わず人気があります。

メリット

  • キャンドルの炎のゆらぎにはリラックス効果があります。
  • 使用されているオイルによって様々な効用があるので、好みや体調に合わせて使い分けることができます。
  • お部屋の嫌な臭いを取ってくれる消臭剤の効果があります。

デメリット

  • アロマキャンドルを使用する際には定期的に必ず換気をしましょう。
    炎を燃やすので一酸化炭素中毒の危険性がありますので、特に狭いお風呂での使用には注意しましょう。
  • 綺麗に使い切るためにちょっとしたコツとお手入れが必要で、ずぼらな人には面倒くさいかもしれません。

ルームフレグランスの初心者:お香

お香は古臭いイメージがありますが、最近ではたくさんのメーカーやブランドが増え、おしゃれなインテリアとして注目を浴びています。

お線香のように火をつけて煙で香りを楽しむもので、香水よりもふんわり香るので愛用しているファンも多いです。

香りは数百種類あると言われ、柑橘系、フルーツ系、スパイシー系などが人気です。
香りがブレンドされたものも売られているので実際に嗅いでみてからの購入をおすすめします。

形状には主に次の3タイプあります。

コーンタイプ コーンの先端に火を付けます。
下にいくほど面積が広くなるので香りも強くなります。そのまま灰になるので処理が楽です。
スティックタイプ 一番ポピュラーで人気です。
香りが最後まで均一でおしゃれなものが多く、インテリアに合わせて選ぶのがおすすめです。
渦巻きタイプ 蚊取り線香と同じ形状になっていて燃焼時間が長いので香りを長く楽しむことができます。

メリット

  • 比較的安価で売られて200円~300円で購入することができ、100均でも売られています。
  • 手軽に始めることができます
  • ネガティブなエネルギーを浄化する作用があり嬉しいことに運気もアップしてくれます。
  • 香りが数百種類もあるのでお気に入りがきっと見つかります。

デメリット

  • 独特の香りが強めなのでどうしても好き嫌いがあります。
    初心者の人は人気の定番か、何種類か入っているお試しセットのご購入をおすすめします。
  • アロマもそうなのですが、ペットを飼っている人は体調不良などの原因になりますので、置き場所に注意しましょう。

ルームフレグランスの初心者:リードディフューザー

リードディフューザーは容器に入ったフレグランスオイルをリード(籐や葦などの素材でできたスティック)で吸い上げて香りを拡散させるタイプのルームフレグランスです。

容器の瓶とスティックがセットで販売されていて、使い切りのものが多いのが特徴です。
おしゃれなものがたくさんあるので贈り物にもおすすめです。

メリット

  • 電気や火を使わないので外出中などでも安心して使用できます。家に帰ってきたときにフワッと香るのは癒やされます。
  • オイルの量やスティックの本数を調節することで香りの強弱を調節することができます。

デメリット

  • ガラスの容器を落として割ってしまったり中身をこぼしてしまったりすることがあります。置き場所には注意してください。
  • オイルが夏場は特に蒸発しやすいので減りが早くなります。日の当たる場所には置かないようにしてください。

初心者でも気軽に始められるルームフレグランスをご紹介しました。
紹介した3つのルームフレグランスにはそれぞれメリット・デメリットがあり、それらをよく考慮した上で自分に合うものを選びましょう。



関連記事