精油のブレンドの基礎知識とは?必ず知っておきたい情報を公開


精油を始めて、いろんな精油を揃えると、精油のブレンドに興味を持つ方がたくさんいます。

しかし、闇雲にブレンドしても精油の無駄にもなりますし、期待していた香りを作ることができません。
精油のブレンドは単純に香りや成分の足し算ではなく、ブレンド次第で掛け算にも引き算にもなります。

精油のブレンドは香りと成分のバランスを考慮してしなければならないので、はじめの一歩として、基礎知識を学ぶ必要があります。

精油を理解する

精油を実際に使用して香りの個性、効果を学ぶことが大事で、精油のブレンドをする前に行って欲しいことです。

実際に使用して見て、精油の知識を持ち、経験を積み重ねていくことで、精油への理解が深まります。

精油のブレンドの第一歩

精油のブレンドをするにあたり、まず最初に考えるのは次の2点です。

  1. 香りのバランス
  2. トリートメント効果

アロマテラピーにはこの両方のようさが必要です。

トリートメント目的でブレンドする場合でも、作用ばかりに意識して、香りの良くないブレンドになってしまっては本末転倒です。

また、ブレンドする際に使用する人の禁忌に当たらないように、使用する精油や組み合わせを考える必要があります。

ブレンドは香りを軸に

調和の取れた香りのブレンドをしたい場合は、香水と同じ手法でトップ、ミドル、ベースのノートを基本として行います。

このノートの考え方は音階を基本にしたもので、様々な香りを音にたとえて区分したものです。

この3つグループからバランスよくブレンドの割合を決めていきます。

トップを多めにするとフレッシュでスッキリした雰囲気がし、ミドルを多めにすると穏やかな香りになります。
ベースを多めにすると落ち着いた雰囲気になります。

精油のノート

香水やコロンを組み立てる時にノートを基本とします。
トップ、ミドル、ベースの各グループには特性、長所、短所があり、これらのバランスにより、ブレンド全体の雰囲気に影響が出ます。
基本的には発揮の速度に大きく関わります。

トップ

性質

ブレンドの香りで最初に感じるのがトップノートで、シャープで澄み通るような発揮性の高いものです。

しかし、精油の分子が小さく、すぐに空気中に飛び散ってしまうため、一時間も経たないうちに発揮して香りがすぐに消えてしまいます。

フレッシュな香りなので、リフレッシュしたい時や新鮮な雰囲気を表現したい時にはピッタリです。

ブレンドする時に全ての精油がトップノートだと、香りがすぐに飛んでしまうため、発揮が遅めのグループの精油とブレンドしましょう。

精油

シトラス系 グレープフルーツ
スィートオレンジ
ビターオレンジ
プチグレン
ベルガモット
マンダリン
レモン
フローラル系 スパイクラベンダー
ハーバル系 イニュラ
コリアンダー
スペアミント
バジル
ペパーミント
ローズマリー
ウッディ系 カユプテ
カンファー
ティートリー
ニアウリ
フラゴニア
ユーカリプタス
ラベンサラ
スパイス系 カルダモン
ブラックペッパー
レジン系 エレミ

ミドル

性質

よりソフトで柔らかな性格を持ったもので、発揮性もトップノートより低く、ブレンドの総合的な個性として浄化されるものです。

ブレンドの香りをつけて2分から30分で香りを感じることができます。

トップノートやベースノートよりも多い割合でブレンドするのが基本です。

精油の分子は中ぐらいの大きさなので、ミドルノートばかりをブレンドするとフラットな感じになり、メリハリのない香りになります。
香りを長く楽しむためにトップとベースと組み合わせてブレンドしましょう。

精油

シトラス系 メリッサ
レモングラス
フローラル系 イランイラン
カモミール
ゼラニウム
ネロリ
パルマローザ
ヘリクリサム
ラバンジン
ラベンダー
ローズオットー
ハーバル系 アニスシード
クラリセージ
フィンネル
ウッディ系 サイプラス
ジュニパーベリー
パイン
スパイス系 ナツメグ
レジン系 フランキンセンス

ベース

性質

深く重厚感のある香りで、発揮性が低いです。
ブレンドの香りをつけて30分以上してから、トップノートやミドルノートの発揮性が進んでから、香りを感じることができます。

ブレンドすると他のオイルの発揮速度を遅くし、香りを長く保つための保留剤として作用します。
原料植物は樹脂、根、木部あから取れたものが多いです。

精油

フローラル系 イランイラン
オレンジフラワー
ジャスミン
ローズ
ロータス
ハーバル系 アンジェリカ
パチュリ
ウッディ系 サダルウッド
シダーウッド
スパイス系 ジンジャー
ターメリック
レジン系 シスタス
ベンゾイン
ミルラ




関連記事