アロマキャンドルとは?香りのある生活を楽しむ方法【これを読めば、全てが分かる】

アロマキャンドルはルームフレグランスの中でも一番人気のあるアイテムで、老若男女から人気があります。 しかし、使用する方法が少し難しく、種類も豊富なため、長く続けれる人が少ないのが現状です。 アロマキャンドルの効果や使い方や選び方をご紹介します。

アロマキャンドルとは

アロマキャンドルとは、エッセンシャルオイルやアロマオイルなどで香りをつけたキャンドルのことでゆらゆらと揺れる炎と香りで癒されるアイテムです。 アロマキャンドルは、ロウの中に香りの成分を含んだエッセンシャルオイルなどを混ぜることで、香りを楽しむことができるキャンドルです。 アロマキャンドルにはさまざまな色や形があるため、アロマテラピーだけではなくインテリアとしても人気があります。 使い方も幅広く、さまざまなシチュエーションで見かけることがあります。 1個100円以下のものから高級なものまで、種類によって値段は異なりますが、比較的簡単に手に入る点も魅力的です。

アロマキャンドルの使い方

アロマキャンドルを使用するときは単に火をつけるだけと思っている方もいますが、美しく、長く楽しむためにはちょっとしたコツがあります。

着火・燃焼

アロマキャンドルに火を初めて灯す際は、キャンドルの芯を5〜6㎜の長さにカットします。 芯の長さを整えたら、芯の根元の部分に火をつけるようにしましょう。 芯の先端ではなく根元につけることで根元部分のロウが速やかに溶けていき、芯の燃える臭いやすすの発生を抑えることにつながります。 キャンドルは楽しみたいときだけ付けて消せばいいんじゃないのかと思うかもしれませんが、実は最適な時間というものがあります。 最低でも1時間程度は火をつけておくことをおすすめします。 短時間だけしか火をつけていない場合、中央の芯の部分だけがくぼんでしまい、キャンドルの真ん中だけがどんどん減ってしまい、その結果長くキャンドルが楽しめなくなります。 しかし、ある程度長時間火をつけておくと、ロウ全体が平らに溶けていくため、長い時間キャンドルを楽しむことができます。

芯の長さを調整する

キャンドルを使うときには、芯の長さが約5~6ミリ程度になるように調節しておきましょう。 芯は長すぎると火が大きくなってしまったり、さらに先端が焦げてしまって黒い煙が出てしまい、香りを楽しむはずが、楽しみが半減してしまいます。 もし火をつけてもすぐに消えてしまうという場合、芯が短くなっている可能性があります。 芯を足すか、ロウを少し削って長さを調整してみましょう。

使用する場所を選ぶ

キャンドルを使うときには、周辺をきれいに整頓し、必ずテーブルなど安定した場所に置きましょう。 まだキャンドルが長い間は、ちょっとした振動などで転倒してしまう危険もあります。 土台が傾いていたりすると、キャンドルの減り方に偏りが生まれる場合があるので注意が必要です。 キャンドルの炎は一見短く見えても、上のほうは高温になっているものです。 カーテンや布など、距離があると思ってもすぐに引火してしまうこともあります。 誤ってキャンドルが転倒しまった場合に火が周りの物に燃え移らないよう、周辺には何も置かないようにするのが理想的です。 窓辺やエアコンの吹き出し口など、風の当たる場所での使用は控えましょう。 キャンドルの炎が安定せずロウの減りを早めることにつながりますので避けた方がよいでしょう。 ロウが飛び散ってしまったり、場合によってはキャンドルが転倒してしまったりすることもあります。

消火

アロマキャンドルの火を消す際は、ピンセットやキャンドル専用の火消し棒(スヌーファー/スナッファー) などのアイテムを使って消すようにします。 アイテムを使うことで火が消える際の煙と臭いの発生を防ぎ、アロマに満たされた空間をそのまま保つことができるからです。 ピンセットを使う場合は、火がついている芯の部分をピンセットでつまみ、溶けたロウの中に芯を浸して炎を消します。 火が消えたのを確認できたら、すぐに芯をピンセットでまっすぐに戻してください。 火消し棒を使う場合は、棒の先端に付いている小さなカップをキャンドルの炎の上から静かにかぶせます。 火を消すのに息を吹きかける方法が簡単に思えますが、そうすると火が消える際に煙と臭いが発生してしまいます。 せっかくアロマの香りにつつまれた部屋が、煙の臭いに変わってしまったらもったいないです。

アロマキャンドルの注意点

息を吹きかけて消火しない

ケーキなどのロウソクを消すときは息を吹きかけますが、アロマキャンドルの場合は息を吹きかけるのは避けましょう。 吹きかけた息によって溶けた蝋が飛び散り、顔を火傷する可能性がありますので注意が必要です。

寝る直前に使用しない

どれだけリラックスしていても、キャンドルをつけたまま眠ってしまうのは危険です。もしキャンドルが倒れて、火事になってしまっては大変。眠くなったときでも、しっかり火が消えたことを確認しましょう。

ロウは流しに捨てない

溶けたろうをそのまま流しなどに捨てないこと。ロウが排水管の中で固まって、水が流れなくなってしまいます。 ロウを除去する方法は、火を消した後にまだロウが液体のうちにティッシュペーパーを細くして紙で吸い取る方法がおすすめです。 まだロウが熱い状態に行わなければならないので、火傷には十分気をつけてください。  

換気する

アロマキャンドルを使用する際には、必ず定期的に室内の換気を行い、新鮮な空気を室内に取り入れるようにします。 つまり窓や換気扇のある部屋で使うようにしてください。 キャンドルの炎を保つためには酸素が必要になるので、換気を行わないでアロマキャンドルを使用し続けた場合酸欠状態となり、一酸化炭素中毒を起こす可能性があるからです。

アロマキャンドルの効果

炎の揺らぎ

キャンドルの炎が揺れるさまは、「1/fゆらぎ」と呼ばれて、自然界に存在する不規則なリズムのことで、心臓の鼓動や雨の音や小川のせせらぎやそよ風などもこの「1/fゆらぎ」に該当します。 人間の鼓動も同じリズムを刻みながら、自然界のリズムを感じると心が落ち着くことが科学的にも証明されています。 アロマキャンドルに火を灯して揺らぐ炎をただ眺めているだけでも、次第に心が落ち着き、体も癒されるでしょう。 また、キャンドルの炎の色は、その色温度から副交感神経を刺激してリラックス効果をもたらすことが明らかになっているそうです 炎には空間を浄化して生命力や波動を高めてくれる力があるため、神社や教会ではよく炎が灯されているのです。

リラックス・マイナスイオン

キャンドルが燃焼する際に、微量の水分から疲労感や不眠、ストレス解消効果があるマイナスイオンが発生して部屋中に広がります。 このとき発生するマイナスイオンは20000個/cmといわれており、森林や滝から放出される3500~5000個/cmを上回ります。 大気汚染や電磁波の影響でプラスイオンに満たされた空気は、疲労感、ストレス、府民の一因と言われています。プラスに偏ってバランスを失った状態を中和させてくれるのがマイナスイオンです。 また、アロマキャンドルを1時間使用した際に脳が感じる癒し効果は1時間分のスパに相当するともいわれています。 仕事が忙しくてなかなかスパなどに行けない方や、休日は自宅で過ごす方にも、アロマキャンドルの使用はおすすめで、キャンドルにそっと火を灯せば家にいながらにして森林浴気分が味わえます。 キャンドルを燃焼させると、二酸化炭素と水が発生しますが、有害な一酸化炭素は発生しません。

消臭・臭い消し

アロマキャンドルはその香りの成分により、空間を消臭する効果が期待できます。 抗菌作用の高い香りの成分が含まれるアロマキャンドルを選ぶことで、炎が空気中の悪臭を構成する微粒子成分を燃焼してくれ、お部屋の抗菌・殺菌につながり、良い香りに包まれるだけでなく同時に空気を浄化してくれます。 日頃は室内の臭いが気にならない場合でも、梅雨時で室内に洗濯物を干す場合や、部屋で焼肉パーティを行った後などに試してみるのもおすすめです。

アロマキャンドルの種類

アロマキャンドルにはさまざまな素材、形、香りがあり、それぞれを組みわせることでたくさんの中から選ぶことができます。 それぞれのメリットデメリットがあります。

素材別

ビーズワックス・蜜蝋

ビーズワックスはミツバチの巣から精製された天然のロウで「ミツロウ(蜜蝋)」と呼ばれることも多いです。 ススや煙が出にくいのでお部屋での使用に最適で、低い温度で溶けにくいので長く香りを楽しめます。 お部屋やお風呂で楽しむなら、ビーズワックスで作られたものを選ぶといいでしょう。 ほのかにハチミツの甘い香りがし、蜂の巣独特の甘く優しい芳香も楽しむことができます。 化粧品や食品にも多く使われている天然成分なので、万が一お肌についても無害です。

パームワックス

パームワックスは、ヤシの葉をから作られる天然のロウです。 パームワックスはすすも出づらい上に、香り・炎ともにマイルドで、長持ちするのがメリットです。 キャンドルにすると、クリスタルのような美しい模様ができ、キャンドルとして仕上げた際の美しさも魅力の1つです。

ソイワックス

ソイワックスは、大豆から作られる天然のロウで、生物分解性も高いため、環境にも優しいエコな原料です。 ボタニカルワックスキャンドルの多くに、このソイワックスが使われています。 アロマキャンドルの香りを素早く広げることができ、燃焼時間が比較的長いのが特徴です。 100%大豆でできており、特に手作りアロマキャンドルではよく見かける天然成分。万が一、家具などにこぼれてしまってもすぐに取り除けるので、子どもやペットのいるご家庭にもおすすめです。

コットンシードワックス

コットンシードワックスは、綿の種に含まれるオイルで作られる天然のロウ、古来からキャンドルの原料として使用されています。 綿の種から抽出された植物性油が原料。火を付けていても空気を汚しにくいのが特徴です。

パラフィンワックス

パラフィンワックスは、石油から作られるロウです。 価格がリーズナブルであることが多いので、手軽に楽しみたい方におすすめです。 燃やすと微量ながら有害物質が発生するため、癒しの効果が重要なアロマキャンドルの材料としてはおすすめできません。

形状別

選び方のポイントは、「キャンドルの種類」、「キャンドルの見え方」、「素材」、「デザイン」の4つがキーワードといえるでしょう。

キャンドルの種類を確認

キャンドルのデザインや使用方法によって、ぴったりなキャンドルホルダーが異なります。 事前にキャンドルの種類を確認し、キャンドルとキャンドルホルダーの組み合わせを選びましょう。 ラウンド(円柱)型やスクエア型など自立するタイプのキャンドルの場合は置き型のキャンドルホルダーがぴったりです。 テーパー型(細い棒状のキャンドル)の場合は専用のスタンドに挿して利用します。

キャンドルの見え方

キャンドルの見え方は、炎をそのまま見せる場合とそうでない場合によって印象が変わります。 目指したい空間や好みに合うものを見極めて、キャンドルホルダーを選びましょう。 炎をそのまま見せる場合は、明るさや炎のゆらぎを楽しむことができます。 一方、炎を直接見せない場合は間接照明のようになることで、より幻想的な空間の演出ができます。 色ガラスなどのキャンドルホルダーを利用することでこの効果が期待できます。

素材からキャンドルホルダーを選ぶ

キャンドルホルダーの素材によって、キャンドル全体の印象がだいぶ変わります。 何を基準に選択したら良いかわからなくなった場合は、素材から選択肢を絞るのも一つの手で、素材の種類としては次の3つが挙げられます。

ガラス製

キャンドルをセットした時に火を遮らないので、キャンドルの幻想的な明かりを存分に楽しむことができ、デザインや形状などの種類が豊富なことから初心者にもおすすめです。

メタル製

ガラス製に比べるとずっしりと重みがあるのがメタル製の特徴です。 スタイリッシュなデザインのものが多く、お部屋のアクセントとして活用で重厚感が欲しい方におすすめの素材です。

陶器製

陶器製のキャンドルホルダーは、素材を生かしたシンプルなデザインのものが多いです。 焼き物ならではの温かみのある質感が持ち味といえ、キャンドルホルダーから漏れ出る光はやわらかいのでリラックスしたい時にはぴったりです。 素材だけでなく、どのようなデザインを選択するかもキャンドルホルダー選びの大切なポイントです。 お部屋の雰囲気やテーマ、季節などに合わせてデザインを決め、インテリアに合うデザインかどうかも留意したい点です。

香り別

アロマキャンドルの香りはかなりの数があるため代表的な香りに限定して、よく使われているものをご紹介します。 アロマキャンドルにはアロマオイルが使われているため、自分の好みの香りや目的に合わせて、香りを選びましょう。

ラベンダー

ラベンダーはアロマとしてはもっとも有名で、リラックス、安眠、鎮痛、殺菌など多岐にわたる効果を発揮するので、万能効果のあるアロマとも言われています。 アロマの中でも、最も使用用途の広い香りで、緊張感を緩めて心、精神、体、感情、肌のバランスを整えたいときに使いましょう。 フレッシュかつフローラルでありながら、ハーバルさを感じられる香りです。

ローズ

精油の女王とも呼ばれるローズは華やかで甘い香りがあり、女性らしさをもたらし、優雅な気持ちにさせる効果があります。 安眠効果、鎮痛効果、美容効果、他にも体臭や口臭を抑える効果などがあるため「女性の味方」で、アロマキャンドルにすれば悪臭などを打ち消す効果も期待できます。

イランイラン

南国を思わせる濃厚でエキゾチックな甘さが特徴的な精油で甘い香りで人気の高い香りです。 香りの好き嫌いがはっきりと分かれるという意見もありますが、好きな方には不安やストレスを和らげる効果があります。 抗不安作用の他、過度の緊張による過呼吸や心拍を落としてくれる効果があり、高ぶった神経の緊張から解放し、深いリラクゼーション効果へ導きます。

オレンジ

さわやかで甘い香りが特徴で、柑橘系精油の中で、沈静、鎮痛作用が一番高く、消化器系にも働きかける香りです。 リフレッシュしたい時にピッタリで、気持ちを前向きで明るくしてくれます。 1日の疲れを癒し、翌日から元気に頑張りたいときや、ストレスが原因で寝つきが悪い、熟睡できない、胃腸が優れないときには最適です。

グレープフルーツ

酸味の効いた爽やかな香りが印象的なグレープフルーツは心を解放して安定させるとともに神経を鋭敏にし、心を前向きにしてくれます。 心身ともにリフレッシュしたいなど思う時にグレープフルーツのフレッシュな香りは、空間を自然と幸福感に包みます。 血行を良くしたり、リンパの循環を促進し、体内の滞りを改善する効果やダイエットにも期待できます。

サンダルウッド

ウッディで深みのあるサンダルウッドは森林浴に言った時に感じる独特な森林の香りを楽しめ、リラックスとリフレッシュ効果が期待できるわけです。 オーバーヒート気味の身体と精神やストレスを緩和し、不安などを取り除いて爽快な気持ちを与えてくれます。 また、体液の流れをよくし泌尿器系に役立つことでも知られています。 心にゆとりを持ちたいときや、考えと行動が伴わず、自己の内面を見つめ直したいときに活用してみてください。

プレゼント用のアロマキャンドル

アロマキャンドルはプレゼントとしても人気です。 香りに好き嫌いはあるものの、実用性もあり、消耗品のため使い切った後はインテリアなどに使用することもでき、貰い手にとっても便利なアイテムです。 体調や状況にふさわしい香りを選んで贈ることができるアロマキャンドルは、相手を想う気持ちを込めた癒しギフトです。 精油の保管方法①キャップをしっかりと閉める 精油は空気に弱い性質があるため、キャップの締め方があまいと空気に触れて精油の酸化が進みます。 また、精油は揮発性が高いので、キャップがしっかり閉まってないと少しづつ蒸発して、いつの間にか中身が減ってしまうこともあります。 特に柑橘系の精油は揮発性が高く、酸化するのが早いので、開封後は早めに使い切るのが重要です。 精油の酸化と揮発を防ぐためにまずはキャップをしっかりと閉めましょう。

精油の保管方法②ボトルを横にせず立てて保管

基本的にはボトルを普通に置けば立っている状態なので問題はありませんが、倒れたり傾いたりすることもあるので、注意が必要です。 ボトルを立てて保管する理由は2つあり、1つ目は精油が漏れ出てしまうのを防止するためです。 2つ目は精油にはプラスチックを溶かす成分があり、長時間寝かせて保管すると、精油がキャップに触れた状態が続き、キャップを溶かしてしまう可能性があります。 精油がプラスチック瓶ではなく、ガラス瓶に入っている理由は精油がプラスチックを溶かす働きがあるからです。 精油の瓶のキャップはほとんどがプラスチック製で、ある程度精油への耐性があるものが使われていますが、完全とは言い切れません。 したがって、精油は横に寝かせず、立てて保管しましょう。

精油の保管方法③直射日光や高温多湿を避け、冷暗所に保管

保管場所も精油を長く使う上では重要になります。 よく精油をアロマディフューザーの近くに置きっ放しや、お風呂や洗面所の近くに置く場合も多いです。 精油はワインのような非常に敏感な「生もの」で、「空気(酸素)」「光(紫外線)」「熱」「湿気」に晒されることで急速に劣化が進みます。 それを避けるためにも直射日光や高温多湿を避けて保管しなければなりません。 家の中で最適な場所は、扉付きの収納棚やクローゼットの中などの「温度変化の少ない冷暗所」です。 一方、保管に適していない場所は日当たりの良い窓際やエアコンなどの温風が当たる場所や高温になる車内や湿気が困りやすいキッチンお風呂洗面所などの水回りです。 精油は掃除やアロマバスなどにも活躍するため、便利な場所に保管しがちですが、精油の長持ちを考えると適していないので、「温度変化の少ない冷暗所」に保管しましょう。精油の保管の理想的な温度は15度前後のため、冷蔵庫は少し温度が低すぎので常に保管することは適していませんが、夏場の35度を超える時には冷蔵庫で保管するのも対策の一つです。 ただし、冷蔵庫で保管する際には「結露」に注意が必要で、結露を防ぐために冷蔵庫から取り出した精油は常温に戻してから使うようにしましょう。 冷たいままキャップを開けると、瓶の中にある空気中の水分が露となって、精油に入ってしまう可能性があります。

女性向けのプレゼントのポイント

女性へプレゼントとする場合は、香りと同時にデザインやその人の家のインテリアとマッチするかも考慮しましょう。 キャンドルの色合いが華やかなものや、容器がおしゃれなもの、SNSに投稿したくなるようなものが喜ばれます。 女性へプレゼントにはローズやラベンダーなどのフローラル系や、ホワイトムスクやバニラのような甘い香りがオススメです。

男性向けのプレゼントのポイント

男性でも、アロマキャンドルを楽しむ方は意外と多く、プレゼントで喜ばれることが多いです。 デザインはシンプルなものが喜ばれやすく、天然ワックスを使用したものはナチュラルな色合いのものがオススメです。 男性と女性は匂いの好みが違いますので、男性にはオレンジなどの柑橘系の香りなどがピッタリです。