おすすめ人気のアロマキャンドル10選!【2021年】

香りと炎の揺らぎの嗅覚と視覚のダブルでリラックスやリフレッシュを与えてくれるのが、アロマキャンドルで根強い人気を誇っています。

おすすめ人気のアロマキャンドル

アロマキャンドルは炎の揺らぎで心を安定させ、アロマの香りで心身ともに癒してくれます。 お部屋で使えばルームフレグランス、お風呂で使えばリラックスタイムになります。 この記事ではアロマキャンドルの特徴や人気おすすめ10選を紹介します。

アロマキャンドルの特徴

アロマキャンドルには大きさや容器の形状によって使い分けが必要です。

ティーライト

気軽にアロマキャンドルを楽しみたい場合にはティーライトが最適です。     アロマキャンドルの中では最も小さなタイプで、フローティングキャンドルとして利用されることが多いです。 キャンドルが小さいため燃焼時間は3~6時間ですが、手軽に香りを楽しみ、気分転換に香りを広げたい時に利用しやすいです。

ボーティブ

アロマキャンドルの中では最も一般的な形状で、香りの種類が豊富で、12-24時間と燃焼時間も長いです。 ボーティブとは教会で使用するお祈り用キャンドルを指す言葉で、太くて短い形がアロマキャンドルのグラスのサイズにぴったりです。 耐熱グラスに入れて火を灯すと無駄なく燃焼するため、最後まで香りを楽しむことができます。

ジェルキャンドル

インテリアとして楽しみたいのなら、ジェルキャンドルもおすすめです。 ジェルワックスで作られた透明なキャンドルにドライフラワーや貝殻などを埋め込んだものですので、目で見て楽しむことができます。 ジェルキャンドルは装飾部分と燃焼部分が二層になっているものがほとんどで、飾っておくだけでもほのかな香りがします。

アロマキャンドルの使い方と注意点

アロマキャンドルは入門者でもすぐに使えて便利ですが、使い方を間違えると火事や火傷の原因になります。 また正しく使うことでキャンドルを長く使用することができます。 アロマキャンドルを使用する際は、「平らで無風」の場所で使いましょう。 また、扇風機やエアコンなどの風に煽られると炎が広がったり、傾いたりします。 キャンドルが傾いていると炎も傾き、炎が傾くことでワックスの溶け方に偏りやムラが生まれて、長く使うことができなくなります。 アロマキャンドルを初めて使用する際は最低1時間以上使用し、しっかりとワックスを溶かしましょう。 ワックスを炎を消化する際は息を吹きかけて消すのはNGです。 溶けた液体が飛び散り顔を火傷する可能性がありますので、ピンセットなどを使い、炎が付いている芯の先端を溶けたワックスに浸すとすぐに消えます。

アロマキャンドルの選び方

アロマキャンドルを選ぶポイントは、まず好きな香りを選びましょう。 アロマキャンドルの使用目的がリラックスや癒しのことがほとんどですので、好きに香りを感じるだけで効果抜群です。 寝室やリビングやお風呂など使用場所やシーン、アロマキャンドルのデザインとインテリアとの親和性なども重要なポイントです。 アロマキャンドルは数百円のものから1万円以上する高級品までさまざま商品があり、ブランドや大きさや香りによって価格が異なります。 最近はプレゼントとして贈ることも多く、男女問わず人気を集めています。 アロマキャンドルがプレゼントに人気の理由は「デザイン性に優れ、インテリアとしても使える」「消耗品でないため相手の方の負担にならない」などです。 相手の好きな香りやデザインを考えて贈り物をしましょう

人気おすすめのアロマキャンドル10選

誰でも簡単に始めることができ、お香選びに失敗しないために人気ブランドを中心に人気オススメのお香を紹介します。

【ディプティック】キャンドル

アロマキャンドルではもっとも人気があると言っても過言ではないのが、ディプティックです。 その中でもカシスの葉(baies)とバラの花束の香りがブレンドした、baiesが人気です。

【ジョーマローン】キャンドル

ジョーマローン ロンドンは1983年にジョーマローンがつくった英国の香水&キャンドルのブランドで、日本でも百貨店などに出店しています。 リードディフューザーが有名ですが、キャンドルもいい香りのため人気があります。

【TOCCA】アロマキャンドル

フロストグラスに入った、うっとりするような香りを放つキャンドル、オレンジブロッサムとベルガモットのフレッシュシトラスの香りです。 芸能人での愛用者も多いことから、注目を浴びています。

【グラスハウス】アロマキャンドル

オーストラリア・シドニーで誕生したアロマブランドで「Every Day Use!!(毎日使いたい)」をコンセプトとして、贅沢に毎日使いたいという願いから生まれたブランドです。 特にマルセイユとマンハッタンが人気の香りです。

【VOLUSPA】グラスジャーキャンドル

VOLUSPA独自のワックスは、地球環境に配慮されており、クリーンにワックスを燃焼し、安定した香りの持続させます。 伝統的な和紙の柄からインスパイアされたVOLUSPA JAPONICAは日本限定版です。

【Rosy Rings】ボタニカルキャンドル

季節のお花やスパイスを、豊潤な香りと共に天然ワックスに封じ込めましてあるため、デザインとしても絶品です。 炎に溶ける内側のレイヤーとお花やスパイスが入った外側のレイヤーとの間に耐熱紙を挟んだ二重構造になっており、ひとつずつハンドメイドされています。

【ヤンキーキャンドル】アロマキャンドル

最近注目を浴びているブランドで、ポップなデザインが人気です。 これらの商品は人気ですので、香りだけでなくインテリアの好みなども加味して選びましょう。 また、アロマキャンドルはプレゼントとしても人気ですので、プレゼントする際はこのブランドの中から選びましょう。