アロマテラピーとは?メディカルアロマとは?効果や効能を最大にする方法

アロマテラピーと聞くと「オシャレっぽい」「香りが好きな人の趣味」などのイメージを持ちますが、香りを楽しむだけでなく、健康や美容や快適な生活をサポートしてくれる素晴らしい手段の一つです。 そもそもアロマテラピーとは何か?アロマテラピーでどんな効果が得られるのか、などのアロマテラピーの基本について説明します。

アロマテラピーとメディカルアロマとは

アロマテラピーとは一言で言うと、香りを使った健康法です。 香りの中でも特に自然の植物の香りには、人間を癒す秘密なパワーが秘められています。

アロマテラピーの基本

例えば、好きなお花の香りでホッとしたり森の中を歩くと清々しい気分になれた経験があると思います。 これらは全て植物の香りが人間の心や体に働きかけて起きることです。 このような植物の香りの力を利用して、心や体をより良い状態に導いていく方法が「アロマテラピー」です。 実際のアロマテラピーでは精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる植物から抽出した香りのエッセンスを使うのが特徴です。 精油には豊かな香りだけでなく、たくさんの薬効成分が詰まっています。 香りと成分の両方の力を利用して、心と体の両面から整えていく自然療法がアロマテラピーです。 アロマテラピーの他に、アロマセラピーと呼ばれることがありますが、どちらも芳香療法と訳され、意味に違いはありません。 フランス語読みがアロマテラピー、英語読みがアロマセラピーとなります。

アロマテラピーの歴史

そもそもアロマテラピーという言葉はアロマ(香り)とテラピー(療法)を組み合わせた造語で、20世紀前半のフランスでこの言葉が生まれました。 フランスの科学者が実験中の事故で火傷を負った際にラベンダーの精油を使ってその効用を自ら体験したことが始まりです。 このようにするとアロマテラピーは比較的新しいものと思いがちですが、この言葉が生まれる遥か昔の5000年以上も前から人間は植物の香りの力を利用してきました。 例えば、古代エジプトでは宗教儀式にフランキンセンスやミルラといったアロマテラピーでおなじみの香りが炊かれていたり、ミイラ作りの防腐剤や化粧品として、香油が使われていたという記録が残っています。 また、クレオパトラがバラやジャスミンの香りをこよなく愛していたことは有名ですが、彼女は自身の美貌に加え、香りの力を巧みに利用して、世界の歴史を動かしたと言われています。 そして、日本でも冬至のゆず湯や五月の菖蒲湯などの昔からの習慣があります。 これらも広い意味ではアロマテラピーとして捉えることができ、日本人にとってもアロマテラピーは身近な存在です。

アロマテラピーの効果

アロマテラピーといえば、いい香りでリラックスやリフレッシュというイメージを持つ方が多いですが、他にも健康や美容にも大きな効果をもたらします。 特にアロマテラピーの優れている点は心と体の両方に働きかけて、自然治癒力を引き出してくれることです。 人間の体には本来、自然治癒力が備わっており、自らの力で健康になったり美しくなったりします。 しかし、疲れやストレスが溜まっていたり、薬に頼りすぎていると、自然治癒力が弱まって、病気や不調を招きやすくなります。 アロマテラピーでは香りを嗅いだり、マッサージなどで肌から成分を取り入れることで、自然治癒力を高める効果が期待でき、体の内側から真の健康や美しさを引き出すサポートをしてくれます。 精神面での効果は
  • リラックス効果
  • 精神疲労・ストレス緩和
  • 睡眠の質を高める
  • 気分を明るくする
  • やる気や集中力を高める
精神面での効果は
  • 肩こり、むくみ、冷えの緩和
  • 女性ホルモンをアップ
  • 認知症予防、症状改善
  • 風邪や花粉症への予防
  • ニキビなど肌トラブルの改善

精油には「結構促進作用」「鎮痛作用」「抗炎症作用」などの薬に似たような作用が多数あります。

気分を落ち着けたい時 カモミール、ジャスミンなど
よく眠れない時 ラベンダー、ベルガモットなど
不安な気持ちの時 ネロリ、ローズなど
憂鬱な気持ちの時 クラリセージ、イランイランなど
元気になりたい時 オレンジスイート、グレープフルーツなど
集中力を高めたい時 ローズマリー、ペパーミントなど

 

アロマテラピーは薬や医療に変わるものではないですが、日常生活で起こるちょっとした不調やトラブルの解決の助けになります。 ピンポイントで症状を抑える薬と違って、アロマテラピーは精神的な部分も含めて体全体のコンディションを整えることに力を発揮します。 現代人は人間関係や職場などで多くのストレスを感じており、ストレスは万病の元とも言われます。 心にも身体にも様々な不調を引き起こす原因にとなるストレスから身を守る方法として、香りを楽しみながら心と身体に心地よく働きかけてくれるアロマテラピーは大きな助けとなってくれる存在です。

アロマテラピーの体内への取り込み

人が精油を体内に取り組む方法は「鼻から脳」「鼻から肺」「皮膚から皮下組織」の3つです。

鼻から脳

香りは空気中、小さな分子として飛び回っています。鼻から吸入した時、香りは鼻のつけ根辺りにある嗅粘膜に溶け込み、香りの分子はインパルス(電子信号)となり、大脳の中心部にある大脳辺縁系に伝えられます。この時、香りを感じます。辺縁系から大脳皮質に、さらに視床下部や脳下垂体へ伝わり、ホルモン系、自律神経系、免疫系の働きを調整しています。 この大脳辺縁系は人間の記憶と感情や食欲にくわえ、自律神経やホルモン、免疫の調節もつかさどっていますが、それらのはたらきはストレスを受けると低下してしまい、病気など体に不調が現れます。 しかし、アロマの香りで脳をリラックスさせてストレスを取り除くことによって、自律神経などの自己免疫機能は向上し、病気にもなりにくくなると言われています。   

鼻から肺

香りの分子は呼吸によって、鼻や口から喉を通り、気管や気管支、肺へと入り、粘膜から血管壁を通って吸収されます。最終的に香りの分子は各器官や組織で分解され、体外に排出されます。そのため副作用はほとんどありません。 呼吸をすることで香りの成分が肺に取り込まれ、血流にのって素早く全身をめぐるからです。

皮膚から皮下組織

精油を植物油や水で希釈して、肌に用いる時のプロセスです。皮膚や表皮・真皮・皮下組織に大きく分けられ、精油は、下の方の組織まで浸透します。スキンケアに使うことで、精油の働き(抗菌作用、抗酸化作用=老化防止作用)が肌や体全体に働きかけるため、内側から肌を美しく保つことが可能になります。

マッサージなどで皮膚に塗っても、毛細血管やリンパ管から有効成分が吸収され、全身に運ばれます。 

 

 

メディカルアロマやメディカルアロマテラピーという言葉を耳にしたことはありますか? フレグランスや香りやアロマの調べごとや勉強をしていると、一度は耳にする言葉です。 しかし、メディカルという言葉がついており、少し難しく専門的に感じる方も多く、メディカルアロマとアロマの違いなどが曖昧になっています。 メディカルアロマの特徴アロマとの違いについてまとめます。

メディカルアロマとは

メディカル(Medical)とは「医療の・医学の」の意味を表しており、医療の・医学のためにアロマを使用することをメディカルアロマと言います。 メディカルアロマセラピーでは香りが脳に伝わり人の心に作用する仕組みを活用しています。 メディカルアロマは直接に傷を癒したり殺菌したり、痛みを抑えたりすることを主目的とせず、人間がもつ「自然治癒力」を促すことを目的として使用します。 同時に病気や怪我をしている方は体と同時に心まで落ち込んだりするケースが多く、メンタル面のケアし、リラックス・リフレッシュするためにアロマが用いられます。 近年では医療や福祉などでの導入も増えており、様々な場面でメディカルアロマが導入されています。 例えば、認知症予防や終末期ケアや睡眠導入、うつ症状の改善や不安解消、麻酔の補助的な役割、月経前緊張症や更年期障害、アトピー性皮膚炎の改善など痛み不安の減少に幅広く活用することができます。 市販されているアロマオイルには天然と合成のものがあり、精油またはエッセンシャルオイルと呼ばれているものは全て天然のアロマオイルです。 天然とは植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂から抽出されたもので、合成とは人工的に作られた物質や液体が混じっているものです。 メディカルアロマでは天然のアロマオイル、つまり精油(エッセンシャル)が使用されます。 天然の植物から抽出された精油には様々な効果効能があり、人間へに影響を与えます。  

メディカルアロマセラピーとは

メディカルアロマで治療を行うことを「メディカルアロマセラピー」といい、その従事者を「メディカルアロマセラピスト」と言います。 メディカルアロマセラピーの歴史はフランスにあり、心・身体・精神を総合的にサポートする「補完療法」としてイギリスで発展・定着しました。 そのため、今でもメディカルアロマセラピーは日本よりイギリスやフランスで進んでおり、多くの考え方や技術をヨーロッパから取り入れています。 メディカルアロマセラピーの特徴は薬の投与や手術などに頼らず、人間の持つ自然治癒力を引き出すことにあります。 資格を持つ人のみが、医療行為ではできない心身の治療をアロマを活用して行います。 日本では精油は薬としての認可を受けていないため、治療としてアロマテラピーを行うことは違法に当たるため、メディカルアロマはあくまでも補完が目的です。 メディカルアロマは心への治療も行うため、ストレス社会と言われる現代において今後導入が多く見込まれます。 実際、テレビや雑誌などでメディカルアロマに関することが増えており、世間での認知度や需要が高まっています。

メディカルアロマセラピーとアロマセラピーの違い

一般的に言われる「アロマ」「アロマセラピー」と「メディカルアロマ」の違いについて紹介します。 どちらも香りを楽しむことは変わりませんが、アロマセラピーはリラクゼーションが主な目的で、メディカルアロマセラピーは代替医療が目的です。 アロマセラピーではディフューザーやキャンドルなどで香りを拡散させ、誰でも安全に楽しむことができます。 メディカルアロマセラピーは精油が持つ薬理効果を心身への働きを促し、自然治癒力を高めるために用いるため、専門知識を身につけた人のみが行えます。

メディカルアロマテラピーの資格

メディカルアロマセラピストの資格は認定資格など多数ありますが、代表的な3つを紹介します。

メディカルアロマセラピスト

メディカルアロマセラピストは、「特定非営利活動法人日本統合医学協会」認定の資格でで最も知名度が高いです。 教材費込みで40~60万円程度で、入学から卒業までの受講期間は約60時間~100時間が目安です。 日本統合医学協会が指定するスクールにて6ヶ月程度の授業を受けると取得できます。 スクールでの授業内容は理論から実技研修まで、幅広いです。 この資格の受講資格は特にありませんので、アロマ初心者の方でも受けることができます。 医療系の資格をもっている人は免除される科目もあります。

IFPAアロマセラピスト

イギリスに拠点を置く国際的なメディカルアロマテラピー協会(IFPA)の資格で、IFPA認定校でのみ取得することができます。 授業は解剖生理学や病理学といった医療系のものから、関連法規やビジネス、ボランティアなどについての講義や英国式アロマテラピーの実践までと多岐にわたっています。 いずれのIFPA認定校で講習を受ける場合にも特に資格は必要ありませんが、100万円前後の講習費用と6カ月~2年ほどの受講期間が必要です。

IFA国際アロマセラピスト

IFA国際アロマセラピストとは国際アロマセラピスト連盟(IFA)が認定している資格です。全国にある認定校で受講することができます。 スクールやコースによって異なりますが、受講期間は1年〜2年ほどで受講料は90万円〜115万円ほどが多いようです。 オーガニックブランドとしても有名なニールズヤードの認定校「ニールズヤードレメディーズ」がおすすめです。 以上が、メディカルアロマについての説明でした。 より詳しく知りたい方は資格が取得できる学校に問い合わせてみることをオススメします。