エッセンシャルオイル・精油の作用や効果効能と成分

近年リラックゼーションの1つとして話題になっているのがエッセンシャルオイルです。 エッセンシャルオイルを使ってみたいけど、「本当に効果はあるの?」「香りだけでしょ?」と疑問に思っている方も多いと思います。 エッセンシャルオイルにはどんな効果効能が期待できるのかをご紹介します。

エッセンシャルオイル・精油の作用や効果効能

アロマオイルとの効果効能の違いや、効能が高まる使い方なども詳しくお伝えします。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの効能の違い

アロマオイルもエッセンシャルオイルも香りを楽しむものなので、多くの人が同一のものと勘違いしています。 しかし、厳密には大きな違いがあります。 エッセンシャルオイルは天然成分100%のもので作られているのに対し、アロマオイルは人工香料やアルコールが含まれています。 アロマオイルには人工化合物が含まれているので、直接肌に塗ることができない物もあります。 エッセンシャルオイルは直接肌に使用することができるので、効能を肌で感じることができます。 天然成分が100%で作られているエッセンシャルオイルは、安心安全に使うことができます。 高い効果効能を香りだけでなく、肌でも感じられる美容効果の高いケア商品です。

エッセンシャルオイルの効果効能

エッセンシャルオイルは、使っている植物によって効果効能が異なります。 その効能内容は、リラクゼーション効果から肌荒れ改善効果など様々です。 種類別にどんな効果効能が期待できるのかを紹介していきます。 定番の香りから高い効果効能を期待できるマイナーな香りまで幅広くお伝えします。

ラベンダー

ラベンダーは最も有名なエッセンシャルオイルで、フローラル系とハーブ系合わせたような香りが楽しめます。 ストレス解消やうつを改善したりするリラックス効果美肌効果肩こりや筋肉痛などを改善する効果が期待できます。

ベルガモット

ベルガモットは海外では薬や香水として使われていた植物で、程よい柑橘系の香りが楽しめます。 腹痛改善食欲増進作用肌荒れ改善作用などの効能を期待できます。

オレンジ・スイート

エッセンシャルオイルの中でも人気のオレンジは、甘い柑橘系の香りで子供から大人まで楽しめるのが特徴です。 緊張を緩和する効能や便秘改善、肌に対するコラーゲン促進作用などが期待できます。

ジャスミン

ジャスミンは紅茶やルームフレグランスなど幅広く使われる植物で、甘く濃厚なフローラル系の香りが特徴です。 心にゆとりをもたせてくれるリラックス作用や不感症や生理痛に対する効能があります。

バレリアン

バレリアンは西洋では安眠に使うハーブとして使われている植物で、強い樹木の香りが特徴です。 リラックス効果が高く、心を落ち着かせる効能があるためかなり高い安眠効果を期待できます。

効果的なエッセンシャルオイルの使用方法

エッセンシャルオイルを効果的に使う方法を紹介します。 気になる悩みや箇所によって使用方法が変わるので、自分似合った使い方を選ぶことが大切です。 主な使い方は3つあります。

タオルやティッシュ

タオルやティシュにエッセンシャルオイルを数滴垂らしておくだけで、香りを楽しむことができます。 寝る前に枕元に置いたり、仕事中のデスクに置いておくことによってリラックス効果安眠効果集中力を高める効果などの効能を期待することができます。 部屋の中で広範囲に広がることがないので、子供がいる場合や仕事場などでも気にせずに使うことができます。 仕事場での集中力向上や寝る時の安眠効果の効能を求めている人にはこの方法がおすすめです。

マグカップ

マグカップに熱いお湯を入れその中にエッセンシャルオイルを数滴垂らすことによって、蒸気から直接体に取り込むことができます。 蒸気から体に取り込むことは喉や鼻にも良いとされており、香りを取り込むだけでは体感できない効能を期待できます。 お金をかけずに蒸気から成分を取り込むことができるので、アロマディフューザーなどお金をかけたくないと思っている人には嬉しいポイントです。 広い範囲に香りを広げることができるので、部屋の中の匂いの消臭や空気を変えたい場合にはこの方法をオススメします。

アロマディフューザー

アロマディフューザーはエッセンシャルオイルを部屋中に拡散させるための器具のことです。 水とエッセンシャルオイルを混ぜて使うものが一般的なので、加湿器の代わりにもなり乾燥を防ぐことができます。 空間に香りを広めることに優れていて、他の方法よりも早く部屋の中を香りで充満させることができます。 またオイルがなくなるまで蒸気が出続けるので、熱湯が覚めてしまうと蒸気が出ないマグカップの方法よりも長く楽しむことができます。 少々お金はかかってしまいますが、エッセンシャルオイルを十分に満喫したいという人にはアロマディフューザーがおすすめです。 今回はエッセンシャルオイルの効果効能について紹介しました。 エッセンシャルオイルは天然成分100%でできているので、人工化合物が含まれているものと違い安心安全で高い効果効能が含まれています。 香りによってリラックス効果や美肌効果、肌荒れ改善、便秘改善効果など様々な効能を期待することができます。 エッセンシャルオイルを使うことによって、日々の生活で華やかな香りを楽しむことができ、様々な効果効能によって心身ともに疲労を回復させることができます。 心身で精油の効果を実感するためには、体内に精油を取り込む必要があります。 主に嗅覚・呼吸器・皮膚の3経路から体内に取り込み、各作用を有効にします。

体内に精油を取り組む方法

もっとも一般的なのは嗅覚から精油を取り込む方法です。 ルームディフューザーやアロマポットなどでアロマを揮発させ、香りを楽しみながらアロマを取り入れます。 発揮した芳香分子は吸引した空気と一緒に鼻の中を動き回り、最上部に位置する嗅細胞の先端に付着します。 ここから電気信号が発生して、脳辺縁系や視床下部を通り脳下垂体へ香りの情報が伝えられます。 これにより自律神経系、内分泌系、免疫系に影響を与えます。 特定の香りを嗅いで過去の記憶や感情を思い出す記憶は誰にでもあり、匂いによる記憶は視覚よりも長持ちします。 呼吸器から精油を取り込む方法があります。 精油の分子を空気と共に吸入し、灰に到達した時に細胞の鼓膜から血液のガス交換と共に血液中に取り入れられ体を巡回します。 最後に皮膚から取り入れる方法があり、マッサージやアロマバスで用いられます。 精油の分子量が小さい場合には効果的です。

精油の代表的な作用

精油には多くの作用や効果があり、日常生活で使われない言葉も使用されます。 代表的な精油の効果は一覧は下記です。
エストロゲン エストロゲンホルモン的な働き
緩下 腸を緩め、排便を促進する
強肝 肝臓と胆のうの機能を刺激促進する
強心 心臓の強壮剤(刺激を活性化させる)
強壮 体のあらゆる機能を活性化させる
去痰 過剰な粘液を機関から排出する働きを助ける
駆虫 寄生虫や害虫を駆除する
駆風 鼓腸を減少させる、腸内のガスを取り除く
血圧降下 血圧を低くする
血圧上昇 血圧を上昇させる
血管拡張 血管壁を拡張させる
血管収縮 血管壁を収縮させる
血行促進 血液の流れをよくすること
解毒 毒性物質を中和する、または排出する
解熱 体を冷却させ、高い体温を低下させる
健胃 胃の不調を癒し、健やかにする
抗アレルギー アレルギー症状を軽減
抗ウイルス ウイルスを増殖を防ぐ
抗うつ 憂鬱を和らげる
抗炎症 炎症を抑える、鎮める
抗カタル 粘膜の炎症、粘液過多を軽快にする
抗寄生虫 寄生虫を駆除する
抗菌 バクテリアの増殖を抑制する
抗催乳 母乳の生産、分泌を抑える
抗酸化 酸化と闘う、予防する
抗真菌 真菌による感染症を軽減する
抗痙攣 痙攣やひきつけを予防や抑制する
抗生物質 抗生物質に準じた働きをする
抗微生物 微生物の増殖を阻止し、減少させる作用
抗ヒスタミン ヒスタミンの作用を拮抗する
抗不安 不安を鎮める
興奮 感情を高ぶらせる
昆虫忌避 昆虫を除ける
催淫 性欲を高める
催乳 母乳の分泌を増大させる
細胞成長促進 細胞の成長を促す
催眠 眠気を誘う
殺菌 バクテリア、細菌を殺す
殺虫 虫を殺す
殺真菌 真菌を殺す
弛緩 筋肉を緩ませる
子宮強壮 子宮を強壮にする
刺激 刺激活性化し、エネルギーを増進する
止血 出血を止める
収れん 組織を部分的に引き締め、収縮や結束させる
消化促進 消化を助ける
消臭 臭いを消す
循環促進 血液の循環を刺激促進する
食欲増進 食欲を高める
食欲調整 正常な食欲の状態に整える
自律神経調整 自律神経の機能を正常化させる
神経強壮 興奮を鎮める、神経を競争にする
神経バランス調整 自律神経のバランスを整える
頭脳明晰化 頭脳を刺激し、集中力を高める
制汗 汗を抑える
精神高揚 気分を高める、やる気をみなぎる
整腸 腸の消化、吸収、運動などの機能を高める
組織細胞再生 傷ついた組織を再生させる
鎮痙 筋肉の痙攣を和らげる
鎮静 落ち着かせ、興奮を鎮める
鎮痛 痛みを和らげ、消失させる
通経 月経を誘発する
粘液溶解 粘液の流動性を高める
発汗 汗を出す
瘢痕形式 傷を治して、皮膚を滑らかにする
光感作促進 光による皮膚の炎症、色素沈着を促す
皮膚再生細胞 皮膚細胞ができるのを助ける
皮膚弾力回復 皮膚の弾力を取り戻す
皮膚軟化 皮膚を柔らかくする
皮膚刺激 感作により強い症状を引き起こす
副腎皮質刺激 心身のストレスと闘い、回復させる
防虫 寄生虫や害虫を防ぐ
保温 ホルモンに似た作用
ホルモン調整 内分泌のバランスをとる
免疫促進 免疫機能を高め観戦しにくくする
リンパ刺激 リンパ系の働きを活性化する
冷却 冷たくして症状を鎮める
以上が精油の作用や効果でした。 精油を使用する際は、作用や効果の気にしながら用いましょう。 精油には種類によって様々な効果効能があり、特徴が様々です。 その精油の成分には色々な芳香成分が含まれており、それぞれに特徴があるため、芳香成分を理解するとより一層精油を楽しむことができるようになります。 聞きなれない言葉も多いですが、より精油を理解するために参考にしましょう。

テルペン類

モノテンペル類

柑橘系のほとんどの精油に含まれる成分でとても発揮性が高いです。 発揮性が高いため、ブレンドするときは香りがすぐになくなるため、分量は多めにしましょう。 肌を刺激する成分を含んでいるため、皮膚へ直接使用するのは避けたほうが無難です。
成分 ピネン リモネン ミルセン サビネン
効果 鎮痛 消毒 去痰 強壮 抗炎症
精油 オレンジスイート グレープフルーツ ベルガモット レモン

セキステンペル類

酸化しやすく香りが変わりやすいのが特徴的です。 炎症を抑える作用や感染を防ぐのに役立つ効能が含んでいるため、有用性が高いです。
成分 アズレン カリオフィレン ベルガモテン カマズレン
効果 抗ヒスタミン 抗アレルギー 抗炎症 リラックス効果 鎮静作用
精油 シダーウッド ミルラ カモミールジャーマン サンダルウッド

アルコール類

精油に含まれている成分の中でも安全性が高く、安心して使用できます。 心身に役立つ作用も多く含んでおり、トラブルも少なく、アロマテラピーでもよく使用されます。

モノテルぺノール類

成分 リナロール ゲラニオール メントール ツーヤノール
効果 抗細菌 抗真菌 抗ウイルス 免疫刺激 利尿 神経刺激 強壮
精油 ローズオットー

セスキテルペノール類

エストロゲン作用がありホルモンに影響を与えます。
成分 ファルネソール セドロール
効果 抗感染 免疫刺激 強壮 免疫調整 リンパ排出作用 抗アレルギー
精油 サンダルウッド パチュリ

ケトン類

肝臓の機能を高めるほか、脂肪分解、かさぶたが作られるのを助けるなどの作用があります。
成分 ボルネオン カルボン カンファー クリプトン メントン ダマスコン フェルコン ジャスモン ツヨン ビサボロール酸
効果 冷却 鎮静作用 粘液溶解 脂肪分解 免疫刺激
精油 ペパーミント グレープフルーツ ジャスミン

アルデヒド類

レモンに類似した香りが虫除けには必須の成分です。 心身を元気付ける働きがありますが、多量に使用すると皮膚を刺激する可能性が高くなります。
成分 アニスアルデヒド シトラール シトロネラール ネラール ゲラニアール
効果 抗炎症 鎮静 解熱 血圧降下 免疫調整 鎮痛 強壮
精油 レモングラス レモン

フェノール類

少量で使用しても、その場の雰囲気をさっと変えてしまうような存在感を放ちます。 強い殺菌力があり、消毒のような成分があり、風邪予防などにも役立ちます。
成分 カルバクロール チモール オイゲノール ヒノキチオール
効果 刺激活性 強壮 殺菌 抗ウイルス 免疫刺激作用
精油 ヒノキ グローブ シナモンリーフ タイム

エステル類

安全性の高い精油で優しく包み込むような印象を与えます。 リラックス効果が高く、ほとんどの精油に含まれています。
成分 酢酸ゲラニル 酢酸ベンジル アンスラニル酸メチル
効果 抗炎症 抗ウイルス 鎮痙 粘液溶解 中枢神経調整作用
精油 イランイラン ジャスミン カモミールローマン ネロリ ラベンダー

オキサイド類

発揮性が高く、爽やかな香りが鼻に届きます。 喉や肺などの呼吸器系によく、身体中を循環します。
成分 1.8シネオール ビサボロール酸 リナロールオキサイト
効果 去痰作用 抗菌 抗ウイルス
精油 ペパーミント ローズマリー ユーカリ ティートゥリー

テクトン(ラクトン)・クマリン類

グリーンでフレッシュな香りですが、光毒性があり、肌を刺激するので注意が必要です。
成分 クマリン ウンベリフェロン ベルガプテン ベルガモティン
効果 抗凝血 鎮静 抗痙攣 鎮痛 解熱 血圧降下作用
精油 ベルガモット