メンタルや心身に効く精油のブレンドのレシピとは??疲労、抑うつ、緊張に効果あり!精油でストレス解消

アロマには香りを楽しむ他に、心身ともにリフレッシュする効果があります。 人には「めまい」「肩こり」「頭痛」「便秘」「疲れやすい」「不眠」「イライラ」「手足の冷え」「天候による体調不良」などの心身の不調の多くの原因が自律神経の乱れが関係しています。 香りと自律神経には深い関係があり、アロマが自律神経を整えるのに有効な理由や効果的な香りやオススメの利用法などをご紹介します。 

精油のメンタルや心身への効果

まずアロマと自律神経の関係性を説明する前に、自律神経とは何かを説明いたします。 自律神経とは「体のライフライン」で、心臓、胃腸、血管など体のあらゆる働きをコントロールしている神経で、生きる上で絶対に欠かせない重要な存在です。 暑い時には汗をかいて体温の上昇を防いだり、寒い時には血管を収縮させて熱が逃げるのを防ぎ、周りの環境が変わっても、体の機能を一定に保つ働きをしています。 自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、状況に応じて強弱が切り替わりながら働いています。 交感神経はアクセルのような役割で活動が活発になるアクティブ状態になります。 副交感神経はブレーキのような役割で夕方から夜になると活発になり、リラックスした状態になります。
交感神経 副交感神経
気分 緊張 リラックス
血圧 上昇 下降
体温 上昇 下降
筋肉 緊張 弛緩
呼吸 早い ゆっくり
消化 抑制 活発
発汗 増加 低下
血管 収縮 拡張
自律神経を保つために、交感神経と副交感神経のバランスをうまく保つことが重要です。 活動モードの交感神経ばかりが優位になると、体が休まらず倦怠感、不眠、イライラ、手足の冷えなどの不調が起こります。 また、逆にリラックスモードの副交感神経が優位になっても、やる気が起きず、うつ状態になるなど、日常生活に支障が出てきます。 したがって、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが健康の鍵と言えます。

アロマの香りが脳に届く仕組み

鼻から入った香り成分は鼻の奥にあるセンサーで匂いとして検知され、電気信号に置き換えられて脳に伝わります。 この時最初に伝わる脳の部分が「大脳辺縁系」で、ここは喜怒哀楽の感情や食欲・性欲といった本能的行動、そして記憶などを担っています。 香りを嗅いだだけで気分に変化が起こったり、記憶が呼び起こされるのはこのためです。 そして、大脳辺縁系に伝わった香りの情報は自律神経を司る「視床下部」に伝わり、自律神経に直接働きかけます。 そのため、いい香りを嗅ぐと緊張が緩んでリラックスできたり、気分が高揚して明るい気持ちになれます。 このような仕組みで香りは自律神経に直接作用して心や体にとてもいい影響をもたらしてくれます。 この働きは天然や人工のアロマオイル問わず、どちらでも作用をもたらします。 ただ、香りを楽しむだけでなく、健康のためにアロマを取り入れたいという方には植物から取れる天然の「精油」が最適です。 精油が最適な理由は2つあります

精油の心身に対する効果

精油には複数の成分が含まれているため、合成の香りよりも持続的な脳の反応が期待できます。 天然の香りの方が明らかにリラックス効果が高いです。

自由度が高い

香水や合成のアロマオイルはあくまでも香りを楽しむというフレグランスの用途に限られます。 植物から取れる精油なら、ただ単に香りを嗅いで楽しむだけでなく、バスタイムやマッサージなど様々な用途に使えるので、生活のあらゆるシーンに気軽に取り入れることができます。 殺菌や消毒など薬理的な作用が期待できるなど、たくさんのメリットがあります。

自律神経に効果的なアロマの香り

まず、好きな香りを選ぶことが一番です。 直感でいい匂いと感じた香りこそが、今の体や心が必要としている香りです。 自律神経に効果的なアロマの香りで代表的なので、柑橘系です。 柑橘系は交感神経と副交感神経にバランスよく効果を発揮し、血流をアップさせます。 食べ物でも馴染みのある香りが多いので、アロマが初めてという方でも取り入れやすい香りです。 リラックスしたい時にはラベンダーやベルガモットやネロリなどの鎮静作用のあるリナロールや安らぎをもたらしてくれるアルファピネンを多く含む精油がオススメです。 アルファピネンは木に多く含まれる香りで、森の中を歩いたりすると清々しい気分になるのはこのためです。 アルファピネンを多く含む精油はヒノキやサイプレスやフランキンセンスなどで、中でもヒノキは日本人に馴染みのある香りで自宅にいながら森林浴気分が味わえて、心のリフレッシュに最適です。 元気ややる気を出したい時には交感神経を活発にするリモネンという成分を多く含むグレープフルーツやレモンの柑橘系、またはレモングラス、ローズマリー、ペパーミントなどの爽快感のある香りがオススメです。

オススメの利用法

アロマはいろんな活用方法がありますが、簡単に利用できる方法を紹介します。 もっとも手軽な方法はティッシュやハンカチに精油を含ませて、香りを嗅ぐことです。 ティッシュに精油を1.2滴垂らして、鼻に近づけて深呼吸するだけで十分に効果が得れます。 呼吸も自律神経を整えるのに効果的ですが、いい香りがあると自然と呼吸が深くなり無理なく心地よく行うことができます。 アロマの効果を高めるポイントは
  1. ほのかに香る程度にする
  2. 時々使う香りを変える
精油はたくさんの量を使えば効果が倍増するわけではなく、強すぎる香りはストレスの元になる可能性もあります。 高濃度で使うよりもほのかに香る程度の方がリラックス効果や集中力が高まります。 加えて、時々使う香りを変えることも有効です。 一つの香りをずっと嗅いでいると、鼻が慣れてだんだんと匂いを感じ取れなくなったり、香りに飽きてしまうことがあります。 好みの香りはその日の体調や気分でも変化しますので、何種類かバリュエーションがあるとその時にぴったりなものを選ぶことができます。 いい香りは脳に直接届き、心や体のバランスをより良い状態に整えてくれます。 慌ただしい日常生活ではどうしても視覚や聴覚に頼ってしまいがちですが、嗅覚を含めて五感をバランスよく働かせることで、より豊かな毎日が過ごせます。

精油のブレンドレシピ

精油は心理相関的な症状を軽減します。 香りを楽しむと同時に大脳辺縁系を通じて、自律神経を調整し、心を安定させます。 理由もなく気分が落ち込む、何もしたくない、誰にも会いたくないなどの、孤独感が陥り、心身の強い疲れで何も考えられないといった絶望感を感じる状態が続くのを、抑うつ状態といいます。 このような状態は、強いストレスがかかったり、疲労が蓄積することによって、心身のバランスが崩れることで起きます。 アロマセラピーで自律神経のバランスを整え、不安を和らげましょう。 強張った心をほぐし、リラックスさせてくれる精油を活用します。 何もしたくないような時でも、好みの香りの精油を身に付けることで、気持ちが安らぐことがあります。 自分に向き合い、心が落ち着く時間を作ってみましょう。

不安・イライラ

心を落ち着かせず、どこにいても落ち着かないときは、精油を手首に塗り、香りを楽しみながらリラックスに努めましょう。 神経強壮と抗不安作用があります。 幸福感を得られる濃厚な甘い香りを鼻から深く吸い込むと脳にストレートに伝わります。 マグカップに熱湯を八分目まで入れて、マンダリンの精油を加えます。 目を閉じて蒸気とともに立ち上る香りを吸い込み深呼吸を行います。 ブレンドする場合のおすすめのレシピをご紹介します。 容器に入れて、ポケットやバッグに入れて携帯しましょう。 必要な時に手首や首元に刷り込み、ゆっくり深呼吸します。

温湿布

リラックス作用のある精油を使った温湿布で体の中心を温めることで、気持ちの高ぶりが抑えられます。 短冊状におったタオルをお湯に浸し、精油をすくう様にして染み込ませ、取り出します。 そのまま捻って絞り、精油が直接肌に触れないように注意して、お腹に当てます。

抑うつ

気分の落ち込みには太陽のように明るい香りのシトラスフルーツの精油と、強壮作用を持ち少し刺激してくれる精油が必要です。 マッサージや入浴にも使えます。 バーナーかアロマライトに入れて、穏やかに加熱します、 砂糖の摂取を減らし対応にあたり、体を動かすなどのことも心がけ、必要ならカンセリングを受けましょう。 鬱っぽい日はリラクゼーションの高い精油で心を慰めましょう。 レモンとシャープで目がさめるような酸味と、ペパーミントのグリーンな苦味が爽やかさと鋭さを生み出します。 そこにフランキンセンスをプラスすることでマイルドな優しさと心地よさが加わります。 いつの間にか呼吸が深くなり、憂鬱な気分が和らぎます。 オレンジスウィートの爽快感と安心感のある甘さがカルダモンのスパイシーでやや刺激のある甘さと見事に融合します。 そして、ローレルの包み込むような優しさとシダーウッドの深くて懐かしい香りが加わります。 ゆっくりとエネルギーを感じられるブレンドです。

芳香浴

ディフューザーなどの芳香器にリツェアクベバの精油をセットし、部屋に香りを漂わせます。 ブレンドもすることもおすすめです。 お湯を入れたマグカップに精油を入れて、蒸気を吸い上げます。

アロマバス

不安と緊張をほぐす精油に蜂蜜の甘い香りを加えた湯にゆったりと浸かりましょう。 浴槽に湯を入れてよく混ぜ、ゆったりと入浴します。

マッサージ

怒りやショックを和らげ気分を明るくする精油に植物油をブレンドして、手をマッサージします。 使う手のひらによく振って混ぜ、手のひらの少量をとって両手になじませ、ハンドマッサージをします。

緊張

ディフューザーで甘く心地よい香りを部屋に拡散させ、本を読んだりヨガをしたりしてみましょう。 ゆっくり深呼吸を何度かしてみると、心の状態が緩んでくるのがわかるはずです。
  • マンダリン:4滴
  • スィートマジョラム:2滴
  • アニスシード:1滴
  • アトラスシダー:1滴
ディフューザーの使用方法は機種によって違うので、持っているものにあった量の精油を入れて拡散します。 アロマランプを使うときは、このブレンドから5滴ほど使います。 精油でもメンタルケアは気持ちをリラックスにしてくれますが、ストレスの根本原因は人間関係や仕事のプレッシャーなどが多いので、その問題を解決するように努めましょう。

芳香浴

イベント前や大事な日の前日はリラックス効果の高い精油で安眠を促します。 ディフューザーなどの芳香器に精油をセットし、部屋に香りを漂わせます。

アロマバス

血液を整えるラベンダーにネガティブな思考を癒すローズで就寝前の入浴で緊張を解きほぐします。 浴槽に湯を入れて、よく混ぜて、ゆったりと入浴します。

マッサージ

精油の鎮静作用とマッサージで心を鎮めます。 使う前によく振って、手のひらに少量とって両手になじませハンドマッサージをします。 不安・イライラ 心を落ち着かせず、どこにいても落ち着かないときは、精油を手首に塗り、香りを楽しみながらリラックスに努めましょう。 神経強壮と抗不安作用があります。 幸福感を得られる濃厚な甘い香りを鼻から深く吸い込むと脳にストレートに伝わります。 マグカップに熱湯を八分目まで入れて、マンダリンの精油を加えます。 目を閉じて蒸気とともに立ち上る香りを吸い込み深呼吸を行います。 ブレンドする場合のおすすめのレシピをご紹介します。 容器に入れて、ポケットやバッグに入れて携帯しましょう。 必要な時に手首や首元に刷り込み、ゆっくり深呼吸します。

温湿布

リラックス作用のある精油を使った温湿布で体の中心を温めることで、気持ちの高ぶりが抑えられます。 短冊状におったタオルをお湯に浸し、精油をすくう様にして染み込ませ、取り出します。 そのまま捻って絞り、精油が直接肌に触れないように注意して、お腹に当てます。

抑うつ

気分の落ち込みには太陽のように明るい香りのシトラスフルーツの精油と、強壮作用を持ち少し刺激してくれる精油が必要です。 マッサージや入浴にも使えます。 バーナーかアロマライトに入れて、穏やかに加熱します、 砂糖の摂取を減らし対応にあたり、体を動かすなどのことも心がけ、必要ならカンセリングを受けましょう。 鬱っぽい日はリラクゼーションの高い精油で心を慰めましょう。 レモンとシャープで目がさめるような酸味と、ペパーミントのグリーンな苦味が爽やかさと鋭さを生み出します。 そこにフランキンセンスをプラスすることでマイルドな優しさと心地よさが加わります。 いつの間にか呼吸が深くなり、憂鬱な気分が和らぎます。 オレンジスウィートの爽快感と安心感のある甘さがカルダモンのスパイシーでやや刺激のある甘さと見事に融合します。 そして、ローレルの包み込むような優しさとシダーウッドの深くて懐かしい香りが加わります。 ゆっくりとエネルギーを感じられるブレンドです。

芳香浴

ディフューザーなどの芳香器にリツェアクベバの精油をセットし、部屋に香りを漂わせます。 ブレンドもすることもおすすめです。 お湯を入れたマグカップに精油を入れて、蒸気を吸い上げます。

アロマバス

不安と緊張をほぐす精油に蜂蜜の甘い香りを加えた湯にゆったりと浸かりましょう。 浴槽に湯を入れてよく混ぜ、ゆったりと入浴します。

マッサージ

怒りやショックを和らげ気分を明るくする精油に植物油をブレンドして、手をマッサージします。 使う手のひらによく振って混ぜ、手のひらの少量をとって両手になじませ、ハンドマッサージをします。

緊張

ディフューザーで甘く心地よい香りを部屋に拡散させ、本を読んだりヨガをしたりしてみましょう。 ゆっくり深呼吸を何度かしてみると、心の状態が緩んでくるのがわかるはずです。
  • マンダリン:4滴
  • スィートマジョラム:2滴
  • アニスシード:1滴
  • アトラスシダー:1滴
ディフューザーの使用方法は機種によって違うので、持っているものにあった量の精油を入れて拡散します。 アロマランプを使うときは、このブレンドから5滴ほど使います。 精油でもメンタルケアは気持ちをリラックスにしてくれますが、ストレスの根本原因は人間関係や仕事のプレッシャーなどが多いので、その問題を解決するように努めましょう。

芳香浴

イベント前や大事な日の前日はリラックス効果の高い精油で安眠を促します。 ディフューザーなどの芳香器に精油をセットし、部屋に香りを漂わせます。

アロマバス

血液を整えるラベンダーにネガティブな思考を癒すローズで就寝前の入浴で緊張を解きほぐします。 浴槽に湯を入れて、よく混ぜて、ゆったりと入浴します。

マッサージ

精油の鎮静作用とマッサージで心を鎮めます。 使う前によく振って、手のひらに少量とって両手になじませハンドマッサージをします。