【美容・肌・頭皮に効く】精油のブレンドのレシピとは??

精油は美容や肌を助けてくれるものですが、美容の根底には規則正しい生活や心身の健康が第一歩目です。心身健康的な生活をしたのち、精油・エッセンシャルオイルを活用して、綺麗になっていきましょう。

美容・肌・頭皮に効く精油のブレンド

精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。 美容のための使い方や肌のトラブルで火傷、日焼け、かゆみなどに効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

肌に効く精油のブレンド

精油とブレンドに用いるキャリアオイルには皮膚の状態を整える成分や栄養が含まれ、健康な細胞の成長を促し、キメを整えます。 キャリアオイルは精油のブレンドした時に、精油同士がスムーズにブレンドするために用います。  精油・エッセンシャルオイルをブレンドしながらしようすることで、皮膚の状態を改善し、いつまでも若々しく美しい外見を保つためにも有効です。

 

しわ

日焼けと乾燥は小じわに直結するため、こまめな手入れが必要にです。 皮膚を柔らかく保つためには、水分補給を十分した後に保湿作用の優れた精油を用いたマッサージが有効です。 オススメのブレンドは下記の組み合わせです。
  • ゼラニウム:2滴
  • パチュリ:2滴
  • フランキンセンス:2滴
  • アルガンオイル:30mℓ

化粧水をつけた後に、ブレンドを5滴ほど薄く顔全体に塗り広げ、上に向かって円を描くようにマッサージします。 

たるみ・くま

リンパと血液の循環を促し、顔色を明るくします。 引き締め効果もあり、朝晩2週間ほど続けると効果が目に見えれわかります。 ローズマリーを多めにブレンドすると効果が出やすくなります。
  • ローズマリー:3滴
  • シスタス:2滴
  • アプリコットカーネルオイル:30mℓ
全てをよく混ぜたら、1回5滴ほどを顔全体に薄く塗ってから、下から上に円を描くようにマッサージします。 顔のたるみやくまの改善に繋がります。

オイリースキン

化粧崩れしやすいオイリースキンの人は、フェイシャルスチームとクレイパックを併用してスキンケアを行うと、皮膚の状態を整えることができます。 精油やエッセンシャルオイルをしようすることで、肌の状態がだいぶ良くなります。
  • ローズマリー:1滴
  • タイム:1滴
  • クレイパウダー:大さじ2
  • フローラルウォーター:適量

クレイパウダーにフローラルウォーターを加えてペースト状に練ります。 精油を入れて適量湿布し、10分ほど置いて洗い流します。 

 

ヘアケア

毛髪は肌よりももっと日光に晒され、パーマ液などの科学的製品にも晒されています。 シャンプーやトリートメントをしても少しづつダメージが蓄積されています。 時々、ブレンドオイルで頭皮をマッサージし、毛髪にもパックすることで、少しづつですが改善に向かいます。
  • イランイラン:7滴
  • クラリセージ:6滴
  • ベイローレル:5滴
  • ウォールナッツオイル:30mℓ
乾いた髪にブレンドしたオイルを少量づつ毛先からつけていき、根元までオイルを湿布したら、残りのオイルで頭皮マッサージし、二時間置いてからシャンプーします。

傷跡

顔や目立つ所に傷やニキビ跡があると恥ずかしく、外出するのが億劫になることもあります。 ブレンドオイルの根気良い湿布によって、ニキビ跡やケロイドなどを目立たなくすることができます。
  • ヘリクリサム:6滴
  • ローズマリー:7滴
  • エレミ:5滴
  • ローズヒップオイル:20mℓ
  • タマヌオイル:10mℓ

このブレンドを毎日2回、根気よく使用することで、少しづつ効果が現れてきます。 打ち身やあざなどの応急手当てにも有効です。 

ボディケア

最近は湯船に浸からずに、シャワーで済ませる方も多く、徐々に疲労がたまったり、疲れが取りきれない人も多いです。 そのような時は、週2回は時間をゆっくりとってボディバームでマッサージしましょう。 肌荒れ、凝り、むくみなど、気がつかなかったところにも配慮が行き届きます。
  • プチグレン:5滴
  • グレープフルーツ:5滴
  • サンダルウッド:4滴
  • フランキンセンス:4滴
  • ホホバオイル:30mℓ
耐熱のボウルにホホバオイルとみつろうを入れて湯煎し、みつろうが溶けたら日から下ろして精油を加えます。

角質ケア

角質が気になる方には、スクラブ剤で穏やかな角質を落とすことをオススメします! 擦りすぎず、使いすぎには注意しながら、肌の弱い人は使用頻度を少なくしましょう。
  • ターメリック:1滴
  • イランイラン:1滴
  • コーンミール:大さじ1
材料を一緒にしてよく混ぜ、スクラブ剤を作り、浴室で使用します。 少し入浴して皮膚を柔らかくした後、少量ずつ手にとって角質の木になる部分をスクラブした後、洗い流します。  肌の再生を促し、肌荒れに働くバスソルトの足湯として、マッサージとして使用するのも効果的です。 洗面器に足首が浸かるくらいお湯を入れて、バルソルトを加えて両足5-10分ほどつけます。
  • パチュリ:1滴
  • 天然塩:小さじ1
他にも炎症を鎮めるラベンダーと、細胞を活性化させるフランキンセンスを用いてのマッサージも効果的です。
  • フランキンセンス:2滴
  • ラベンダー:2滴
  • ミツロウ:3g
  • ホホバオイル:15ml
  • シアバター:3g

ネイルケア

日常的にネイルをする人は爪のケアも必要です。 爪を強くする効果のある精油を加えた暖かいオリーブオイルに指先を浸します。 割れやい爪やささくれができやすい人に向いています。
  • レモン:6滴
  • ゼラニウム:3滴
  • オリーブオイル:30mℓ
オリーブオイルを湯煎して人肌に温め、精油を加えます。 このオイルにコットンパッドを10枚浸し、一枚ずつ指先に巻いて20分間おきます。

ダイエット

ダイエットや体重管理は永遠のテーマで、常に悩ましい問題です。 精油・エッセンシャルオイルには直接ダイエット効果がありませんが、ダイエットを促しサポートすることはできます。 香りとともにマッサージをし、運動や入浴を組み合わせて引き締めを図りましょう。
  • グレープフルーツ:10滴
  • ローズマリー:10滴
  • フェンネル:5滴
  • ジンジャー:5滴
  • ホホバオイル:50mℓ

入浴後にこのブレンドで気になる部位をよくマッサージします。 擦り込むだけでなく、揉んだり軽く叩いたりして、皮下脂肪を動かします。 

 

肌に効く精油のブレンド

皮膚は心の窓とも言われ、心理状態を映し出します。 精油は健康な皮膚の成長を促し、心身のバランスに役立つので、外側と内側からのケアが可能です。 

火傷

アロマは心身に効果があると初めて発見されたのは、火傷に精油を使用した歴史があります。 家庭でケアできる程度の火傷には、救急薬として用いることができます。 (火傷直後に) ラベンダー:原液で適量 (火傷跡のケア) スパイクラベンダー:9滴 セントジョンズワートオイル:15ml 火傷のすぐ直後は冷水か氷でしばらく冷やして、その後精油を火傷した部位へ落とします。 

日焼け

日焼け後の皮膚は、熱を持って乾燥しています。 まず冷却作用のあるジェルで熱を取ってあげると、ヒリヒリ感が和らぎ、皮膚をしっかり整えます
  • ジャーマンカモミール:2滴
  • ラベンダー:4滴
  • ペパーミント:3滴
  • アロエベラジェル:30ml
 ラベンダーを軸としたブレンドをおすすめです。
  • ラベンダー:1滴
  • 無水エタノール:3ml
  • 芳香蒸留水:45ml
ガラスの密閉容器にアロマベラジェルを入れてから精油を落としヘラで少し混ぜてから蓋を閉めて、少し置きます。 痛みや炎症のある部位に薄く湿布すると、即効性があります。  日焼けは軽い火傷と同じで、炎症を抑えるためによく冷やし、乾燥やかゆみを防ぐため保湿を念入りに行います。
  • ラベンダー:1滴
  • ベンゾイン:1滴
  • ネロリ:1滴
  • キャリアオイル:15ml
アロマバスで行う場合には、40度のお湯に下記の精油を加え、よくかき混ぜます
  • ラベンダー:1滴
  • フランキンセンス:3滴

切り傷・擦り傷

切り傷や擦り傷があるときは殺菌消毒と抗炎症作用のダブル効果のある精油スプレーを使用します。
  • ティートュリー:5滴
  • コパイバ:5滴
  • ベンゾイン:3滴
  • 無水エタノール:20ml
  • 精製水:10ml
無水エタノールに精油を混ぜてよく溶かします。 よく溶けたら精製水を加えて、スプレー容器に入れて使用します。 

吹き出物

吹き出物対策にはビタミンBの摂取、最適な洗顔、食生活の管理が効果的です。 合わせてクレイパックを週に1-2回程度、肌の様子を見ながらやって見ましょう。
  • グリーンクレイ:大さじ2
  • 精製水:適量
  • タイム:1滴
  • ニアウリ:1滴
クレイに少量ずつ精製水を入れ、木のスプーンで混ぜてペースト状に練り、精油を入れて混ぜます。 これを患部にヘラで塗り、10分ほど置いたのち、ぬるま湯で洗い流します。 

虫刺され

虫に刺された場合、患部を冷やすことで腫れとかゆみを抑えることができます。 同時に抗炎症作用のある精油を使うことで、状態の悪化を避けることができます。 精油とキャリアオイルを混ぜて、適量を虫刺されの箇所に塗ります。
  • ゼラニウム:1滴
  • ベンゾイン:1滴
  • キャリアオイルオイル:10ml
  • ローズマリー:1滴
  • ペパーミント:1滴
  • ジャーマンカモミール:1滴
  • キャリアオイル:15ml

かゆみ

かゆみが引き起こされる要因は様々ですが、全般的に対応できる方法が、まずは冷やすことです。 その後、かゆみを抑える作用のある精油を使いましょう。
  • マヌカ:2滴
  • タナセタム:2滴
  • ペパーミント:4滴
  • ローズヒップオイル:10ml

キャリアオイルに精油を混ぜて、ある程度冷やした患部に湿布します。 1日5回使って、全く効果がない場合は皮膚科に行きましょう。  このように使用すると肌に効果的ですが、症状がひどい時は病院に行くことをオススメします。

頭皮に効く精油のブレンド

精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。 頭皮のトラブルでフケ、円形脱毛症などに効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

円形脱毛症

過度なストレスから起きる円形脱毛症は自覚症状がないまま進行し、ある日突然気づくとパターンがほとんどです。 一箇所の毛だけが丸く抜け落ちる単発系と脱毛部分が次々に広がる多発型があります。 軽度の段階でアロマテラピーを取り入れてみましょう。 例えば、血行改善による育毛効果が知られているローズマリー、開放感をもたらしストレスを緩和するイランイランなどが最適です。 またベチバーネロリとの併用もおすすめです。

アロマスプレー

無水エタノールに精油を入れてよくかき混ぜ、精製水を加えてさらに混ぜてスプレーします。

  • ジャスミン:1滴
  • エタノール:2mℓ
  • 精製水:25mℓ

マッサージ

精油と好みのキャリアオイルを混ぜて、頭皮をマッサージします。

  • ネロリ:1滴
  • ベチバー:2滴
  • キャリアオイル:10mℓ

  • ローズマリー:1滴
  • ラベンダー:1滴
  • キャリアオイル:10mℓ

開放感をもたらしストレスを緩和するイランイランもおすすめです

  • イランイラン:1滴
  • ベルガモット:1滴
  • キャリアオイル:10mℓ

抜け毛・ふけ

健康な髪に大切なのは頭皮を清潔に保ち、毛根を良い状態にすることです。 毛穴は日常的に分泌される汗や脂、スタイリング剤などで詰まりがちです。 頭皮の皮脂バランスが崩れると乾燥し、フケが出やすくなりますので、汚れを除去して、血行改善が必要です。 皮脂やホルモンのバランスを整え、血行促進作用のある精油を使いましょう。 ローズマリークラリセージゼラニウムイランイランなどがおすすめです。 また、抗菌作用のあるティートュリーはフケ予防にも有効です。 

シャンプー

無添加シャンプー10mℓに精油を加え、よく混ぜて使います。

  • ローズマリー:1滴
  • ティートゥリー:1滴
  • 無添加シャンプー:10mℓ

  • イランイラン:1滴
  • オレンジ:1滴
  • 無添加シャンプー:10mℓ

トリートメント

髪に油分を補給するココナッツオイルと、皮脂を整える精油のトリートメントがおすすめです。 使用する前によく振って混ぜ、手のひらに少量をとって髪になじませます。

  • シダーウッド:3滴
  • ローズマリー:3滴

ヘアトニック

皮脂を抑えるクラリセージや髪にコシを与えるレモンのスッキリしたヘアトニックがおすすめです。 使用する前によく振って混ぜ、洗髪後は乾かした頭皮を全体に適量のスプレーするか、手のひらにとり、よくなじませてマッサージをします。

  • クラリセージ:2滴
  • シダーウッド:2滴
  • レモン:2滴
  • 無水エタノール:5mℓ
  • 精製水:45mℓ

冷蔵庫で保管し、2週間をめどに使い切りましょう。

マッサージ

精油と好みのキャリアオイルを混ぜて、頭皮をマッサージします。

  • シダーウッド:1滴
  • ゼラニウム:1滴
  • キャリアオイル:1mℓ
  • ティートゥリー:1滴
  • ラベンダー:1滴
  • キャリアオイル:1mℓ

皮脂を抑えるクラリセージも効果的です。

  • クラリセージ:1滴
  • ゼラニウム:1滴
  • キャリアオイル:1mℓ

頭皮のトラブルに有効な精油はたくさんありますので、お悩みのある方はぜひ試してみましょう。 精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。 美容にも効果的で、ヘアケア、ボディケア、ダイエットなどに活用されます。 精油の美容への活用方法についてご紹介します。