お香とは?香りのある生活を楽しむ方法【これを読めば、全てが分かる】

お香の香りは日本人には馴染みの深く、懐かしさを感じます。 そのお香はお家でも使用することができ、手軽に生活に取り入れられるリラクゼーションアイテムとして、長い間利用されてきました。 これからお香を始めたい、お香についてもっと知りたいなど思っている方に向けて、お香の効果、種類、香りなどをご紹介します。

お香とは

お香はインドが発祥で、中国各地に広まり、平安時代に仏教と共に日本に伝わり、宗教的儀式には必要不可欠な祈りの香りとして使われてきました。 平安時代では仏教の宗教儀式以外にも、趣味としてのお香が発展し、オリジナルの香りを作り楽しみました。 鎌倉時代には緊張を鎮める為に沈香として用いられ、活用の仕方を変えながら現在はルームフレグランスとして用いられています。 お香には「その場の気を清め、空間を浄化する」「虫よけやニオイ消し」などのいろんな効果があり、その心身への影響は想像以上に絶大なものです。 インドのお香の歴史 お香というと、「線香」や「焼香」といった日本の和のイメージがありますが、実はもともとは飛鳥時代にインドから日本へ伝わってきたと言われています。 インドはお香の原料である香木の産地でもあり、釈迦が仏教を起こす前からお香を焚いていました。 暑い気候には悪臭を防ぐためや、虫よけという実用的な理由で利用されてきました。 その後、仏教の教えが広められると同時に焼香としてのお香も盛んに勧められ、日本へ仏教とともに伝わりました。

お香の特徴

日本では癒しのためのアイテムとして親しまれていますが、インドでは宗教用に使われることがほとんどです。 お祈りや、お供えものとしてお香が捧げられています。 インドのお香は日本のアジア系やエスニック系の雑貨店などによく売られています。 お寺をイメージする香りが多いと思われがちですが、インドのお香は種類も豊富で、ジャスミンやラベンダーなど華やかな香りもたくさん作られています。 パッケージのデザインも可愛くておしゃれなので集めてみるのもいいです。 また、日本のものに比べ安く購入でき、太さや長さもあってお香好きの人にとっても経済的でおすすめです。 ただ、香りが強く、好みがハッキリと分かれるところがポイントで、自分好みの香りに出会あうことができればいいです。 煙が多いのもインドのお香の特徴なのであまり近づかず、離れて楽しみましょう。

お香の効果

神秘的で古来のイメージが強いお香ですが、日常生活に取り入れることで様々な効果が期待できます。

浄化

お香のもっとも期待できる役割は空気の浄化で、この効果は古来より世界各地で信じられてきました。 浄化とは「身辺の穢れや邪気などマイナスの気を取り除き、空間を清めて、浄化する」という意味です。 スピリチュアル的が強いですが、日本人の精神文化に根差しており、除菌・殺菌効果のある成分が配合されている物もあるので、文字通り空気を浄化する効果もあります。 日本ではお酒や塩などで場を清める習慣があり、これは空気を浄化するためです。 お香を使用することで、芳しい香りはもちろん、火や煙によっても浄化作用は高まります。 最近、上手くいかない、不安や悩みが多い、などと感じるときは生活空間にマイナスエネルギーが集まっています。 お香を使用することで煙に悪いエネルギーが吸収されて浄化してくれます。

消臭

お香の発祥のインドでは、体臭対策として、現在の香水のような役割で使用されていました。 嫌な匂いの上から、お香の匂いが被さり、穏やかな香りづけによって嫌なニオイを抑える効果があります。 お香から出る煙がゆっくりと部屋の隅々まで広がり、その香りが生活臭を抑えてくれます。 玄関やトイレなど嫌な臭いの溜まりやすい場所などで、換気をして空気を入れ替えながら焚くとより効果的です。 部屋にお香を焚くことでカーテンやソファなどのファブリック類にニオイが移り、生活臭を抑えることができます。

虫除け

お香によく使われる白檀、桂皮、丁子、龍脳には防虫効果が高く香り袋などに用いられ衣類の虫よけとしてタンスに置かれることもあります。 蚊取り線香の香りは好まないという方も、虫が嫌う匂いを含んだお香を、蚊取り線香代わりに使う事もできます。

安眠

お香の香りは直接脳に直接届くため、心の疲労回復にはとてもスピーディな効果が期待できます。 お香には心を鎮める鎮静効果、癒しの効果があるため就寝前にお香の香りを嗅いでから眠りにつくと安眠できると言われています。 なかでも「沈香」の成分が入ったお香は鎮静効果に優れ寝つきがよくなると言われています。 疲れたなと思ったら、寝る1時間ぐらい前からお香を焚いてみるのがオススメですが、火が付いたまま眠りにつくのは避けましょう。

リラックス

お香に限らず、ルームフレグランスなどを使用する目的に家でのリラックスやリフレッシュで、その背景にはストレスが関係しています。 炎の温かさ、静かに立上る煙は見ているだけで自然と心が落ち着き、優しくゆったりと広がる香りは、私たちに深い癒しの時間をもたらします。 アロマの香りとは違った独特の奥ゆかしい和の香りは瞑想へと導いてくれる静寂の香りとも言えます。 科学的にもお香の香りは脳のアドレナリンの分泌を抑えて、緊張感を和らげる効果があると言われています。  

お香の型の種類

お香は直接火をつけて、揺らめく煙の風情や香りをダイレクトに楽しめるアイテムで、型が3種類あります。 目的や燃焼時間も異なりますので、使用用途に合わせて最適なお香を見つけましょう。

スティック

最も定番である棒状のお香がスティックタイプでで、棒状のお香をスタンドや受け皿に固定して使います。 燃焼時間は、スティックの長さによりますが約15分~60分程度で、短くしたいときにはスティックを折ることで時間調節ができます。 棒状なので始めから終わりまでほぼ均一に香りが広がり、煙が少ないのも魅力の一つです。 しかし、倒れやすかったり、灰が飛び散りやすいため、窓や冷暖房の配置に気を付けて使う場所を選びましょう。

コーン

円錐型のお香は下に向かって面積が広くなるので、だんだんと香りが強くなっていきますので、香りの変化も楽しめます。 短い時間で比較的強い香りを放つお香で、燃焼時間は約10~15分程度で、すぐに部屋の臭いを消したいときにも役立ち、小皿の上に置いて手軽に使えます。 また、風の影響も受けにくく、灰が飛び散ることも少ないので扱いやすいです。

渦巻き

蚊取り線香でもお馴染みの形で、コイル状になっているため長時間使用できるお香です。 防虫・除虫効果のある香りを使った商品も多く、夏場の虫よけにも向いており、屋外などで使用されることが多いです。 燃焼時間は約1時間~2時間で、広い空間に香りを広げたい時やドアの開け閉めが多いなど空気の流れが多い場所に香りを保ちたい時におすすめです。 香皿の中心に香立てをのせる専用の香皿を用いて使用し、途中で火を消して、数回に分けて使うことも可能です。

お香の代表的な香り

お香には様々な香りがあり、どの香りがいいか悩むこともあります。 日本で古来から代表的な4つの香りをご紹介します。

白檀(びゃくだん)

東南アジアや南の島で生息する木で、古くから世界各地で愛されるている人気のな香りの一つで、西洋名はサンダルウッドで、アロマや香水など幅広いフレグランスの成分に使われる有名な香木です。 祈りの際に焚かれる事が多かった白檀は、瞑想タイムや寝る前などリラックスしたい時におすすめです。 主な効能は喉の痛みや咳などの症状の緩和、鎮静効果や免疫力を高める効果があります。 原産地はインドやインドネシア、オーストラリアなどで、その中ででもインド南部のマイソール産の白檀は香り高く最高級品質として認知されています。  

沈香(じんこう)

樹液が固まってできる樹脂が長い年月をかけて化学変化を起こし、独特の香りを漂わせるようになったものが沈香です。 上品さを兼ね備えていて、木が持つ自然治癒力に付随して香りを放つのが特徴です。 人工的に作るのが難しく、沈香はほとんどすべてが天然のもので、できるまでに50年〜100年かかると言われている稀有な香木で、年々採集量が少なくなり希少価値が高まっています。 ベトナムやインドネシアなどに生息する樹木で、産地により甘みや苦みなど香りに違いがあります。

伽羅(きゃら)

伽羅は沈香のなかの最高級品で希少価値が高く、加熱することで香ります。 奥深い香りを強く放ち、心を鎮め、深い癒しを与えてくれるのがなによりの魅力です。 主にベトナム産の沈香で五味(甘、酸、辛、苦、しおからい)を表現する奥深い香りとして珍重されています。 「人間の手では作りだす事のできない神が作った香り」とまで崇められる伽羅は現在ではワシントン条約の2種に指定され、許可なく輸出入することができなくなっています。 伽羅は古ければ古い程品質が良いとされている為、値段も高くなります。

乳香(にゅうこう)

乳香は日本名ではあまり馴染みがありませんが、西洋名でいうフランキンセンスと聞くとピンと来る方も多いと思います。 乳香には鎮痛効果や殺菌、抗炎症作用もあり、また免疫力を上げ、不安を和らげ前向きな気持ち効果もあります。 すっきりとしたウッディな香りは不安やイライラを鎮め、心を落ち着けてくれる効果が期待できます。 木の樹皮に傷をつけることで樹脂が分泌され、その後乳白色に固まった樹脂を採集して、お香や香水の原料としたのもです。

お香の部屋別使い方・焚き方

より効果的に開運につなげるには、玄関、トイレ、リビングなど、部屋のどの場所でお香を焚くと良いかも知っておくと良いでしょう。

リビング

多くの時間を過ごすリビングルームではテレビを見たり音楽を聴いたり、家族や客人とコミュニケーションをとったりと、日常の時間をお香がより素敵に演出してくれます。 リビングをお香で浄化して、雰囲気が明るくなるだけで、家中の雰囲気が明るくなるといっても過言ではありません。

寝室

寝る30分前くらいにスティックタイプのお香を焚いておくと、一日の疲れを癒してスムーズな眠りを導いてくれます。 好きな香りに包まれながら、深い眠りにつける環境を整えましょう。 寝る前に消化していることを確認してから眠りに付きましょう

玄関

家族やゲストを迎える玄関は、いつも爽やかな香りを維持したいところです。 玄関は全ての気が通るとても重要な場所で、外から入ってくる悪い気をお香の力で浄化して良い気を招き入れます。

トイレ

邪気が溜まりやすいトイレは、健康運にも影響すると言われている重要な場所です。 フレッシュな香りを保ち気持ちよく利用できるように、消臭効果でトイレの気になる臭いも抑えられるため、トイレでお香を焚くのもおすすめ。 健康や金運ともかかわり深いと言われる場所なので、よい運気を呼び込むためにお香を焚くのも一つの手です。

お香とアロマの違い

お部屋をいい匂いにし、心身に効果をもたらせるアイテムとして人気なのがアロマです。 お部屋をいい香りにしたいけど、お香とアロマのどちらを使用するか悩む方も多いと思います。

お香

お香は天然由来の香木や植物などの香木が原料で、火をつけてからお香本来の香りが広がり、時間が経つにつれて香りの深みが増していきます。 そのため、火をつける前と後では香りが違い、白檀や檜など日本らしい香りが多いことが特徴です。 お香は、スティックやコーン、渦巻きタイプ、匂い袋などがよく使用されています。

アロマ

アロマは天然由来の植物や果実を元にエッセンスオイルを抽出したものです。 アロマは揮発性も高く、拡散の方法がアロマディフューザー、アロマランプ、アロマランプなど様々です。 最初に広がる香りが一番強く、時間が経つにつれて香りは落ち着いていきます。 自分好みのオリジナルアロマを作ることができるので、いろんな方法で楽しむことができます。 お香の効果や使い方について説明しました。 ぜひお部屋でお香を焚いて、心を浄化して、リラックスしましょう。

人気のお香

店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。 なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【HEM】お香 プレシャス・チャンダン

HEMはインドのお香の代表的なブランドで日本でもシェアNO1を誇っています。 香りの種類がなんと200種類以上もあり、特に「プレシャス・チャンダン」は最高傑作として熱烈なファンもたくさんいます。 香木の白檀がブレンドされたその香りは、落ち着いた木の香りの中にかすかな甘さが広がり気分をリラックスさせてくれます。 火を焚かずに枕元に置いておくだけでもやわらかな香りを楽しむことができます。 インドのお香といったらHEMと言われているほど人気なので、これからお香を始めようと思っている人にもおすすめです。

【SHASHI】 お香 デニム

石鹸のように清潔感のあるさわやかな香りは日本でも大人気で、南国リゾートに来たかのような雰囲気を味わうことができます。 男女問わず愛されるDENIMはSASHI社の代表的なお香です。 フレグランス系の香りは初心者にも受けが良く、クセがないので誰にでもおすすめできます。 読書をするときや、落ち着いて自分の世界に浸りたいときなどにいいでしょう。

【SATYA SAI BABA】お香 ナグチャンパ

日本でも有名なあのサイババ公認のお香で、別名サイババ香と言われています。 1964年創業の老舗メーカーのShrinivas Sugandhalaya 社によって作られました。 こちらのナグチャンパもHEMのプレシャス・チャンダンと並ぶほどの人気のお香です。 甘くて深い白檀とフローラル系を絶妙にブレンドした香りは、強すぎずマイルドに広がり前向きなエネルギーを呼び起こしてくれます。 伝統的な手法で丁寧に作られ、人体や環境に優しい天然のオイルを原料とし、煙にも有害物資が含まれていません。 香りや品質への強いこだわりから世界中で愛されています。、とっつきにくい感じがしますが日本にも熱烈なファンが多く世界中からも愛されています。