おすすめ人気のお香10選!【2021年】

ルームフレグランスが流行っており、お家やお部屋でリラックスやリフレッシュのためにアロマなどを利用する方が増えています。 ルームフレグランスはアロマキャンドルやリードディフューザーなどのいろんな種類がありますが、その中でも老若男女問わず人気なのが、「お香」です。

おすすめ人気のお香

お香とは日々の生活に癒しと安らぎをもたらしてくれますが、実際に購入して焚いてみないと香りの好き嫌いがわかりません。 お香やルームフレグランスを購入して、期待していた香りではなく、がっかりした方や失敗した方も多いと思います。 この記事ではお香の種類や使い方を紹介したのち、最新版の人気でオススメのお香を紹介します。

お香の選び方

「お香」とは、煙で香りを広げて、その香りを楽しむもので、気分転換集中力アップ安眠リラックスリフレッシュなど心身に大きな効果を与えます。 お香には香りや形がたくさんあり、どのお香を選べばいいか分からない方も多いです。 お香を選ぶ際のポイントは下記の3点を軸に選びましょう
  • お香の香り
  • お香の型
  • お香のブランド
まずは自分の好きな香りを選び、それから形を選ぶとスムーズに決めることができます。

人気のお香の香りの種類

お香にはたくさんの香りがあり、その中からお好みの香りを見つけるのは難しく、さらに心身の状態やシーンに合わせても使用する香りが異なります。

ハーブ系

勉強や仕事などで集中力をアップさせたい時にはハーブ系お香がオススメです。 爽やかな香りが、集中力のアップを促します。 ローズマリーミントなどがおすすめで、頭をリフレッシュできるため、眠気を誘う効果もあります。

スパイス系

刺激的な香りは脳の働きを活性化するため、集中力アップの効果があるため、やる気を出したい時や仕事や勉強の時に最適です。 ジンジャーシナモンバニラなどが代表的で、刺激的で個性的な香りです。

ウッディ系

森林浴をしている気分になるため、就寝前やリビングなどのリラックスタイムなどにはウッディ系のお香がオススメです。 シダーティーツリーユーカリなどが代表的で、爽快感があり、ストレスや疲労に効果的です。 リラックス効果と共に空気の浄化が期待できます。

フローラル系

緊張感や不安を軽減し幸福感を高めます。 金木犀ローズラベンダージャスミンなどが代表的で、ネガティブな感情を甘い香りが癒してくれ、女性に人気の香りです。

フルーツ系

オレンジやレモンや林檎を使用したフルーティーな香りで、馴染み深い香りが、リフレッシュすることができます。 オレンジやレモンなどの柑橘系には気持ちを明るくする効果や胃腸の調子を整える効果があります。

香木系

日本の伝統的な香りで、伽羅・沈香・白檀をベースとしたお香が代表的です。 旅館やお寺などでも使用されている香りで、鎮静効果リラクセーション効果があります。 希少性が高いことから、他の香りよりも割高です。

人気のお香の型の種類

お香のタイプは「スティック」「コーン」「コイル(渦巻き)」「ペーパー」の4種類あり、種類によって燃焼時間や煙の出方などが異ります。

お香のスティックタイプ

スティックタイプはお線香と同じように細長い形をしており、お香の主流はこのタイプです。 ゆっくりと煙を出して燃えていき、室内に満遍なく香りを広げることができます。 燃焼時間はスティックの長さによっても異りますが、30分前後が一般的です。 途中で燃焼をやめたい場合はスティックを折ることで燃焼時間を調整できます。 スティックタイプを使用する場合は専用のお香立ても必要になります。 スティックが細長いため、燃焼後の灰も細長く飛び散りやすいので注意が必要です。

お香のコーンタイプ

高さ3cmほどの円錐型をしており、インド産のお香に多いのがコーンタイプです。 円錐型に成形したコーンタイプは香りが凝縮されており、濃厚な香りをしっかりと楽しみたい方にオススメです。 他のお香のタイプと比較して、煙の量はもっとも多いのも特徴の一つです。 コーンタイプの燃焼時間は10分前後と短めですが、香りが一気にお部屋などに広がります。 円錐型なので、火が付けて時間が立つほど香りが強くなりますので、燃焼時間10分の間にも香りの変化を楽しむことができます。 また、専用の容器が不要な点や灰が飛び散らないなど気軽に使うことができます。

お香のコイルタイプ

蚊取り線香のようなコイル(渦巻き型)のお香は、燃焼時間が1-2時間と長いのが特徴です。 そのため、広めの空間な時間をかけて香りを充満させたい場合などに最適です。 途中でやめたい場合には、途中で折ることで使用をやめて、次回続きから行うことも可能です。 日本では蚊取り線香に使用されているタイプであることから、防虫除虫効果のある香りを使っている商品も多く販売されています。

お香のペーパータイプ

ペーパータイムはもっとも気軽に楽しめるお香で、日本では馴染みがありませんが、ヨーロッパでは主流の使い方です。 燃焼時間は1-2分ほどで生活中を消したい時や瞬間的なリフレッシュに利用できます。 紙なのですぐに燃えて、香りの拡散力が弱く、煙も少ないですが、短い時間でふんわりとした香りを楽しめます。 また、燃やさなくても香りがついているため、カバンやクローゼットに入れておくだけで、香りが充満します。

人気おすすめのお香のブランド

ルームディフューザーやアロマオイルは雑貨ブランドやアパレルブランドや香水ブランドも参入していますが、お香のブランドは「HEM」「ガーネッシュ」「松栄堂」の3社が有名です。

人気のお香ブラント①HEM(ヘム)

インドのお香ブランドのHEMは世界No1のお香ブランドで日本でもとても人気です。 世界でもっとも有名なお香のプレシャスチャンダンなどがあり、HEMが取り扱う種類は200以上もあり、品揃えが豊富です。 低価格のため気分やお部屋に合わせて気軽に楽しむことができます。

人気のお香ブラント②ガーネッシュ

ガーネッシュはアメリカ発祥の老舗お香ブランドです。 ゴールドのパッケージが印象的で、目にしたことがある方も多いと思います。 ガーネッシュはエクストラリッチとクラシックの二つのシリーズがあります。

人気のお香ブラント③松栄堂

日本にも人気のお香ブランドは京都の松栄堂で300年ほどの歴史があります。 特徴は世界中から集められた天然香料を使用しており、日本の職人技にとって高品質のお香を生産しています。 熟練された職人によって作られたお香は奥行きの深い香りが魅力的です。 松栄堂で日本らしい芳輪シリーズの堀川・二条・白川の香りが人気で、日本らしいさを表しており、料亭や旅館でも利用されることがあります。

人気おすすめのお香の10選

誰でも簡単に始めることができ、お香選びに失敗しないために人気ブランドの「HEM」「GONESH」「松栄堂」を中心に人気オススメのお香を紹介します。

【HEM】お香 プレシャスチャンダン

日本のお香の中でもっとも有名といっても過言ではないのがHEMのプレシャスチャンダンです。 ルームフレグランスやお香売り場や雑貨などどこでも取り扱いされており、日本の老若男女に愛されています。

【HEM】お香 ムーン

すっきりとした甘めの香りの中、一日の終わり、就寝前に利用がおすすめです。 名前のごとく、月をイメージしたお香です。

【HEM】お香 ホワイトムスク

ホワイトムスクの香りが一気にお部屋に広がり、お香特有の煙と一緒に楽しむことができます。

【GONESH】お香 No.8

No.8は世界でもっとも売れているお香で、春の訪れを思わせる、ほのかに甘いフルーティさを軽やかにアレンジした、果実の甘い清々しい香りです。。

【GONESH】お香 No.4

アメリカのインセンスのトップブランド「GONESH」が販売するブレンドの香りのナンバーシリーズ。 No.4はNo.8に続いて人気があり、果樹園に咲く風を思わせるピーチやベリーなどの、フルーティーで甘く可愛らしい果実の香りです。

【GONESH】お香 ストロベリー

No.4とも香りが似ており人気です。 ストロベリーのチューンガムのようなで甘みの強い香りです。

【GONESH】お香 ホワイトムスク

白いパッケージが特徴で、GONESHの中でも人気のパッケージとなっています。 ホワイトムスクの香りがお部屋を包み快適な空間を作り出します。

【松栄堂】お香 堀川

白檀の香りを上品に楽しむことができる香りで、優しい香りが懐かしさを憶えます。

【松栄堂】お香 二条

白檀をベースにした伝統的な香りに華やかさで、現代的で上品な香りがします。

【松栄堂】お香 白川

【SHASHI】お香 デニム

爽やかでありながらほのかにバニラのような甘さが漂う香りは、古くからお香好きから愛されている定番の商品であると共に、初めてお香を試してみたいという方にもおすすめの癖のない爽快でありながらも優しい香りのお香です。 多くの人から愛されているお香を紹介しました。 初めての方はこれらの中からお好みのお香を選びましょう。