アロマポットの使い方・特徴・メリットデメリットを紹介!人気おすすめ商品5選!

アロマオイルや精油をお部屋の中に拡散させる方法はアロマディフューザーアロマポットが代表的です。 アロマポットは近年人気が出てきており、利用者も増えてきていますが、使用方法やお手入れの仕方は未だ浸透していないのが現状です。 アロマポットの使い方や特徴やメリットデメリットなどをまとめ、アロマポットに興味があり今後購入を検討している方に向けて、人気おすすめ商品を紹介します。

アロマポットとは?特徴とは

アロマの香りをしっかり楽しみたい時におすすめなのがアロマポットです。 アロマポットはキャンドルの火で温めるものと、電気で温めるものがありますが、電気で温めるものはアロマライトとも呼ばれます。 両方とも使い方は簡単ですが、火で温めるものはアロマを楽しめる器具としてアロマ入門者から上級者まで多くの人が利用しています。 またキャンドルを使うので、視覚的にもリラックスすることができ、陶器の形状が商品によって様々なのでインテリアとして活用できるのも人気の理由です。 デメリットはキャンドルを使うタイプは家事の危険性があるため、子どもや動物の手が届かない所に置くこと、寝るときには使わないことなど取り扱いに注意が必要です。

アロマポットの使い方

アロマポットの使い方は上部に受け皿に半分位水を張ります。 すぐに香りを楽しみたい方は水ではなく、お湯を入れると時間の短縮をすることができます。 部屋の広さに合わせて、アロマオイルを入れます。 アロマオイルの量は部屋の広さによっても異なりますが、一般的には1~5滴が適量です。 キャンドルに火をつければ、しばらくしてオイルが温まり揮発し、部屋中に香りが広がります。 注意点は受け皿に必ず水を入れなければなりません。 たまにアロマオイルのみでも大丈夫との情報がありますが、アロマオイルだけだとすぐに空焚きになるため、アロマポットの破損や火事の原因を避けることができます。 またアロマオイルを焚いている途中に、受け皿の水分が蒸発しないように注意が必要です。

アロマポットとアロマディフューザーの違い

アロマディフューザーとアロマポットの違いは、火を使うか使わないかです。 アロマディフューザーは電気や超音波などでアロマオイルを加熱せずに香りを拡散させますが、アロマポットは火を使い香りを拡散させます。 そのため、安全面ではアロマディフューザーの方が優れていますが、香りの拡散力や強さはアロマポットの方があります。 また、値段もアロマディフューザーのほうが高いですが、アロマポットは継続的にキャンドルの購入が必要です。 お手入れはアロマディフューザーは水を使うため洗浄などが必要ですが、アロマポットは受け皿を簡単に洗うことができます。

アロマポットの人気おすすめ商品5選

人気のアロマポットを5つ紹介します。 アロマポットは東急ハンズや雑貨屋などの店舗で購入することや楽天市場やアマゾンなどで購入することができます。 同じ商品でも店舗により、価格や在庫状況が違うことがあります。

【アロマポット】ツリー模様スリット

タイ北部から直輸入した陶器のキャンドル式オイルウォーマーで、花びらモチーフの形の陶器の香炉から放たれる光と香りの調和を楽しめます。

【アロマポット】スリムポット

揮発性の精油成分を拡散させるための香炉で、見た目がシンプルで、上のお皿が取り外し可能なため手入れが簡単にできます。

【アロマポット】フリート オイルウォーマー ピッチャー

徐々に水分が蒸発して香りが漂い、香りとともに、キャンドルの温かい炎を眺めることによって心を癒します。 芳香浴としてはもちろん、手作り化粧品を作るためのミツロウなどを溶かす道具としてもお使いいただけます。

【アロマポット】フリート オイルウォーマー プレート

以上がアロマポットの説明でした。 火を使うため安全面には注意が必要ですが、強い香りとキャンドルの炎が癒しの空間を素敵に演出してくれ、リラックス効果が見込めますので、ぜひお試しください。