【女性のお悩みに最適】精油のブレンドのレシピとは??生理痛・PMS・むくみに効果あり

精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。 女性特有の症状の冷え、生理痛、更年期などに効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

女性に効く精油のブレンドレシピ

精油は循環を促進し、体を温めて、女性特有の障害を軽減したり、緩和する作用があります。

むくみ

血液中の水分が血管の外まで滲出し、細胞と細胞の間に溜まった状態がむくみです。 慢性化しないうちに解決したいものです。 そこで血管を拡張して、血流量を増やして流れをよくすることで改善が期待できます。 これはサイプレスグレープフルーツを使ったアロママッサージが効果的です。 余分な水分を排出させるジュニパーも欠かせません。 さらにむくみの一員となる冷えの改善にはアロマバスがおすすめです。 血行を促進するユズも取り入れてみましょう リンパの流れは筋肉の動きとマッサージによって活性化します。 [clink url="https://casafrag.com/essential-oil-bath/"]

マッサージ

リンパ強壮作用のある精油のブレンドオイルを使ってのマッサージは即効性があり、施述語にすぐに足が軽くなります。 全てをブレンドしたら、適量をつま先から臀部まで塗り広げます。 末端から付け根へなんども擦り上げるようにマッサージします。 精油と好みのキャリアオイルを混ぜて、手や足をマッサージします。

セルライトマッサージ

フェンネルスイートは皮下脂肪の解消作用があり、むくみ対策に期待できます。 使う前によく振ってまぜ、手のひらに少量をとって両手になじませ、気になるところをマッサージします。

アロマバス

40度のお湯に精油を加えます。 ゆずの精油のみでも効果がありますし、ブレンドもできます。

フットバス

収れん作用のゼラニウムの精油と排出作用の重曹で余分な水分を出してむくみを解消します。 深めの洗面器に足首を10cmほど浸かるくらいの湯を入れて、バスソルトを加えてよく混ぜ、両足を5-10分つけます。

妊娠線の予防

お腹が急に大きくなり、妊娠線がきになる時期には、お風呂上がりに腹部と胸部にオイルを擦り込んでおきましょう。 乾燥や引き連れ感を緩和して穏やかに過ごせます。 全てをブレンドします。 適量を手にとって、腹部の側部から下部に広く塗り広げ、胸部はやさしく全体的に擦り込みます

更年期障害

女性の体調に大きく影響するのが、女性ホルモンです。 バランスが崩れることで、体調だけでなく、精神的にも不安定になることがあります。 女性ホルモンのエストロゲンは妊娠・出産に備えて子宮内膜を暑くするホルモンです。 骨密度を保ち、コラーゲンを増やし、血圧を安定させる働きがあります。 体が著しく変化する閉経に向かう時期はエストロゲンの分泌が急減し、自律神経の乱れや頭痛や腰痛や情緒不安定などを招きます。 症状の緩和にはアロマセラピーが有効で、アロマバスやマッサージや芳香浴などがあり、やり方によりアロマのブレンドの仕方が違ってきます。 更年期の症状の出方はライフスタイルや体質、気質によって左右されます。 このブレンドは更年期に変化していくホルモンのバランスを穏やかに整える働きがあります。 下腹部とウエストの背部の副腎の部位に適量を擦り込みます。 閉経をはさむ前後10年間は更年期障害といわれる様々な体の変調が表れます。 このように使用すると女性特有の症状に効果的ですが、症状がひどい時は病院に行くことをオススメします。 生理痛・PMS PMSとは月経の始まる1週間ごろから起きる頭痛、腰痛、腹痛、足のむくみ、イライラなどの不快な症状のことで、月経前症候群とも呼ばれます。 原因としては、月経を起こす女性ホルモンのエストロゲンの分泌の変化によるものとされています。 症状は個人差がありますが、吐き気やめまいが日常生活にダメージを与えることがあります。 体の痛みに加えて精神的ストレスで痛みが増すこともあるため、鎮静やリラックス効果のある精油がおすすめです。 鎮痛作用をもつフランキンセンスに心を鎮めるマンダリンなど、柑橘系を組み合わせましょう。 また、体の深いところの疲れを取るローマンカモミ0流、余分な水分を排出させるジュニーパーでマッサージするのもおすすめです。 日常的なケアとして、ゼラニウムやラベンダーなど鎮静に誘い香りはストレス軽減に働きます。 オレンジスウィートとベルガモットの甘さ、クラリセージの心地よいグリーン間、サンダルウッドの深い香り、それらが総合的に働きかけて不安定な心身を落ち着かせ、様々なPMSの症状を癒します。 PMSの症状が起こりやすいのが肌荒れです。 オレンジスウィートのフレッシュ感、ペティグレンのグリーンな香り、ネロリの優しさ、そしてマジョラムの暖かさ。 それらがブレンドされて心地よい甘さを生み、ホルモンバランスを整えて肌の状態を安定させます。 オレンジスウィートとマンダリンの甘さと柔らかさ、サイプラスのウッディでドライな酸味、ラベンダーのフローラルの甘さ。 これらが心身の不快感を全般的に和らげます。 全てに鎮痙作用があり、月経の痛みを和らげたいときにおすすめです。

マッサージ

精油と好みのキャリアオイルをまぜて気持ちよく感じるところをマッサージしましょう。

温湿布

お湯を入れた洗面器に精油を入れタオルを浸します。 絞って、気持ちよく感じる部位に当てます。 いつも生理痛がある人は、痛みが始まる前にこのブレンドを下腹部と背中側に湿布して、仙骨の周囲を押圧します。
  • アニスシード:6滴
  • マージョラム:5滴
  • プチグレン:7滴
  • キャスターオイル:10mℓ
  • ホホバオイル:20mℓ
冷え性の人は、このブレンドオイルを刷り込んだ後に服の上から腹部を温めると、効果滴に痛みが緩和できます。 月経の痛みを和らげるとされる精油の温湿布がお腹や腰の痛みを緩和してくれます。 短冊状におったタオルを湯に浸し、精油をすくうようにして染み込ませます。 そのまま絞り、精油が直接肌に触れないように注意して、お腹や腰に当てます。 使用する精油はカモミールローマンがおすすめです。

アロマバス

生理前、ホルモンバランスの乱れからくるイライラを和らげるのにおすすめなのが蜂蜜の入浴剤です。 浴槽に蜂蜜と精油をまぜたものを入れて、ゆったりと入浴します。 生理痛などの対応にぜひ精油を活用してみましょう! 女性の悩みを解決するアロマ「女子のおまもり」 日々の仕事や家庭での人間関係関係や、季節の変化などによりホルモンバランスが崩れることがあります。 具体的には「イライラする」「人と話をしたくない」「むくみがひどい」「手足が冷たくなる」など、「なんとなく」の不調が続き、結果として心身に影響が発生します。 このような不調を解決するために、女性ホルモンを整える必要があります。 女性には1ヶ月のうちに様々なリズムがあり、活発な時期もあれば、調子がすぐれない時期もあります。 このリズムと向き合い、味方にする方法がアロマオイルで、天然の植物から抽出したエキスを体に取り込むことで、心身が良い方向へと向かいます。 アロマオイルが最適な理由は「香りは脳に直接伝わる情報」で「生活に取り入れやすく」「様々な使い方」ができるためです。 女子のおまもり」は女性ホルモンを整えるために開発されたアロマオイルです。 「女子のおまもり」があれな、女性特有のリズムと前向きに向き合うことができます。 使い方はアロマオイルをハンカチに垂らして香りを嗅いだり、アロマバスやアロマディフューザーなどで使用することも可能です。

「女子のおまもり」の種類の選び方と種類

アロマオイルは柔(Yawaraka)、安全(Yasuragi)、艶(Tsuyayaka)の3種類あります。 商品の選び方は、不調の種類によって商品を選ぶか、好きな香りもベースに商品を選ぶことができます。
柔(Yawaraka) 柔(Yawaraka) 艶(Tsuyayaka)
特徴 ハーブ系のスッキリした香りで、心身と強張りを解消 柑橘系の爽やかな香りで、生理前のイライラやストレスに安らぎをもたらす フローラル系の女性らしい香りで、女性らしさや艶やかさをもたらす
ブレンド ラベンダー カモミール スイートオレンジ ティートリー パチュリ マジョラムスイート スイートオレンジ ラベンダー ベルガモット サイプレス フランキンセンス マンダリン グレープフルーツ ヒノキ クラリセージ サイプレス マンダリン ゼラニウム
解決できること 手足の冷え 便秘 肩こり アレルギー めまい イライラ 憂鬱な気分 頭痛 気分の抑制 孤独感 むくみ 肌荒れ おりもの 下腹部の痛み 乳房の張り
  購入方法は女子のおまもりの専用サイトのページの最後で商品を購入することができます。 今だけの特別価格ですので、早めに購入することをおすすめします。