【私と香り】香りのある日常

日々の暮らしの中に香りがあるととても気分がいいものです。香りというものは心を穏やかにしてくれ、その結果生活自体に潤いが生まれます。
心身のバランスを取る時にも役立つ香りを生活に上手に取り入れてみましょう。

部屋ごとで異なる香りを

私は自宅の部屋ごとに香りを使い分けています。まず始めは玄関です。こちらは毎日外出時に必ず通り、来客があった際など家族以外の人も立ち寄る場所です。

この場所には自作のルームフレグランスを置いています。お気に入りのアロマの精油数滴を少量の無水エタノールに混ぜ、グリセリンを垂らし竹串やリードスティックを挿したら完成です。
とても簡単ですが、人工の香りとは違う天然の香りが玄関中に広がります。

初めての方もお見えになる玄関、ふわっと香る素敵なオリジナルルームフレグランスでお迎えするのはいかがでしょう。

リビングでのフレグランス

リビングは一番広い部屋なのでしっかり香らせたい場所です。しかし家族全員が集まる場所、それぞれの好みの香りや苦手な香りがあると思います。
今はリビングとダイニング、キッチンがつながっている間取りも多いので、その点も気を付けたいですね。

我が家は、リビングには家族全員が好きなフローラル系のリードディフューザーを置いています。ローズ系の香りならば嫌いな人はあまりいないと思います。

しかし香らせすぎはNGです。どこの部屋でもいえることですが、ふわっと香る程度がベストです。リードディフューザーはリードの本数で匂いの調整ができるので、初めは1本から入れてみるといいですね。
市販のものはリードスティックとフレグランスオイルが一緒に売っているものがありますので、手軽に香りを楽しむことができます。

オイルがなくなったらオイルの詰め替え用が売っていますので、経済的にも環境的にも優しいです。

キッチンでのフレグランス

キッチンの嫌な臭いにはハッカ油を使っています。リビングのフローラルの香りと混ざり合っても喧嘩しません。それでいて排水溝の臭いを消してくれる優れものです。

寝室でのフレグランス

続いては寝室です。寝室には入眠効果の高い香りがおすすめです。
カモミールやラベンダーなどのハーブの香りはベッドルームには大変おすすめの香りです。ラベンダーは副交感神経を優位にし、高まった気持ちを鎮静させる効果があるます。カモミールにも神経を鎮静させる効果が期待できます。または柑橘系の香りも心を落ち着かせてくれます。オレンジに代表される柑橘系の香りは嫌いな人はいないのでは?というくらい、生活に密接な香りです。

私はアロマで作ったリードディフューザーで、ラベンダー&オレンジを香らせています。寝つきの悪い主人もぐっすり眠れているようです。

トイレでのフレグランス

トイレにはペパーミントの香りです。いかにもトイレの芳香剤、の類の香りが苦手なので、ペパーミントやレモンなどさわやかな香りを定期的に交換しながら楽しんでいます。

ペパーミントには消臭効果もあるので一石二鳥です。ここは狭い空間なのでアロマストーンに3滴ほど垂らして香らせます。トイレに入った瞬間のさわやかなミントの香り、大好評です。 

洗面所でのフレグランス

じめじめしがちな洗面所にもさわやかな香りを置きます。ユーカリやティートリーなどのハーブ系がおすすめです。ここも広さはそれほどないので、アロマストーンで楽しみます。アロマの自然な香りでも香らせすぎると不快に感じることがあります。香りを楽しみたい空間の広さを考えて香らせる方法を選んでいます

 

リードディフューザー、アロマストーンのほかに、コンセント式ディフューザーや広い空間には超音波式ディフューザーも手軽に使えていいと思います。

市販の芳香剤でもたくさんの種類があるので自分のお気に入りの香りを見つけて、香りのある暮らしを楽しむようにしています。