【私と香り】"おもてなし"としてのルームフレグランス

「今日はなんだかいつもより疲れたな」「眠たいのに布団に入っても眠れない」そんな日はアロマの香りを感じながらリラックスしてみてはどうでしょうか。

フレグランスと暮らし

日々の生活にフレグランスを取り入れるようになって、心が穏やかになる時間がなんだか増えた気がします。

もともと香りや匂いが好きで、人の香水や部屋の匂いなど「お気に入りの香り」というものがなんとなくありました。
特に、いつも行っている美容院で最後につけてくれるワックスの香りがとても好きでした。
柑橘系のさわやかな香りで「おしゃれな人」ってイメージの香りでしたね。
「わたしの好きな香りって甘いお花系のものではなくて、柑橘系や植物の香りなんだな」と気づいたきっかけでもあります。

 

ルームフレグランスとの出会い

自分の好きな香りを部屋でも楽しみたいなと思いルームフレグランスを探しにいくと、想像以上にたくさんの種類の香りが並んでいました。
フレグランスに関する知識などは全くありませんでしたが、自分の好きな香りを選ぶだけなので、お店で選ぶのもとても楽しいですよ。

柑橘系の香りが好きな私の1番のお気に入りは「ゼラニウム」の香りです。
柑橘系といってもゼラニウムはお花なのですが、すっきりとした香りが特徴で寝る前などにリラックスできるため気に入っています。



フィリピンやインドネシアなどの地方が原産の「イランイラン」という植物の香りも、好きな香りのひとつです。1日の終わりにこの香りをかぐと、「今日もよく頑張ったな」という気持ちになります。

このように自分のお気に入りの香りは心をリラックスさせてくれたり、癒してくれたりするのですね。もちろん人それぞれ好きな香りは違うので、お気に入りの香りを探してみるのも楽しみ方のひとつですよ。どんな香りが好きかわからない方は、ふだんの生活の中で「この香りすきだな〜」と感じたときのことを思い出してみてください。 

ルームフレグランスは「おもてなし」の一つ

お友達が家に来るときなどには、ルームフレグランスでお部屋を素敵な香りにしておくのもオススメです。
「おもてなし」のひとつとしても使うことができますよ。



私がおもてなしのときに使う香りは「ラベンダー」や「ローズ」などの優しい香りが多いです。
ラベンダーの香りはリラックス効果が高いという研究結果もでているので、お部屋でゆっくりお話をするのにもぴったりだと思います。ふわっと香る程度にしておけば、嫌がる人もいないと思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

また最近では香りはもちろんのこと、見た目もおしゃれなフレグランスがたくさん発売されています。リードディフューザーは飾るだけでもインテリアになるのでおすすめです。私はトイレの小さな棚に置いているのですが、香りも見た目もワンランクアップした雰囲気になるのでとても気に入っています。値段もお手頃なものが多いので、いろいろな香りを試しながら新しい香りを発見するのも楽しみ方のひとつかなと思います。 

癒しの時間にルームフレグランスを

仕事や家事などで普段から忙しくしている人こそ、「癒しの時間」は必要ですよね。ルームフレグランスのよいところは空間ごと香りで包んでくれるので、その場所にいるだけで落ち着いたり、ホッとした気持ちになれるところです。

私が特に好きな時間は、お風呂からあがった後に少しライトを暗くして、ストレッチをしながら好きな香りに包まれるときです。心も体もリラックスできて、すっと眠りにも入れるのでとてもおすすめですよ。



また、アロマディフューザーを使えば、そのときの気分にあわせてアロマを変えるだけでいろいろな香りが楽しめるので、日によって違う香りにしたい方には良いかもしれません。自分のお気に入りの香りをみつけて、フレグランスのある生活をぜひ楽しんでみてくださいね。