アロマキャンドルの正しい使い方を紹介!初心者でも長く楽しめる!


リラックスやリフレッシュする時にアロマキャンドルを使いますが、火をつけるだけでなく、意外と奥が深く正しい使い方を知っているだけ長く利用することができます。

また、アロマキャンドルは火を使うため安心安全に気をつけて、火事や火傷にも注意が必要です。
アロマキャンドルを安心して楽しむ正しい使い方についてご紹介します。

アロマキャンドルの正しい使い方①準備

アロマキャンドルには容器に入っていないピラーキャンドルとグラスなどに容器に入っているキャンドルががあります。

グラスなどに入っているものはそのまま利用することができますが、自立式のピラーキャンドルを利用するにはプレートやグラスを土台にします。

そして、アロマキャンドルを使う際にもっとも大事なことは「平らなところにおいて使用する」と「風が直接当たらないところに置く」です。
平らなところに行いと倒れる可能性があり、火事になる危険性もあります。

また、エアコンや扇風機の風が当たると、炎がなびき、煤(すす)が出やすくなります
片側から風が当たることで芯が倒れて燃えるので、片側だけワックスが溶けてしまうため、平らで風が当たらない場所で利用しましょう。

芯の長さも調整が必要で、長い場合にはハサミでカットし、短い場合は芯の周辺のワックスを削ります。
基本的には5-6mmがベストで、長くても1cmまで大丈夫と言われていますが、1cmだと結構長く感じます。

アロマキャンドルの正しい使い方②着火

アロマキャンドルへの着火はチャッカマンやライターなどで行います。
着火は芯の先っぽではなく、根元に火をつけるようにしましょう。

初めてキャンドルを使用する際はワックスが溶けたときにできるプール幅(液溜まり)をしっかりと広げるため必ず1時間以上使い、できれば2-3時間以上燃焼させるのがベストです。

プール幅が広がらないと、次回使用するときも同じ幅になり、真ん中だけどんどんワックスが溶けていき、アロマキャンドルの消耗が早くなります。

また、燃やしている最中は芯をまっすぐに立てることで満遍なくワックスが溶けて、長く使用することができます。

アロマキャンドルの正しい使い方③消化

キャンドルの炎を消し方は息を吹きかけて消すのが一般的なイメージです。
これはお誕生日ケーキのキャンドルの火を消す際に息を吹きかけるので、その印象が強く残っています。

しかし、アロマキャンドルやインテリアのキャンドルでは、息を吹きかけて消すのはNGです。

1つ目の理由はプールに溜まった溶けたワックスが飛び散り、最悪の場合は顔が火傷することもあります。

2つ目の理由は煙が立ち、焦げ臭い匂いが充満するためです。
アロマキャンドルは燃やしている最中もですが、消した後もお部屋に香りが残りますが、消し方を間違えると煙が充満してしまい、せっかくのアロマの香りと混じってしまいます。

正しい消し方はピンセットやキャンドルディッパーを使用して、芯の先端をつまんだり倒したりして、芯の先端をプールに溜まった溶け出したワックスに浸します。

この消し方をすると煙も経たず、綺麗に消火することができます。
火を消した後は必ず芯をまっすぐ立てましょう。

キャンドルは灯して消しての単純作業が多いと思いますが、お手入れをすることで長期間利用することができるようになります。
火事や火傷などに気をつけて安心安全に利用しましょう。



関連記事