アロマキャンドルの人気の「バニラ」の特徴やおすすめ商品を紹介


アロマキャンドルは今や私たちに癒しを与えてくれるツールとして、マストアイテムです。

リードディフューザーやルームスプレーなど様々な香りツールがある中で、アロマキャンドルは特にリラックス効果が高い商品です。

今回はそんなアロマキャンドルの魅力と、バニラフレーバーのおすすめアロマキャンドルを3つご紹介します。

アロマキャンドルとは

アロマキャンドルとは、その名の通り火を灯して香りを楽しむフレグランスツールです。

ワックス部分に精油または合成香料を含んでいるため、そのまま置くだけでもほんのりと香りが漂う商品が多いです。

合成香料よりも天然精油を使用したアロマキャンドルの方がより高いアロマセラピー効果を得られますが、香りが飛びやすく高価な傾向にあります。

アロマキャンドルの効果

今や香りツールは様々ですが、そんな中でもアロマキャンドルは、高い人気とアイテムです。

アロマキャンドルには、香りから得られるリラックス効果の他に、視覚的なリラックス効果も期待できるというメリットがあります。

例えば電車の揺れや森のざわめき、川のせせらぎなどを見聞きした時に何となく心が落ち着くのと同じで、キャンドルのゆらめく炎にはこれらの現象と同じ効果を得ることができます。

これらの「揺れ」の現象は「揺らぎ」と呼ばれ、揺らぎはリラックスした時に現れる脳波(α波)とよく似ています。

ユラユラと一定の規則性があるにも関わらず、時に不規則に揺れる炎を見つめることによっても、リラックス効果はアップします。

バニラの特徴

バニラの香りと言えば、バニラエッセンスを思い浮かべる方も多く、アイスクリームやパウンドケーキなど、お菓子作りには欠かせない香料です。

バニラ=植物というイメージはあまり強くありませんが、バニラはマダガスカル・インドネシア地域で栽培されている、つる性の植物です。
果実の部分を抽出し、乾燥・発酵させることであの特有の甘い香りが得られます。

バニラ精油に含まれる香り成分「バ二リン」は、私たちの心と体に有効に作用します。

代表的なものは、優れたリラックス効果で、お菓子を彷彿とさせるあの特徴的な甘い香りを嗅ぐことで、怒りやフラストレーションを鎮めることができます。

その結果、緊張やストレスが緩和され、幸せな気分をもたらし、不眠対策にも有効です。

また、女性には嬉しい生理不順のお悩みにも有効とされています。
遅すぎたり早すぎたりといった生理周期の乱れを改善する作用があり、鎮痛作用から生理痛の緩和も期待できます。

アロマキャンドルの使い方

アロマキャンドルを最大限に楽しむコツについてお伝えします。

バスタイムで活用する

一通り体や頭を洗い終わった後、バスタブに浸かる時間を、極上のリラックスタイムにするために、安定した場所にキャンドルを設置してから火を灯し、さらに浴室の電気をOFFにすることで、香りとキャンドルのゆらめきを最大限に感じることができます。

一週間の労働を終えた自分へのご褒美などに、いつもよりも贅沢なバスタイムに最適です

ヨガ・瞑想に活用する

例えばヨガや瞑想といった、自分をリセットする習慣がある方は、その行動とセットで使ってみましょう。

一日の始まりの爽やかな空気の中で…仕事がひと段落したタイミングで、または帰宅してから薄明かりの中で…と、ご自身のタイミングで「非日常感」を得ることができます。

精油の香りが乱れた呼吸をゆっくりと整え、集中力ややる気を高めてくれます。

おすすめのバニラの香りのアロマキャンドル3つ

リラックス効果の高いアロマキャンドルを3つご紹介します。
どの香りも「バニラ」の香りを取り入れているため、疲れを取りたい時にはピッタリ!の商品です。

店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。
なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【キャンドルベリー】フレグランスローソク バニラ

まるでスイーツショップにいるような、美味しそうな香りが空間を満たすアロマキャンドルです。
トロッととろけるキャラメルをかけたバニラ味のクラムケーキを再現したフレーバーです。

【LA BELLEFÉE】アロマキャンドル バニラ

100%天然成分で、高品質なソイワックスを使用したアロマキャンドルです。
煙が少なく、お子さんやペットのいるご家庭でも安心です。

プレゼントにも最適な、上品なバニラの香りです。

【サボン】グラス スウィートバニラ

繊細なデザインがおしゃれなグラスで、香りも空間もゴージャスにインテリアを楽しめます。

 

バニラ×アロマキャンドルの組み合わせは最強のリラックスツールと言えます。
ぜひ皆さんも、バニラの香りを楽しめるアロマキャンドルを活用してください!



関連記事