精油の相棒、キャリアオイル・植物油・ベースオイルとは?


精油について勉強や調べごとをしていると「キャリアオイル」「ベースオイル」「植物油」などの言葉を目にすることがあります。
これらは精油ではありませんが、精油を使用するときにとても大事なアイテムです。

精油の相棒のキャリアオイルについてご紹介します。

「キャリアオイル」「ベースオイル」「植物油」とは

「キャリアオイル」「ベースオイル」「植物油」は呼び方は違いますが、意味はほぼ同じです。

キャリアオイルの名はCarrier=運ぶ、という名が由来で、肌の奥に精油成分を運び、浸透するのを助けてくれます。

基剤であるためベースオイルとも呼ばれます。
精油の「基剤」とは吸収をよくしたり、皮膚の保護・刺激・冷却などの作用をします。

精油は芳香成分が高濃度で含まれるため原液では刺激が強く、肌に直接付けるのは危険なので、肌に塗る際は「基剤」と呼ばれる油脂で薄めて使いましょう。

キャリアオイルの特徴

キャリアオイルは植物の油脂でできた植物油、常温で固形の油脂、バターなどに区分できます。

植物からの油脂ですが、不発揮性で精油とは異なった化学成分で構成され、異なる性質を持ちます。
油脂にはビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、不飽和脂肪酸など美容や健康に有効な成分が多く含まれています。

精油はキャリアオイルに安易に溶けます。

キャリアオイルの抽出方法は、植物を直接絞って採取する圧搾油や、花などの原料植物を他のオイルにひたす浸出油(インフューズドオイル)などがあります。

キャリアオイルの種類

キャリアオイルは3つの種類に区分でき、目的別に使い分けましょう。

  1. 香りが薄く粘度の低いタイプ
    →ホホバオイル、アルガン、マカダミアナッツ
  2. 効果的な特性があるが、香りが強い、粘性が高い、色が濃いなどの理由で1のオイルとブレンドするタイプ
    →アボカド
  3. 1の香りが薄く粘度が低いキャリアオイルに薬用植物を温浸法で浸出したタイプ
    →セントジョンズワート、カレンデュラ

キャリアオイルの使い方

精油とブレンドする際は精油との使用量の割合を守ることが大切です。

  • フェイス用は植物油30mlに対して、精油は3滴以内
  • ボディ用は植物油30mlに対して、精油は6滴以内

キャリアオイルの注意点

キャリアオイルの保存方法は種類によって保存期間が異なりますが、密閉容器に保存して、光、高温、酸化、水分を避けます
酸化したキャリアオイルは皮膚に大変悪く、不快な酸化臭がします。

酸化が早いものがあるので、早めに使い切りましょう
子供には精油を使わず、刺激の少ない植物油のみで行いましょう。

「キャリアオイル」「ベースオイル」「植物油」の説明ですので、精油とともに使いましょう。



関連記事