アロマオイルと精油の違いは?知っておきたいポイント


ルームフレグランスや芳香剤やアロマなどを始めるにあたり、馴染みのない言葉がたくさんあります。

いざアロマについて調べたり、お店に行った時も色んな名称があり、「何を買えばいいんだろう」と悩む方も多いと思います。

その中でももっとも分かりにくいのが、「アロマオイル」「精油」「エッセンシャルオイルの3つの言葉の違いです。

使い方や中身を知らずに利用していると期待した効果が得られないばかりか、思わぬトラブルを招くこともありますので注意が必要です。

「アロマオイル」「精油」「エッセンシャルオイル」の違いについてご紹介します。

アロマオイルとは

アロマオイルを「ナチュラルな香りで癒されるもの」「体に良さそう」とイメージしている方も多いですが、アロマオイルはたくさんの種類があります。

アロマとは日本語にすると「香り」を意味しており、「香り」がする「オイル」の総称を「アロマオイル」と言います。

そのアロマオイルは天然タイプと合成タイプの二つに分けることができ、この二つは香りの感じ方や用途が全く異なります。

天然のアロマオイルはアロマテラピーで使われる精油のことです。
精油とは自然の植物から抽出した香りのエッセンスのことで、これを英語にしたのがエッセンシャルオイルです。

つまり、「精油」と「エッセンシャルオイル」は同じもので、言語が違うだけです。
なお、アロマテラピーの業界内やアロマ経験者の中では精油が一般的な呼び方で、消費者に販売するときにはエッセンシャルオイルと呼ぶことが多いです。

「精油」=「エッセンシャルオイル」

精油の一番の特徴は「100%天然成分」であるということです。

人工的に作られて香料、水、アルコールなどは一切含まれておらず、植物の花、葉、果皮などに含まれる香りの成分だけを集めたもので、100%天然で純粋なものをさします。

精油には油という文字が含まれていますが、オリーブオイルやごま油のような「油脂」とは全く異なります。
精油とは植物が作り出した天然の化学物質(有機化合物)がいくつも集まってできたものです。

精油とは植物からほんのわずかな量しか取れない貴重なもので、精油1キロを抽出するために必要な量はラベンダーは100-200キロの花穂が必要、ローズは3-5トンの花が必要と言われています。

精油には数十から数百種類もの香りの成分が絶妙なバランスで含まれていて、人工的に作られた香料では決して真似できない、繊細な香りを楽しむことができます。

精油はいい香りがするだけでなく、原料となる植物の種類によって「リラックス」「虫除け」「抗菌」など様々な働きが期待できます。

しかも品質が確かな精油はアロマディフューザーで香りを楽しむ他に、お風呂やマッサージや掃除や手作りコスメなどたくさんの使い方ができ、美容や健康に役立てることができます。

注意点は精油は植物の成分が高濃度で凝縮されたもので、原液のままでは刺激が強すぎることがあります。
お風呂や肌に使う場合は植物油などで低濃度に薄めてから使うようにしましょう。

合成アロマオイルとは

合成アロマオイルとは人工的な合成香料を含んだオイルのことで、アロマオイル、フレグランスオイル、ポプリオイルなどの名称で販売されています。

石油系の原料から人工的に作られた合成香料や精油に合成香料やアルコールなどを混ぜたものがあります。
一般的に100円ショップで販売されているアロマオイルは合成香料です。

合成のアロマオイルは天然のアロマオイルと違って、簡単に作ることができるため、安価で購入することができます。
しかし、人工的に作られたものなので、香りをキツく感じたり、不自然に感じることもあります。

合成のアロマオイルはあくまでも香りを楽しむフレグランスで、精油のような心身への働きや効果は期待できません。

もちろんいい香りを嗅ぐことで心をリラックスすることはできるのですが、天然のアロマオイルの方がリラックス効果が明らかに高いです。
また、防菌や虫除けなど植物がもつ効能は合成アロマオイルには期待できません。



合成のアロマオイルには香料の他に色々な添加物も含まれているため、基本的にはお風呂に使ったり肌に使ったりすることができません。

合成のアロマオイルはあくまでの香りを楽しむために作られて「芳香用」で精油と同じような使い方はできません。

天然と合成のアロマオイルの見分け方

香りを楽しむだけなら天然でも合成でも問題ありませんが、健康や美容のために利用する場合は100%純粋な精油を使う必要があります。
ただ、最近では精油と見た目がそっくりな合成アロマオイルも販売されており、見分けがつきにくくなっています。
見分けるポイントは3つあります。

ラベル(精油・エッセンシャルオイル)

天然のアロマオイルにはラベルに「精油」「エッセンシャルオイル」と記載があります。
「精油」または「エッセンシャルオイル」の表記がなく、ただ「アロマオイル」と記載のあるものは合成アロマオイルです。

ラベル(学名)

学名とは植物につけられる世界共通の名前で、植物由来の精油には必ず学名が記載されています。
合成のアロマオイルの場合は植物を原料にしていないため、学名の表記はありません。

価格

精油と表記があっても、価格が安すぎるものは合成香料やアルコールが混ざっている場合もありますので注意が必要です。
判断軸として、ローズやジャスミンなどの花から採れる精油が安いと合成香料の可能性が高いです。

また、全てのアロマオイルが同じ価格で販売されている場合も注意が必要です。

「アロマオイル」は香りのついたオイルの総称であり、天然と合成に分けることができます。
天然のアロマオイルが「精油」であり、「精油」と「エッセンシャルオイル」は言語が違うだけで、意味や内容は同じです。

これからは「アロマオイル」「精油」「エッセンシャルオイル」の意味を理解した上で、使用や購入をしましょう。




関連記事