精油(エッセンシャルオイル)の使用期限について


精油はいつまでも使用できると思いがちですが、精油は植物からできているナマモノです。
実は精油には食べ物の賞味期限と同じように、安全に使える期間の目安があります。

使用期限が過ぎた精油は香りや効果が損なわれるだけでなく、心身に悪影響を及ぼす可能性もあります。

この記事では精油の使用期限についてご説明します。

精油(エッセンシャルオイル)の使用期限

市販されている多くの精油は雑貨扱いのため化粧品や薬のような使用期限の法的な決まりはありません。

ただ、精油は100%天然のもので、保存料なども使われていないので、製造後は時間の経過とともに品質が変化、つまり劣化します。

そのため、精油にはアロマテラピーとして安全に使うことのできる目安としての使用期限があります。

使用期限は未開封の場合と開封後では大きく異なりますが未開封の場合は2-5年、開封後は6ヶ月-1年です。
柑橘系の精油は酸化しやすい成分を多く含んでいるため、劣化するのが早いです。

精油の中にはサンダルウッドパチュリなど年月を重ねるほどに香りが熟成されて、質がよくなるという稀な特徴を持つものもありますが、一般的に精油は一度開封すると空気に触れて劣化が進みます。

使用期限に関わらず、できるだけ新鮮なうちに使い切ることを心がけましょう。

また、使用期限内でも香りや色に違和感のある場合は劣化のサインですので、アロマテラピーの目的に使えるのは控えるようにしてください。
使用期限を分かりやすくするために、開封日をラベルなどにメモ書きするといつでもチェックすることができます。

使用期限が過ぎた精油(エッセンシャルオイル)

精油の使用期限はあくまでも目安で期限を過ぎたからといってすぐに使えなくなるわけではないです。
ただ、使用期限が過ぎた精油をマッサージ、アロマバス、手作りコスメなどの肌に触れる使い方はNGです。

期限切れの精油は成分が変わってしまったり劣化している可能性があり、肌に使うと思わぬトラブルを引き起こす危険性があります。
また、精油の成分が変わってしまうと、芳香浴でもアロマテラピーの効果が期待できません。

香りに大きな違和感がなければ、すぐに捨てるのはもったいないです。

ルームフレグランスとして楽しんだり、掃除や消臭などのハウスキーピングに活用しましょう。
手作りアロマディフューザーやアロマ芳香剤などを作ることで、利用することができます。

精油が増えてくると、精油ケースなどに保管することがオススメです。
精油を発売しているブランドがケースを販売していることも多く、木材で作られたケースは遮光性や密封性も高く、大切な精油を光や湿気から守ることができます。

created by Rinker
BES CHAN
¥2,199 (2021/06/13 14:19:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
GUIQI(グイキ)

精油(エッセンシャルオイル)はナマモノであるため、丁寧に管理し、開封後はできるだけ早く使用するようにしましょう。
精油を安全安心に長く使うためには管理を怠らないことが重要になります。



関連記事