精油の百科事典


精油には3,000種類以上あると言われていますが、どれも効果や効能を覚えるのが難しいです。
その中でも頻繁に使用したり、お店でよく見るのは50種類ぐらいです。

精油をより深く知りたい方や、アロマテラピーを勉強する方にとっては、それぞれの精油の特徴や効果効能を知る必要があります。
精油の特徴や効能について、紹介します。

精油の種類(五十音順)

それぞれのページに進むと、精油のプロフィールや活用方法を見ることができます。


精油の効果

精油には多くの作用や効果があり、日常生活で使われない言葉も使用されます。
代表的な精油の効果は一覧は下記です。

強心 心臓の強壮剤(刺激を活性化させる)
強壮 体のあらゆる機能を活性化させる
去痰 過剰な粘液を機関から排出する働きを助ける
駆風 鼓腸を減少させる、腸内のガスを取り除く
血圧降下 血圧を低くする
血圧上昇 血圧を上昇させる
血行促進 血液の流れをよくすること
解毒 毒性物質を中和する、または排出する
解熱 体を冷却させ、高い体温を低下させる
健胃 胃の不調を癒し、健やかにする
抗アレルギー アレルギー症状を軽減
抗ウイルス ウイルスを増殖を防ぐ
抗うつ 憂鬱を和らげる
抗炎症 炎症を抑える、鎮める
抗菌 バクテリアの増殖を抑制する
抗催乳 母乳の生産、分泌を抑える
抗酸化 酸化と闘う、予防する
抗真菌 真菌による感染症を軽減する
抗痙攣 痙攣やひきつけを予防や抑制する
抗生物質 抗生物質に準じた働きをする
抗微生物 微生物の増殖を阻止し、減少させる作用
抗ヒスタミン ヒスタミンの作用を拮抗する
抗不安 不安を鎮める
興奮 感情を高ぶらせる
昆虫忌避 昆虫を除ける
催淫 性欲を高める
催乳 母乳の分泌を増大させる
細胞成長促進 細胞の成長を促す
催眠 眠気を誘う
殺菌 バクテリア、細菌を殺す
殺虫 虫を殺す
殺真菌 真菌を殺す
弛緩 筋肉を緩ませる
子宮強壮 子宮を強壮にする
刺激 刺激活性化し、エネルギーを増進する
消化促進 消化を助ける
消臭 臭いを消す
循環促進 血液の循環を刺激促進する
食欲増進 食欲を高める
食欲調整 正常な食欲の状態に整える
自律神経調整 自律神経の機能を正常化させる
神経強壮 興奮を鎮める、神経を競争にする
神経バランス調整 自律神経のバランスを整える
組織細胞再生 傷ついた組織を再生させる
鎮痙 筋肉の痙攣を和らげる
鎮静 落ち着かせ、興奮を鎮める
鎮痛 痛みを和らげ、消失させる
通経 月経を誘発する
粘液溶解 粘液の流動性を高める
発汗 汗を出す
瘢痕形式 傷を治して、皮膚を滑らかにする
光感作促進 光による皮膚の炎症、色素沈着を促す
保温 ホルモンに似た作用
ホルモン調整 内分泌のバランスをとる
免疫促進 免疫機能を高め観戦しにくくする
リンパ刺激 リンパ系の働きを活性化する
冷却 冷たくして症状を鎮める

以上が精油の作用や効果でした。

精油のブレンド

香水やコロンを組み立てる時にノートを基本とします。
トップ、ミドル、ベースの各グループには特性、長所、短所があり、これらのバランスにより、ブレンド全体の雰囲気に影響が出ます。
基本的には発揮の速度に大きく関わります。

それぞれ気になる精油について調べてみましょう!



関連記事