【人気ルームフレグランスブランド】ディプティックの特徴や人気の秘密とは


おしゃれなデザインで一躍人気となったのがフランス発のディプティック(diptyque)です。
メンズ・ウイメンズで使えるユニセックスのルームフレグランスで、その中でもオード トワレとオード パルファンは特に人気があります。
またキャンドルも人気でインスタグラムなどでは、投稿する人も多いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿

ディプティックは1961年にパリで設立されたブランドで、キャンドルやフレグランスのブランドとして商品を販売しています。
2013年12月、東京・青山に日本1号店となる旗艦店をオープンし、ディプティック取り扱い店舗は日本に約10店舗あります。

ルームフレグランブランドのディプティックの特徴

ディプティックはフランス生まれのフレグランスとあって、上品に細部まで繊細にこだわっています。
幅広い年代から愛用されており、根強いリピーターもたくさんいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿

ディプティックが長く愛される理由や特徴は4つあります。

最高の香り

ディプティックが人気となった理由は「香り」です。
ルームフレグランスブランドとして、インテリアなどのデザインは重要ですが、「香り」でたくさんの人を虜にしました。

豊富な品揃えで商品のラインナップは年々増えており、今では約50種類以上あり独自のオリジナルの香りを生み出しています。
気分やお好みに合わせて香りを選ぶことができ、心地がいい芳醇な香りは心が穏やかになります。

たくさんの種類

品揃えが豊富で選ぶのが楽しくなります。
定番商品のグラスキャンドルをはじめ、オードパルファン・ボディーウォッシュ・シャワージェル・ルームスプレー等のアイテムがあります。
ルームフレグランスへのこだわりが強い方でも楽しんでアイテムを選ぶことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿

上品なボトル

ボトルのデザインがモノトーン系でお洒落で、リビングや寝室などを高級感を上品に演じています。
購入するとSNSなどで写真を投稿する人がたくさんいます。
インスタグラムなどで検索すると素敵な画像をたくさん見つけることができます。

キャンドルのグラスをインテリアに

キャンドルが入っているグラスをインテリアとして利用すること人がたくさんいます。
見た目がお洒落なので部屋に置いても違和感がなく、大きさもの3サイズあります。

植物の鉢や小物入れとして再利用している人がたくさんいて、キャンドルが終わってしまってもインテリアとしても工夫できるのが嬉しいです。
香りによってラベルの文字が変わりますので、いろんな種類を集めるのも楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿


ディプティックのラインナップ

ディプティックはフレグランスや香りが有名ですが、フェイス&ボディケアもあります。

クリスマスや母の日などの季節のイベントでは、限定品の販売や特別プロモーションも行われます。
ディプティックの主なラインナップは以下になり、基本的には男女兼用のユニセックスです。

グラスキャンドル

グラスキャンドルは定番商品として多くの人に愛用されています。
アロマキャンドルといえば、ディプティックと言っても過言ではなく、グラスを見たことのある人は多いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿

オードトワレ

キャンドルの次に人気となったアイテムで、定番の商品です。
約30種類もの香りがあり、自分に合った香りを見つけることができます。
「オードトワレ」とはフランス語で香りの「薄めの香水」を表します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

diptyque(@diptyque)がシェアした投稿

オードパルファン

種類は約7種類にあり、オードトワレよりも濃度が高く、香水と比較して濃度が低いです。
オードパルファンは香りの持続時間が長いのも特徴の一つです。

ソリッドパフューム(練り香水)

香りが柔らかく、アルコールフリーで香りが長時間香りを楽しむことができます。

ロールオンオードトワレ

収納に最適なスティック状で、先端の球体を肌に直接つけます。
コロコロ転がしてつけるタイプです。

ハンドクリーム

ハンドクリームの種類は少なく、ローズ系1種類のみです。今後は複数の香りが増えていくでしょう。

ディプティックのルームフレグランスのオススメ商品

ディプティックは楽天やアマゾンなどのオンラインショップか店舗で購入することができます。

アロマキャンドルは香りによって価格が異なり、一部の商品は海外から並行輸入しているものもありますので、販売サイトによって価格が異なることもあります。

(キャンドル)ベス

ディプティックの中でも一番人気のベスはフルーティ系のフレグランスキャンドルです。
カシスの葉(baies)とバラの花束の香りが生き生きとしたフローラルアクセントと一体となって漂います。

(キャンドル)テュベルーズ

南インドの広大な田園ではテュベルーズ(tubéreuses)の香りがしています。
すらりと伸びた長い茎の上からフルーティでミルキーなノートをほのかに含んだ爽やかなグリーンの趣も感じられます。

(キャンドル)フドブワ

ウッディ系の香りで、たきぎがぱちぱちと音を立て、薪は燻した濃密な香りとともにゆっくりと燃え尽きていきます。

(カーディフューザー)フィギエ

ディプティックのカーディフューザーは美しく賢いアイテムです。
ディフューザーを車の通風孔に固定して、イチジクの木のウッディな香りにイチジクの果実のかすかにフルーティーなグリーンのアクセントが重なります。

店舗での購入をする場合は

今回はディプティックの特徴やラインナップについて紹介をしていきました。

多くの人に愛用されている理由は高級感あるボトルのデザイン洗練された香り、豊富な種類などがあり、世界で愛されるブランドということがわかったのではないでしょうか。
グラスキャンドルの場合は使用済みなってもデザインがオシャレなため、グラスをインテリアにとして再利用している人が沢山います。

セレブ御用達のディップティックの香りを是非この機会に試してみてください。



関連記事