パルファン、オードパルファン、オードトワレ、オーデコロンのルームフレグランスの4つの種類


「香水」のラベルや説明をよく見ると、「パルファン」や「オードトワレ」や「オードコロン」など記載されていますが、難しい横文字で意味がわからない人も多いと思います。

この記事では香水の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

香水やルームフレグランスとは

香水は一般的には体につける香料で、英語ではフレグランスと言います。
そこから派生して、部屋に拡散させるものをルームフレグランスと呼ぶようになりました。

そのため、ルームフレグランスも香水の一種です。

香水は本来、蒸留水やアルコールで溶かしたり薄めていない原液の状態の物を指します。
この原液は価格も高く、一滴だけでも持続性が長く最高品質の香水として用いられます。
英語で “perfume” で、フランス語で “parfum”「パルファム」です。

香水の賦香率を表す言葉で、香水の種類としても用いられる
「パルファム」>「オードパルファム」>「オードトワレ」>「オードコロン」
がありますが、最高レベルの「パルファム」です。

パルファムに続く物には「オード (eau de) 」がつきます(オーデと表記する場合もあり)。
“eau de” とは「水の」と言う意味で、水溶性を意味するため、 “eau de” がつくものは、水分で薄めたものと解釈できます。

しかし、日本の薬事法によるによる規制がないため、ここではあくまで一般的な基準で、、各フレグランスメーカーや香水ブランドが独自に呼び分けることができます。

香水やルームフレグランスの種類

香水やルームフレグランスの呼び方には4つのタイプがあります。

  • パルファン/パルファム(parfum)
  • オードパルファン/オーデパルファン(Eau de parfum)
  • オードトワレ/オーデトワレ(Eau de Toilette)
  • オードコロン/オーデコロン(Eau de Cologne)

この4種類は「エタノール濃度」と「香りの持続時間」の差から生まれています。

上から順に「エタノール濃度」が高く、さらには「香りの持続時間」が長いです。
価格においても一般的には上から高くなっています。

表記 香りの持続時間 エタノール濃度(賦香率) 付け方のイメージ
パルファン Parfum(P) 5~12時間 15~30%
オードパルファン Eau de Parfum(EDP) 5~12時間 10~15%
オードトワレ Eau de Toilette(EDT) 2~5時間 5~10%
オードコロン Eau de Cologne(EDC) 1~2時間 1~5%

それぞれの目安の時間や特徴は上記になります。

留意点は、これらの4つの種類は法律などでの決まりではなく、それぞれのフレグランスブランドが、それぞれガイダンスやガイドラインを作成しているため、ブランドごとで内容が異なります。

フレグランス① :パルファム

パルファムは原液のため、香水のなかでも、最も香りが強く、周りにもしっかり香りを放っています。

いちばんエタノール濃度が高く高額な「パルファン」は濃度が15~30%とても高く、少量を付けるだけでもはっきりとフレグランスを感じることができます
香りの持続時間は長めで、5~7時間くらい香りが持続します。

注意点として、香りが強すぎるため付けすぎ厳禁な香水です。
香水は下から上に香る特性があるため、付けるときは腰や膝裏など下半身付近にワンプッシュで十分です。

フレグランス② :オードパルファム

パルファムの次に豊かな香りを放つオードパルファムは、EDPと表示されており、濃度が10~15%とやや高くなっています。

パルファムに比べると香りの強さや持続性は劣りますが、かすかに香る程度であればパルファムと同じく5~12時間ほど香りを持続することができます。

家を出る前に付けていくと、昼間は香りを感じられるというのがオードパルファムなので、何回も付け直すという必要もなく、香りの残りが強くなるのが特徴です。

ノートの変化を楽しめる香水としてオードパルファムは知られているので、付けすぎに注意しながら付けるようにすると一日中素敵な香りを感じることができるでしょう。

パルファムと同じくらいの量を付けることで、一日香りを感じられます。
手首にワンプッシュ程度で、「点」でつけるイメージが一般的です。

パルファムに近い特徴をもっているので、パルファムほどの濃度は必要ない場合に使われることもあり、価格はパルファムよりもリーズナブルなものが多くなっています。

フレグランス③:オードトワレ

オードトワレはEDTと表示され、濃度が5~10%で、香りの持続時間は2~5時間とされています。

アルコールの含有率が多いと揮発性も高くなるので、香りが飛びやすく(蒸発しやすい)、仕事に出かける際につけても、お昼過ぎでも程よい香りを楽しむことができます。

最上級の香り濃度を持つパルファムに比べてエタノールや水の配合が多くなるという意味合いを持っています。

一番ポピュラーで付けやすい香水になるオードトワレですが、香りの持続性はオードパルファムに比べると劣るので、香りの種類に合わせて付け方を変えてみるのもよいでしょう。

オードトワレは香りがきつすぎないため、香りによって気分も良くなりストレスを緩和するアイテムにもなる香水です。
気に入った香りは嗅覚を刺激して、脳をリラックスさせたり活性化させたりと、多くの作用を持っています。

ふんわり香るのが魅力的ともされているオードトワレ、付ける際には耳の後ろやうなじあたりに付けてみましょう。
血管が通っている箇所に付けることで、香りやすくしてくれます。また、腕やひじの内側もおすすめです。

2~4 プッシュ程度で「線」として付けるのが一般的です。
うなじなどより付けやすい箇所なので、自分で調整できるという点もおすすめと言えます。

フランス語で「トワレ」(Toilette)とは「化粧、身づくろい」という意味。そのためオーデトワレとは、直訳すると「化粧水」となります。

フレグランス④:オードコロン

オードコロンは、 EDC と表記され、香水のなかでも最も濃度が低くなります。
1~5%と、香りが1~2時間ほどしか持続しません。

かすかに香る程度の香水となっているので、香水初心者にとっては付けやすくておすすめです。
すぐに香りが消えてしまうという特徴があるため、オーデコロンはまめに付けても問題ありません。

数時間おきに付けやすい箇所に付けてみましょう。
うなじや手首、胸元などに付けると、かすかに感じるよい香りを表現できます。
やや多めに付けても香りがきつくなりすぎないので、安心でしょう。

外出時に香水として使うと言うより、気分転換したい時やスポーツ後、お風呂上がりにほのかに香りたい時に使用します。
数プッシュ程度の「面」で付けるのが一般的です。

「コロン」とは、どのような意味でしょうか。
意外にもコロンとは、ドイツの都市「ケルン」を指します。つまりオーデコロンとは「ケルンの水」(ケルン水とも呼ばれる)という意味。

「ケルンの水」=「オーデコロン」は世界最古の香水とも呼ばれており、ケルンに移住していたイタリア人調香師が1709年に製造しました。そのためケルン市は、オーデコロン発祥の地として有名です。

このケルン水は現在でもアロマテラピーで使用されるように、柑橘系の香りが軽く爽やかに香る程度です。
そのため香りをしっかりとつける香水、というよりも、リフレッシュしたい時やシャワーの後などにつける香りづけ、という感覚で使用できます。

香水には4つの種類がありますが、目的や用途によって最適な香水が異なりますので、それぞれの特徴を理解した上で選ぶようにしましょう



関連記事