精油を芳香浴で使用する方法!!ディフューザー・ルームスプレーなど


精油を体に取り入れる方法はマッサージや吸入など様々ありますが、芳香浴がとても有名です。

芳香浴にもディフューザーも用いたり、ティッシュやハンカチを用いるやり方など様々あります。
芳香浴の人気のやり方や方法をご紹介します。

精油の芳香浴

芳香浴は精油を空気中に拡散して、香りや効能を楽しむことで、心と体のバランスを整える方法です。
空気中に精油を拡散させる芳香浴は、アロマテラピーを楽しむもっとも定番な方法です。

電源式のディフューザーを使用することもあれば、ハンカチに1滴に精油を垂らして吸い込む方法もあります。
精油を空気とともに拡散させることで、嗅覚器と呼吸器から精油成分を簡単に取り入れることができます。

また、殺菌作用のある精油を掃除などに活用すれば部屋がスッキリします。

室内芳香器や身近な道具を使って簡単にできるので、家の中だけでなく、外出先や仕事場など、場所や目的によって色々楽しみましょう。

ディフューザー

ディフューザーは芳香器のことでたくさんの種類があります。

アロマディフューザーは超音波の振動を利用したり、内蔵されたファンを利用したりして香りを拡散させるディフューザーです。
精油の原液を入れ広い空間で香らせることができるのが最大のメリットです。

芳香浴専用のディフューザーの他にも、キャンドルの灯りで精油を発揮させるアロマポット、電気の熱を利用し殺菌効果のあるアロマライト、スティックをさすリードディフューザーなどがあります。

精油は引火性があって、熱にも弱いため、ディフューザーの使用をオススメします。

グッズを使う

素焼きの陶器や木製のタイプなどに精油を染み込ませて香りを拡散します。
電源を必要としないので、とても手軽に芳香浴を楽しむことができます。

狭い範囲ですが、ニオイが気になる玄関やトイレ、洗面所で使うとほんのり香りが漂います。

スプレー

精油と水を混ぜるだけで簡単なルームスプレーを作ることができ、空気中に噴いて香りを楽しみましょう。
携帯にも便利で、お気に入りの香りのブレンドができたら、旅先などでも携帯できます。

人に向けて使用しないように注意しましょう。
また、家具や布にスプレーをすると変色する場合があります。

ティッシュやハンカチ

精油をティッシュやハンカチに垂らしてそばに置くだけで、ほんのりといい香りが漂います。
普段使うハンカチやティッシュに好きな精油を2-5滴垂らして、手軽に香りを楽しむことができます。

香りを楽しめる範囲は狭いですが、とても便利で簡単です。
オフィスのデスクや就寝時の枕元に置いたり、持ち歩いて時々香りを嗅ぐなどできます。

風邪の時期にはマスクにスプレーすれば風邪予防にもなり、とてもおすすめです。
注意点はハンカチについた精油が服や枕カバーなどを汚さないようにすることです。

ディフューザーはアロマディフューザーの購入が必要ですが、他の方法はご自宅でも簡単に始めることができます。
それぞれのメリットデメリットがありますので、使用目的などに合わせて行いましょう。



関連記事