【花粉症に効く】精油のブレンドのレシピやアロマの活用の方法とは??


精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。

花粉症に効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

花粉症

体には体内に侵入したウイルスや異物と闘い、体を守るための免疫システムが携わっています。
このアレルギー反応が過剰になり、無害な物質まで反応してしまうのが花粉症です。

花粉症の代表的な症状が鼻づまりで、鼻が詰まると頭もぼんやりとして、日々の仕事や生活にも支障が出ます。

くしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状を改善するとともに、自律神経を整えるのにアロマテラピーを活用しましょう。

レモンの透き通るようなフレッシュ感ユーカリの苦味とグリーンさを兼ね備えた爽快感ペパーミントの鋭いハーバルグリーン、それらが一体となって鼻通りをよくし、スムーズな呼吸を促します。


上記のブレンドレシピは爽快感が強いため、より優しく柔らかさのあるブレンドもあります。

ティートュリーの優しく爽やかな印象とレモンのクリアなフレッシュ感が、フランキンセンスの落ち着いた香りと交わることで、温かい雰囲気になります。

吸入

花粉症の場合はユーカリやニアウリなどをガーゼに一滴落として直接肌に触れないようにガーゼマスクの間に挟み、香りを家具と症状の緩和につながります。
ユーカリ、ティートュリー、ニアウリなどではブレンドせずとも効果を実感できます。

鼻づまりを緩和するにはユーカリがぴったりで、ハンカチに落として香りを深く吸い込むと鼻がスッキリします。

手浴

お湯を入れた洗面器に精油を入れ、よくかき混ぜて手を浸します。

ブレンドした精油でハンドバスを行います。

芳香浴

お湯に入れたマグカップに精油を入れて、蒸気を吸い込みます
勢いよく吸い込むと咳を誘発する可能性があるので注意が必要です。

鼻をスッキリさせるにはユーカリの精油がおすすめです。

温湿布

お湯を入れた洗面器に精油を入れて、タオルを浸し、絞って首に当てます。

 

ブレンドも簡単にできます。

  • ユーカリプタス:6滴
  • スペアミント:5滴
  • ラベンダー:4滴
  • メイチャン:4滴
  • ミツロウ:小さじ1
  • ホホバオイル:大さじ2

みつろうとホホバオイルを湯煎して溶かしたら、精油を加えてよくかき混ぜてガラス容器等に移し保存します。
そして、鼻の下や鎖骨付近に湿布します。

ボディバーム

免疫力を高め呼吸器を整えるクリームを胸元に塗り、香りを吸い込みましょう
少量をとって胸元に塗り、立ち上る香りを嗅ぎましょう。

  • ラベンサラ:1滴
  • ペパーミント:1滴
  • ティートュリー:1滴
  • みつろう:4g
  • ホホバオイル:20mℓ

みつろうとホホバオイルを先に混ぜ、容器に入れて混ぜながら冷まします。
少し固まってきたら精油を加えて、固まるまで待ちます。

精油を活用して花粉症対策をしてみましょう。良くならない場合は病院など行くこともおすすめします。




関連記事