【お香の定番】HEM(ヘム)が初心者の方にもおすすめ!特にチャンダンが人気


どのお店のお香売り場にも置いてあるHEMはインドお香最高傑作とも言われているお香です。

お香を買いに行ったことのある人なら、絶対に見たことのあるパッケージです。

大人気のお香、HEMの魅力をご紹介します。

大人気お香のHEMのチャンダンの特徴

1983年にお香の本場インドで創業したお香のトップブランドHEM(ヘム)です。
お香と言えばインドのHEMというくらいに世界的に有名なトップブランドで、日本でもインド香のシェア率No.1のブランドです。

六角形の長細い箱のものは、すべてHEMだと勘違いする人もいるくらい、誰もが見たことあるパッケージです。
アジアン雑貨屋さんなど、スティックタイプはほとんどがHEMで占めているのをよく見かけます。

そのため、知らず知らずのうちにもお香と言えばHEMとイメージを持つ人も多いです。

HEMのお香はインドのムンバイとバンガローの最先端製造施設で作られていて、インド古来の伝統製法により残り香まで楽しめる高品質な香りが世界70カ国以上で愛されています。

HEMの商品の中でチャンダンが圧倒的人気商品です。
チャンダンとは日本語で「白檀」のことで、白檀はお線香でもおなじみの香りなので、日本人にもなじみ深い香りです。
英語では「サンダルウッド」でアロマ好きな方ならよく知っている香りです。

HEMのお香はインド香らしいエスニックさも残しつつ万人受けしやすい優しい香りのものが多く、種類も200種以上と言われています。
気分やシーンに合わせて、ぴったりの香りに出会えます。

HEMのチャンダンのお香の魅力

リーズナブルな価格と種類の多さはもちろん、その香りの良さにお香の初心者さんからお香マニアの方まで幅広く魅了しています。

チャンダンは古くから人々に愛されてきた植物でスリランカでは100年以上も前から知られています。
チャンダンの香りには、死者の魂を自由にする力があるとされていて、インドや中国などで宗教儀式の際に利用されます。

日本でもこの香りには寺院やお参りする時をイメージされる方は多いと思います。
香りと空間に、なんとなく神聖さ高貴さを感じたことがあるかもしれません。

チャンダンには、鎮静作用もあるため、瞑想時や睡眠前のリラックスにもとても効果がある香りです。
また、リラックスや安心感に加え、どこか妖艶な香りが男女の仲を親密にし、不妊にも効果があるとされています。

HEMのお香の人気商品

HEMはお香の中でも人気商品でその中でも特に人気のある3つの香りを紹介します。

店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。
なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【HEM】お香 チャンダンコーン

世界で一番売れているお香がチャンダンで、HEMの不屈の名作、圧倒的な人気のお香です。

お香はチャンダンに始まりチャンダンに終わる、とも言われるほど愛されています。
白檀を中心にブレンドされたお香なので、ウッディで甘い香りです。

エスニックな雰囲気も出しつつ、上品な香りは熱烈なファンも多く、お香初心者から様々なお香を試したマニアまでを魅了しています。
もし、一度も試したことがないという方がいたら、全力でお勧めするほど人気の定番商品です。

【HEM】お香 ムーン

月の癒しをイメージしたお香で、すっきりと穏やかで少し甘みのある香りです。

ベビーパウダーのような柔らかさと、オリエンタル系の重みのある香りが夜の静寂を醸し出すので、精神がすーっと静まるようなイメージです。
香り自体の癖が強くないので、初心者さんにもおすすめです。

一度使うと虜になる人も多く、一日の終わり、就寝前やリラックス時に利用されている方が多いです。

【HEM】お香 ホワイトムスク

強く甘い香りに、しっかりとチャンダン系の香りで人気のホワイトムスクで石鹸や芳香剤などのムスクとは違い、非常に上品で、エスニックな雰囲気のホワイトムスクです。

古来、うつ病や精神的疾患を持った人々にムスクの香りを嗅がせることで心を落ち着かせ、ポジティブにするということが行われていました。
ムスクの香りは、心を晴れやかにしてくれるので入浴中やリラックス時にもぴったりです。

また、強すぎず違和感のない爽やかな香りなので初心者さんにも焚きやすいです。

あらゆるお香を焚いてきた人も納得の高品質、定番中の定番であるHEM チャンダン。
今までなんとなくでお香を選んでいた人も、これから選ぶ人もきっとお気に入りの香りに出会えるはずです。

リラックスしたいとき、気分転換したいとき、集中したいとき、恋人と過ごすとき、様々な気分やムードに合わせて日常に取り入れてみましょう。



関連記事