精油の代表的な4つの使い方


精油は体に取り組むことで心身的な効果が発揮されますが、効果を最大化させるためには正しい使い方が必要です。
精油の代表的な4つの使い方について紹介します。

吸入

吸入の方法にはいくつか種類があります。
簡単に香りを楽しめるアロマライトやアロマポット、精油の原液を拡散するディフューザー、体内に自然と入ってくる蒸気吸入などの方法です。

アロマライト

インテリア性が高いものや、照明として利用できるものなどが多く、寝室で間接照明として利用されることが多いです。

アロマポット

精油皿に数的の精油を垂らし、キャンドルで温め香りを拡散させます。
拡散力が強く一気に香りが広がりますが、火を使うため子供やペットのいる家庭には向いていません

 

ディフューザー

ディフューザーはたくさんの種類やデザインがたくさんあります。
一般的には電気を用いて香りを拡散させます。

蒸気吸引法

洗面器や桶などに精油を数的垂らし、蒸気として上がってくるアロマの香りを楽しめます。

マッサージ

アロマを皮膚から体に取り入れる時にはマッサージを用います。
アロママッサージにはスキンケアの効果だけでなく、筋肉のコリやリンパの滞りの改善、気になる部位の引き締めなどの効果があります。

マッサージは「さする」「揉む・握る」「押す」「叩く」の4つのやり方があります。
部分的なマッサージには、アロマオイルをつけてから「さすり」、「揉む・握る」「押す」をすると肌に馴染みます。

注意点は感染症や熱がある時、捻挫や骨折をしているはマッサージを避けましょう。

入浴

精油を用いた入浴やハイドロセラピーは病気や治療や健康維持などで世界中で人気です。
鎮痛、循環促進、疲労回復、リラクゼーション、老廃物を排除する働きがあります。

皮膚の温度が上がると精油の吸入がよくなるため、38度以上のお湯に精油を数滴垂らして、10分以上入浴すると効果が出ます。

精油は水には解けない特徴があるため、皮膚刺激のある精油は必ず希釈しましょう。

湿布

精油を使用した湿布は応急措置や部分的な痛みを和らげるため、ご自宅でも簡単に使用することができます。

湿布には様々な種類があり、期待できる効果も異なります。
温湿布は慢性的な痛みを和らげるのに効果的で、
冷湿布は捻挫や打ち身に有効です。

ご自宅でのアロマ湿布の作り方は、50度ほどのお湯にアロマを数的垂らし、精油が水面にひろかっがたら、小さな薄めのタオルで精油を吸い取ります。
そして、軽く絞り、体に湿布として当てます。

他にもうがいもでは口内炎対応や歯磨きや喉の炎症などでうがいでアロマを使うことがあります。
風邪のひき始めや予防に役立つます。




関連記事