インテリア・部屋のイメージ・キーワードにあった精油や香りを選ぶ方法


お部屋にルームフレグランスやアロマで香りを楽しみたいときに、インテリアやイメージとマッチさせるとより素敵な空間になります。

演出する空間のインテリアスタイルに合わせて香りを選択する方法についてご説明します。

インテリアのイメージと精油

インテリアスタイルは空間の色調や家具や雑貨などによって、「都会的」「明るい」「自然」「日本らしい」「重厚感がある」「フェミニン」などの様々なスタイルがあります。

エレガント×精油

優雅さや上品さを醸し出すインテリアスタイルで、フェミニンな雰囲気が漂います。
子供っぽくさはなく、成熟した上品な空間で、全体的にバランスよくまとまった印象です。
このようなインテリアスタイルには、華やかさがある香りが似合います。

カラー

ピンク
素材 木材
コットン

レース
イメージ 気品がある
大人
上品
繊細
フェミニン
精油 イランイラン
ゼラニウム
ベルガモット
ローズアブソリュート

 

クラシック×精油

ヨーロッパの古典様式を取り入れた品格高いインテリアスタイルで、アンティーク家具の手触りの良いベロアなどの素材を使った調度品などで、伝統的な印象があります。

細部まで装飾が施され、濃い色調で全体的な重厚感があります。
このようなインテリアスタイルには趣のあるバンサムの香りが似合います。

カラー

ボルドー
素材 木材(濃い色調)
ベロア
イメージ 伝統的
重厚感
高級
上質
精油 サンダルウッド
フランキンセンス
ホーウッド
ラベンダー

ポップ×精油

形式的ではなく、馴染みやすいインテリアスタイルで、全体的に明るい色調でまとめ、気取らない雰囲気の空間です。

このインテリアスタイルには元気、活発にさせてくれる爽やかな香りが似合います。

カラー ビビットカラー
素材 木材
フェルト
ステンレス
イメージ 明るい
鮮やか
元気
カジュアル
精油 オレンジスイート
グレープフルーツ
ペパーミント
レモングラス

ナチュラル×精油

都会的でシンプルでありながらも、自然の温もりを感じさせるインテリアスタイルです。
奇抜な装飾や色づかいをせず、木目調の素材を使って、全体的に薄いトーンでまとめられており、流行に左右されないのが特徴です。

このインテリアスタイルには、透明感や清潔感のある心地よい自然の香りが似合います。

カラー

透明
アイボリー
素材 木材
コットン
イメージ 自然
清潔
穏やか
シンプル
素朴
精油 オレンジスイート
カモミールローマン
ユーカリ
レモン

和風×精油

文字通り日本風のインテリアスタイルです。
畳や障子を使用したり、スギやヒノキなどを素材とした家具や調度品でインテリアを構成します。

伝統的な和室以外にも、現代のライフスタイルに合わせて和のテイストを取り入れたインテリアスタイルもあります。

このインテリアスタイルに合うのは、静かで凛としたウッドの香りです。
また、日本ならではの柑橘のゆずやイヨカンの香りなども和風の空間へアクセントになります。

カラー
素材 木材

ガラス
イメージ 静か
凛として

落ち着いた
精油 サンダルウッド
パイン
ヒノキ

 

モダン×精油

すっきりとシンプルで、都会的な雰囲気のインテリアスタイルで、比較的飾り気のない、色味を抑えたコーディネートが特徴的です。

重厚感のある家具、斬新な造形の調度品などが用いられ、洗練された大人の空間です。
このインテリアスタイルに合うのは、甘さを抑えたクールでおしゃれなニュアンスがある香りです。

カラー

透明
シルバー
素材
ガラス
金属
ステンレス
イメージ クール
都会的
重厚感
大人
精油 ジュニパーベリー
ベルガモット
ホワイトサイプレス
ローズマリー

 

BGMと精油

視覚的なものだけでなく、聴覚や触覚といった他の五感と香りの関係を考慮することで、香りの選択肢も広がります。
ここでは聴覚に響くBGMそれぞれのジャンルや特徴を理解して、空間デザインに適した香りを導く方法をご紹介します。

ゆったりとくつろぎたいときは、ゆっくりと流れる音楽、元気になりたいときは軽快なリズムの音楽など、人は気分によって部屋に流すBGMのジャンルを選びます。
各ジャンルの音色や流す場所の雰囲気に合わせた香りを選ぶと統一感が生まれ、耳にも心地よい香りの空間を演出することが可能です。

ポップ×精油

ポップ音楽は軽快でテンポよく、聴く人の心を明るくします。
このようなBGMには、明るいイメージのオレンジスイートや、爽やかな印象のグレープフルーツ、重さを感じさせないすっきり感のあるペパーミントなどの香りが似合います。

オススメの精油はオレンジスイート、グレープフルーツ、ペパーミントです。

ジャズ×精油

ジャズには、薄暗い空間でお酒を飲みながら耳を傾けるのがよくにあう静かで趣のある大人のイメージがあります。

このようなBGMをかけるときは、大人っぽく、官能的な印象のあるイランイランや、静かで洗練されたイメージのジュニパーベリーなどの香りが適しています。

オススメの精油はイランイラン、ジュニパーベリー、マジョラムスイートです。

イージーリスニング×精油

イージーリスニングは柔らかく親しみやすい音楽で、耳馴染みが良いため、好き嫌いが分かれにくく、聴く人の心を優しく癒してくれます。

このようなBGMには、森林浴をしているようなリラックス感のあるホワイトサイプレスや、穏やかなラベンダーなど多くの人に好まれやすい香りが調和します。

オススメの精油はホワイトサイプレス、ラベンダー、レモンです。

クラシック×精油

クラシック音楽を聴くと西洋的なイメージが漂い、歴史ある気品の高さを感じます。

このようなBGMには、気高く壮厳なフランキンセンスや、洗練された趣のあるベルガモット、西洋的な印象を広げるホーウッドがよく似合います。

オススメの精油はフランキンセンス、ベルガモット、ホーウッドです。

和楽器×精油

日本の伝統音楽を奏でる琴や三味線、和太鼓などの和楽器によく音楽は、雅びやかで風潮な音色や、凛とした音色が特徴的です。
このようなBGMには、和を感じさせるヒノキや、重厚感や落ち着きのあるサンダルウッドがよく似合います。

オススメの精油はサンダルウッド、ヒノキ、パイン

 

素材感と精油

視覚的なものだけでなく、聴覚や触覚といった他の五感と香りの関係を考慮することで、香りの選択肢も広がります。
触覚に訴える空間の素材について、それぞれのジャンルや特徴を理解して、空間デザインに適した香りを導く方法をご紹介します。

空間全体のカラーイメージや使われている家具や調度品、小物の素材感に着目して「木材」「ガラスが多い」「植物を置いている」などを記しましょう。

壁の質感や、家具やカーテンなど空間を構成しているインテリア素材を触った時に受ける印象も、香りを選ぶ際の一つの手がかりとなります。

例えば、木材をや要した空間とガラス張りの空間とでは、人が感じる印象も異なるように、それぞれの素材感にあった香りを選ぶことで空間イメージにあった演出をすることができるのです。

コットン×精油

コットンは植物からできる素材のため、ナチュラルで柔らかく、清潔感のあるイメージがあります。
親しみやすく、暖かな印象のオレンジスイート、優しい印象のカモミールローマン、ラベンダーなどが似合います。

金属×精油

硬く、剥き慕うな金属は、研ぎ澄ませれた印象を与えます。

このイメージの素材には、硬質な印象をもつティトリーや荘厳なイメージのあるフランキンセンス、シャープ感のあるローズマリーを調和します。

木材×精油

「木のぬくもり」というように、木材からは暖かなイメージや、どっしりとした安定感を得ることができます。

ウッドの香りの中でも、重厚感のあるサンダルウッドや、落ち着いた印象のヒノキ、柔らかさを併せ持つホーウッドなどの香りがオススメです。

ガラス×精油

ガラスからは透明感や薄さを感じます。
この質感を表現するには、すっきりと澄んだ印象をもつペパーミント、透明感のあるユーカリグロブルスやパイン、爽やかさが持ち味のレモンが似合います。

イメージと精油

インテリアのイメージやスタイルに合わせて、どのような香りを選択していくか、考えましょう。

「明るい」と「暗い」の精油

「明るい」イメージを持つ香りとしてははっきりとした色味の印象を持つシトラスのオレンジスイート、グレープフルーツ、レモングラスなどの香りがメインになります。

対照的に「暗い」イメージを持つ香りとしては、茶色や紺などのダークで落ち着いた色味の印象を持つティートリーやヒノキ、サンダルウッドなどのウッド系の香りがメインになります。

明るい 暗い
イランイラン
カモミールローマン
グレープフルーツ
レモングラス
サンダルウッド
ジュニパーベリー
ティートゥリー
ヒノキ

「活発」と「静か」の精油

「活発」というイメージを持つ香りとしては、躍動感や活動理的な色味の印象を持ち、エネルギーや力強さを感じさせるイランイランやローズマリーなどの香りが挙げられます。

「静か」というイメージを持つ香りには、香りの印象的な雰囲気に落ち着きがあり、深部にまで染み渡るような静けさや、静寂さをもたらすサンダルウッドやジュニパーペリー、ヒノキなどの香りです。

活発 静か
イランイラン
オレンジスイート
レモングラス
ローズマリー
サンダルウッド
ジュニパーペリー
ヒノキ
フランキンセンス
ラベンダー

「気品」と「親しみ」の精油

「気品がある」イメージを持つ香りは、上品で豊かな雰囲気や奥深さ、複雑さなどの印象を併せ持つイランイラン、フランキンセンス、ベルガモットなどの香りが当てはまります。

一方、「親しみやすい」イメージを持つ香りには、年齢を問わず幅広くしたまれるような、わかりやすく、なじみの良いオレンジスイート、カモミールローマン、グレープフルーツなどの香りがメインとなることがわかります。

気品ある 親しみやすい
イランイラン
フランキンセンス
ベルガモット
ホーウッド
ローズアブソリュート
オレンジスイート
カモミールローマン
グレープフルーツ
ペパーミント
レモン

「温かい」と「涼しい」の精油

温かい 涼しい
イランイラン
オレンジスイート
カモミールローマン
ゼラニウム
マジョラムスイート
ティートゥリー
ペパーミント
ユーカリ
レモン

「ソフト」と「ハード」の精油

ソフト ハード
オレンジスイート
カモミールローマン
ホワイトサイプレス
ラベンダー
ティートュリー
プチグレン
レモングラス
ローズマリー

 

精油はシーンや場所によって使い分けることで効果が最大になります。




関連記事