ルームフレグランスを長持ちさせる方法!おすすめの商品3選


ルームフレグランスの一つであるリードディフューザーは、容器に入ったオイルをリード(スティック)が吸い上げ、部屋をいい香りで満たしてくれます。

火や電気を使わず安全なので家の中のどこにでも置くことができる手軽さと、おしゃれな見た目と香りの両方が楽しめる人気のアイテムです。

しかし、すぐに香りが消えてしまってがっかりすることも多くですが、実はちょっとしたコツで香りを長持ちさせることができます。

香りをもっと長持ちさせる方法ってあるの?長持ちするおすすめディフューザーってどれ?という、お悩みにお答えします。

ルームフレグランスを長持ちさせる方法

ルームフレグランスの中でもリードディフューザーの長持ちさせる方法について説明します。

スティックの本数を減らす

スティックの本数と香りの強さは比例しますので、数を増やすと香りが強く、減らすと弱くなります。
部屋の大きさに合わせて、狭い場所では少なめにしましょう。

また、ずっと同じスティックを使っているとオイルが詰まって吸い上げることができず、香りが弱くなります。
スティックを上下ひっくり返す新しいのに交換すると香りが復活します。

置く場所に注意する

エアコンや空気清浄機のそばに置くと香りが空気にのって広がるので減りが早くなります。
夏場の高温多湿や直射日光に当たるとオイルが変質し劣化の原因になるので注意しましょう。

瓶の口は狭いものにする

瓶の口が狭いと蒸発も減りますので不要な蒸発を避けるためにも口が狭い瓶にしましょう。

色付きの遮光瓶を利用するのもいいです。
少しずつ瓶にオイルを入れると、劣化を防いで長持ちさせることができます。

グリセリンを追加する

夏場は熱いので特に減りが早くなります。
保湿材として利用されるグリセリンを追加することで蒸発を減らすことができます。

ルームフレグランスの平均寿命

次にディフューザーの平均寿命についてご説明します。

どのくらい香りが持続するかは、「オイルの容量」と「使用するスティックの本数」によっても変わってきますが、だいたいの目安は次のようになります。
また、使用する部屋の広さに適した量のディフューザーを置くことによって、強すぎず弱すぎないちょうどよい香りを長く楽しむことができます。

内容量 平均寿命 適した広さ
60ml 約1ヶ月 玄関・トイレ・洗面所などの狭い空間
100ml 約1~2ヶ月
200ml 約2~3ヶ月 リビングや寝室(6~8畳)
500ml 約5~6ヶ月 10畳以上の広い部屋

長持ちするおすすめのリードディフューザー3選

【mercyu】リードディフューザー デザイア

白を基調としたシンプルでありながらも存在感のあるボトルはどんな部屋にも馴染みます。
さりげなく広がるほのかな香りにはリラックス効果があり、暮らしの中に取り入れることで心を豊かにしてくれます。

容量 430ml
持続時間 6ヶ月

少し大きめのボトルなので長く香りを楽しみたい人におすすめです。

【MODERN NOTES】リードディフューザー

シードル(りんごのスパークリングワイン)をイメージしたワインコレクションです。
清涼感のあるアップルの香りは上品な大人の魅力があふれています。

ワインを模したグラスと古木を思わせるリードが落ち着いた雰囲気で素敵です。
お酒好きの人への贈り物にも喜ばれる一品です。

容量 200ml
持続時間 約3~5ヶ月

【ジョンズブレンド】リードディフューザー  ホワイトムスク

米国シアトルで生まれた人気のフレグランスブランドです。
黒いラタンスティックと寸胴なブラウンボトルがおしゃれでどんなインテリアにも映えます。

しっかりと広がるサボン系のさわやかな香りは男女問わず人気でリピーターのファンも多いです。
リビングや寝室に最適なルームフレグランスです。

容量 140ml
持続時間 3ヶ月

これまでで、リードディフューザーを長持ちさせる方法とおすすめをご紹介しました。

ちょっとした工夫をすることで大好きな香りを長持ちすることができます。
おすすめしたリードディフューザー以外にも本当にたくさん種類が販売されています。



関連記事