アロマテラピーとは?効果を最大にする方法【これを読めば、全てが分かる】

マッサージやエステなどでアロマテラピーやアロマテラピストなどの言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
アロマを用いて、心身ともに良い方向に導いてくれることです。

しかし、アロマテラピーとは何かをよく分からない方も多いので、アロマテラピーやその効果についてご説明します。

アロマテラピーとは

アロマとは「香り」、テラピーとは「療法」という意味です。
アロマテラピーとは、「植物の花、葉、茎、根、樹皮などから抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を使って心身のバランスを整え、トラブルを穏やかに回復し、リラクセーションやストレスケア健康や美容に役立てていく自然療法」のことです。

アロマテラピーは日本の法律上、明確に医療行為、治療行為ではありません
そのため、「治療行為」として用いられる「セラピー」という言葉を使うことで誤解を招くことがあります。

アロマテラピーは幅広い意味で使われることも多く、ショウガの香りで食欲が湧いたり、コーヒーの香りで目覚めたり、すること場合もアロマテラピーに該当します。

「アロマテラピー」と「アロマセラピー」と表記する場合がありますが、同じ意味として使用されます。
「アロマテラピー」は仏語、「アロマセラピー」は英語と言われます。

アロマテラピーのポイントは

  1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる
  2. 美と健康を増進する
  3. 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
  4. 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

アロマテラピーの効果

精油には期待できる効果があり、揮発した香りの成分は、鼻に入って嗅覚を刺激し、脳に働きかけたり、肺から全身を巡ります。
また、マッサージにより皮膚から身体に浸透し、リラックスや内臓の活発化、毒の排出などの効果があります。

気分を落ち着けたい時 カモミール、ジャスミンなど
よく眠れない時 ラベンダー、ベルガモットなど
不安な気持ちの時 ネロリ、ローズなど
憂鬱な気持ちの時 クラリセージ、イランイランなど
元気になりたい時 オレンジスイート、グレープフルーツなど
集中力を高めたい時 ローズマリー、ペパーミントなど

アロマテラピーの精油の種類

アロマテラピーには精油が必須で、精油にはたくさんの種類があり、香りや特徴や効果が異なります。

フローラル系

甘く華やかな香りで、女性に人気の高く、花の華やかで甘くリラックス効果が期待できます。
ローズ、ジャスミン、ラベンダー、ゼラニウム、ジャスミン、ネロリ、イランイラン、クラリーセージ、カモマイル、ローズウッド

シトラス系・柑橘系

みずみずしくさわやかな香りで、万人受けするナチュラルな香りが魅力で、心身のリフレッシュに最適です。
レモン、オレンジ、グレープフルーツ、マンダリン、ベルガモット、レモングラス、ライム

スパイシー系

ピリッとした香りで、心身のリフレッシュに加え、防腐作用があり胃腸にいいのが特徴です。
ブラックペッパー、ジンジャー、クローブ、シナモン、コリアンダー、ペッパー、スターア二ス

ウッディ系・樹木系

森林の中にいるような、緑の清涼感あふれる香りが心地良い気分にさせてくれるのが特徴です。
ヒノキ、ジュニパー、ローズウッド、パイン、サイプレス、サンダルウッド、フランキンセンス、シダーウッド、ユーカリ、ティートリー、サイプレス

ハーブ系

さわやかで清涼感のある香りで、呼吸器系に作用し、爽快な香りで気分をリフレッシュさせてくれるのが特徴です。
ハッカ、ペパーミント、クラリセージ 、ローズマリー、フェンネル、バジル、セージ、タイム

エキゾチック系

お香に使われるような、アジアの異国情緒を彷彿させる香りです。気分を落ち着かせる効果や官能的で甘さのある香りです。
イランイラン、サンダルウッド(白檀)、パチュリー、ベチパー

アロマテラピーの体内への取り込み

人が精油を体内に取り組む方法は「鼻から脳」「鼻から肺」「皮膚から皮下組織」の3つです。

鼻から脳

香りは空気中、小さな分子として飛び回っています。鼻から吸入した時、香りは鼻のつけ根辺りにある嗅粘膜に溶け込み、香りの分子はインパルス(電子信号)となり、大脳の中心部にある大脳辺縁系に伝えられます。この時、香りを感じます。辺縁系から大脳皮質に、さらに視床下部や脳下垂体へ伝わり、ホルモン系、自律神経系、免疫系の働きを調整しています。
この大脳辺縁系は人間の記憶と感情や食欲にくわえ、自律神経やホルモン、免疫の調節もつかさどっていますが、それらのはたらきはストレスを受けると低下してしまい、病気など体に不調が現れます。

しかし、アロマの香りで脳をリラックスさせてストレスを取り除くことによって、自律神経などの自己免疫機能は向上し、病気にもなりにくくなると言われています。

 

鼻から肺

香りの分子は呼吸によって、鼻や口から喉を通り、気管や気管支、肺へと入り、粘膜から血管壁を通って吸収されます。最終的に香りの分子は各器官や組織で分解され、体外に排出されます。そのため副作用はほとんどありません。

呼吸をすることで香りの成分が肺に取り込まれ、血流にのって素早く全身をめぐるからです。

皮膚から皮下組織

精油を植物油や水で希釈して、肌に用いる時のプロセスです。皮膚や表皮・真皮・皮下組織に大きく分けられ、精油は、下の方の組織まで浸透します。スキンケアに使うことで、精油の働き(抗菌作用、抗酸化作用=老化防止作用)が肌や体全体に働きかけるため、内側から肌を美しく保つことが可能になります。

マッサージなどで皮膚に塗っても、毛細血管やリンパ管から有効成分が吸収され、全身に運ばれます。

アロマテラピーの歴史

植物がもっている香りを、心身の癒やしに役立てようという考え方は、古代エジプトの壁画に香油の壺や香炉が描かれるように、芳香そのものを使った治療は、数千年前からありました。

古代エジプトで、紀元前3000年頃に最古のピラミッド建設をした建築家であり、医師でもあったイムホテップという人がいました。
このイムホテップは植物から取った油や膏薬を使っていたのです。

また、11世紀ごろから、十字軍の遠征に伴って東西の文化交流が促され、アジアの薬草や香辛料、精油の蒸留法などがヨーロッパに伝播されました。

アロマテラピーの父と呼ばれるのは、1920年代頃に活躍したフランス人科学者ルネ・モーリス・ガットフォセです。
アロマテラピーという名前がつけられたのは比較的新しく、これはフランス語です。
自身の実験中に負った火傷の治療に、ラベンダーの精油を使用して効果を体験したことから、その自然療法をアロマテラピーと名付け、研究を進めました。
また、ガットフォセの弟子であったマルグリット・モーリー夫人が精油とマッサージを結びつける方法を英国に広めました。

アロマテラピーについてご紹介しました。
これから精油を使う時は効果や効能などにも注目してみましょう!



関連記事