メディカルアロマとは?特徴や概要やアロマテラピーとの違いのまとめ


メディカルアロマやメディカルアロマテラピーという言葉を耳にしたことはありますか?
フレグランスや香りやアロマの調べごとや勉強をしていると、一度は耳にする言葉です。

しかし、メディカルという言葉がついており、少し難しく専門的に感じる方も多く、メディカルアロマとアロマの違いなどが曖昧になっています。

メディカルアロマの特徴アロマとの違いについてまとめます。

メディカルアロマとは

メディカル(Medical)とは「医療の・医学の」の意味を表しており、医療の・医学のためにアロマを使用することをメディカルアロマと言います。

メディカルアロマセラピーでは香りが脳に伝わり人の心に作用する仕組みを活用しています。

メディカルアロマは直接に傷を癒したり殺菌したり、痛みを抑えたりすることを主目的とせず、人間がもつ「自然治癒力」を促すことを目的として使用します。

同時に病気や怪我をしている方は体と同時に心まで落ち込んだりするケースが多く、メンタル面のケアし、リラックス・リフレッシュするためにアロマが用いられます。

近年では医療や福祉などでの導入も増えており、様々な場面でメディカルアロマが導入されています。

例えば、認知症予防や終末期ケアや睡眠導入、うつ症状の改善や不安解消、麻酔の補助的な役割、月経前緊張症や更年期障害、アトピー性皮膚炎の改善など痛み不安の減少に幅広く活用することができます。

市販されているアロマオイルには天然と合成のものがあり、精油またはエッセンシャルオイルと呼ばれているものは全て天然のアロマオイルです。

天然とは植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂から抽出されたもので、合成とは人工的に作られた物質や液体が混じっているものです。

メディカルアロマでは天然のアロマオイル、つまり精油(エッセンシャル)が使用されます。
天然の植物から抽出された精油には様々な効果効能があり、人間へに影響を与えます。

 

メディカルアロマセラピーとは

メディカルアロマで治療を行うことを「メディカルアロマセラピー」といい、その従事者を「メディカルアロマセラピスト」と言います。

メディカルアロマセラピーの歴史はフランスにあり、心・身体・精神を総合的にサポートする「補完療法」としてイギリスで発展・定着しました。

そのため、今でもメディカルアロマセラピーは日本よりイギリスやフランスで進んでおり、多くの考え方や技術をヨーロッパから取り入れています。

メディカルアロマセラピーの特徴は薬の投与や手術などに頼らず、人間の持つ自然治癒力を引き出すことにあります。
資格を持つ人のみが、医療行為ではできない心身の治療をアロマを活用して行います。

日本では精油は薬としての認可を受けていないため、治療としてアロマテラピーを行うことは違法に当たるため、メディカルアロマはあくまでも補完が目的です。

メディカルアロマは心への治療も行うため、ストレス社会と言われる現代において今後導入が多く見込まれます。
実際、テレビや雑誌などでメディカルアロマに関することが増えており、世間での認知度や需要が高まっています。

メディカルアロマセラピーとアロマセラピーの違い

一般的に言われる「アロマ」「アロマセラピー」と「メディカルアロマ」の違いについて紹介します。

どちらも香りを楽しむことは変わりませんが、アロマセラピーはリラクゼーションが主な目的で、メディカルアロマセラピーは代替医療が目的です。

アロマセラピーではディフューザーやキャンドルなどで香りを拡散させ、誰でも安全に楽しむことができます。

メディカルアロマセラピーは精油が持つ薬理効果を心身への働きを促し、自然治癒力を高めるために用いるため、専門知識を身につけた人のみが行えます。

メディカルアロマテラピーの資格

メディカルアロマセラピストの資格は認定資格など多数ありますが、代表的な3つを紹介します。

メディカルアロマセラピスト

メディカルアロマセラピストは、「特定非営利活動法人日本統合医学協会」認定の資格でで最も知名度が高いです。

教材費込みで40~60万円程度で、入学から卒業までの受講期間は約60時間~100時間が目安です。

日本統合医学協会が指定するスクールにて6ヶ月程度の授業を受けると取得できます。
スクールでの授業内容は理論から実技研修まで、幅広いです。

この資格の受講資格は特にありませんので、アロマ初心者の方でも受けることができます。
医療系の資格をもっている人は免除される科目もあります。

IFPAアロマセラピスト

イギリスに拠点を置く国際的なメディカルアロマテラピー協会(IFPA)の資格で、IFPA認定校でのみ取得することができます。

授業は解剖生理学や病理学といった医療系のものから、関連法規やビジネス、ボランティアなどについての講義や英国式アロマテラピーの実践までと多岐にわたっています。

いずれのIFPA認定校で講習を受ける場合にも特に資格は必要ありませんが、100万円前後の講習費用と6カ月~2年ほどの受講期間が必要です。

IFA国際アロマセラピスト

IFA国際アロマセラピストとは国際アロマセラピスト連盟(IFA)が認定している資格です。全国にある認定校で受講することができます。

スクールやコースによって異なりますが、受講期間は1年〜2年ほどで受講料は90万円〜115万円ほどが多いようです。

オーガニックブランドとしても有名なニールズヤードの認定校「ニールズヤードレメディーズ」がおすすめです。

以上が、メディカルアロマについての説明でした。
より詳しく知りたい方は資格が取得できる学校に問い合わせてみることをオススメします。



関連記事