無印良品のアロマディフューザー!万能アイテムでインテリアとしても大人気


アロマディフューザーは香りを効果的に拡散させてくれる便利なアイテムです。

アロマポットのように火を使う必要がないので、初心者にも使いやすいのでオススメできます。

シンプルなデザインが愛されている無印良品は、アロマディフューザーも非常に人気な商品です。
無印良品のアロマディフューザーの魅力を紹介します。

無印良品のアロマディフューザーの特徴

無印良品のアロマディフューザーは、暮らしに合わせて香りを楽しめるよういくつかの種類があります。

無印良品と言えば、シンプルでオシャレなデザインが人気で、どんなインテリアに馴染むようなデザインで魅力的です。
香りと明かりを楽しめるタイプは、間接照明としてお部屋の雰囲気を楽しむことができます。

香りとうるおいを同時に楽しめる加湿器タイプや、水を使わず手のひらサイズのタイプのものもあり種類が豊富で、魅力的なデザインだけでなく高品質なので、暮らしや目的に合わせて選ぶことができるのが嬉しいです。

目的によって選べる無印良品のアロマディフューザー

無印良品にはアロマディフューザーや精油などの品揃えが豊富です。
ここから代表的な商品について紹介します。

超音波アロマディフューザー

一番人気で、初心者にも試しやすいものでオススメです。
エッセンシャルオイルを垂らした水を、超音波による振動でミスト状にして香りを拡散させます。

熱を加えないので、エッセンシャルオイル本来のピュアな香りを楽しめるのが特徴です。
明るさの調節も二段階あり、ミストを出さなくても証明として使用できます。

タイマー機能もあり、30/60/120/180分の4段階選べるので就寝前にもおすすめです。
また、火を使わずに楽しめるので、安心して使用できます。

他にも超音波アロマディフューザーの香りの適応範囲は約6~8畳ですが同タイプの超音波うるおいアロマディフューザーは、サイズが大きくなり約12~15畳と広い部屋でも効果的に香りを運んでくれます。

超音波アロマ加湿器

香りを楽しむのに加え、空間の加湿もできるタイプです。
コンパクトで場所を取らないデザインなので、机やベッドサイドなどのパーソナルな空間に向いています。

煙突型のデザインは床が水漏れしにくく、ミストを出す向きを変えることもできるので狙ったところにミストを出せるのが魅力的です。

ミストの量は3段階(強中弱)で切り替えができ、ボタン一つですべての操作ができ、簡単に使用できるシンプルさも特徴です。
無印良品公式ページはこちら

超音波アロマディフューザー・大は、加湿機能がついていて、点灯機能がありません。
お部屋全体を加湿できる大容量タイプで、香りの適応範囲が約30畳・連続運転時間も最大で約20時間と香りを長く楽しむことができます。

エッセンシャルオイルを付属の専用ボトルに移し替え、本体にセットすると自動でエッセンシャルオイルが滴下されます。
いつまでも安定した香りを楽しむことができるのが魅力的です。

また、給水もフタを外したりなどせずそのまま本体に継ぎ足せるデザインなので、手軽に使用することができます。

無印良品公式ページはこちら

ポータブルアロマディフューザー

手の中にすっぽりと収まる大きさで、持ち運びにも便利です。
内臓充電池で駆動し、水を使わず小型の送風ファンで香りを送ります。

本体はUSB接続で充電でき、満充電で約8時間も稼働可能です。
充電すればコードレスでも使用できるので、旅先やオフィス、コンセントのないところでも使用でき、毎日の暮らしの様々なシーンで手軽に香りを楽しめます。

無印良品公式ページはこちら

 

無印良品はエッセンシャルオイルも豊富

無印良品といえば、アロマを楽しむのにかかせないエッセンシャルオイルも種類も豊富です。
無印良品のエッセンシャルオイルは、果物や植物からとれる天然の香りにこだわりながら作られていて、100%天然のナチュラルな香りが心や体をリラックスさせてくれます。

単品の香りの種類も非常に多いので、目的の香りにも必ず出会えるのが魅力的です。

エッセンシャルオイル選んだり、自分でブレンドするのが難しいという人にも、目的やシーンに合わせてブレンドされたエッセンシャルオイルも多くあるので、そのままアロマディフューザーで使用することができます。

 

機能性の高さと、オシャレなデザインで人気な無印良品のアロマディフューザーは愛用している人も多いです。
アロマディフューザーと合わせて、たくさんの種類のエッセンシャルオイルを一緒に選べるのも無印良品の魅力です。

アロマディフューザーの買い替えや購入を考えている方の参考にいかがでしょうか。
世界各地から厳選された、こだわりの「地球の香り」を、アロマディフューザーと一緒に取り入れてみましょう。



関連記事