大人気ネブライザー式アロマディフューザーとは??短い時間でお部屋を香りで満たす方法


アロマオイルの濃厚な香りを楽しむ方法として、注目を集めているのが「ネブライザー式アロマディフューザー」です。
まだ馴染みのない方も多いですので、基本的な使用方法や購入前に注意しておきたい点をご紹介します。

ネブライザー式アロマディフューザーの使用方法

ディフューザーは「リードディフューザー」と「アロマディフューザー」に区分できます。
リードディフューザーはスティックやストーンなどにアロマを垂らして吸い上げることで香りを拡散させます。

一方、「アロマディフューザー」は電気や熱を使って香りを拡散させます。
ネブライザー式はアロマディフューザーの一つで噴霧式とも呼ばれます。

ネブライザー式アロマディフューザーの使い方はエッセンシャルオイルのボトルをディフューザーに直接セットするだけです。
セット後はスイッチを押して、ミストの噴出間隔や香りの濃度を設定します。

水を使用していないので、カビや水垢の心配がなく、使用後に毎回手入れをする必要もありません。
しかし、目詰まりを防ぐため、週1回程度、3~4回使用の使用を目安に掃除するとよいでしょう。

また、手入れの際には空のボトルが必要になります。
使い終わったら捨てずにとっておくと便利です。

ネブライザー式アロマディフューザーの手入れ方法

空のボトルに「無水エタノール」を2/3程度まで入れます。
そして、ディフューザーにセットして、ボトルが空になるまで稼働させておけば完了です。

ポイントは「無水エタノール」を使用することです。
無水エタノールは水を使用していない分揮発性が高く、洗浄力も優れているため短時間で手入れができます。

ネブライザー式アロマディフューザーのメリットは3つあります。

水や熱を使わない事

ネブライザー式は水を使わないため、水垢やカビの発生を心配する必要がありません。
そのため、使用後毎回手入れをする必要がなく、扱いやすいというメリットがあります。

水漏れや水蒸気の向きなどを気にする必要が無いため、PCなどの電子機器が多い空間でも気兼ねなく使用できます。
そして、熱を使用しないため就寝前の使用もしやすく、置き場所や使用時間帯の制限が少ないのも便利です。

濃厚な香りが楽しめる

ネブライザー式アロマディフューザーはエッセンシャルオイルを薄めることなく、オイルそのものをミスト化して香りを広げます。
そのためオイル本来の香りを楽しむ事ができ、香りも濃厚です。

拡散力に優れている

ネブライザー式アロマディフューザーは微粒子化したオイルを気圧で押し出し、ミスト状になったオイルを空気中に拡散させます。
そのため香りが濃厚であると同時に遠くまで広げることが出来るというのが特徴です。

目安として10畳程の空間ならば30分程度の使用で香りが広がります。
短時間で空間を香りで満たしてくれるため、リビングダイニングや会議室、ヨガスタジオの様な広い空間での使用にぴったりです。

メリットばかりではなく、購入前に気を付けておきたいデメリットもあります。

ボトルを直接セットするため、ブランドによってはアロマディフューザーにセットできない場合があります。
使用可能な企画のボトルを1つ用意しておくとよいでしょう。

アロマディフューザーはオイルの減りが早いです。
使用時間にもよりますが、オイルを直接使用しているため、薄めて使う時に比べて消費量は早くなってしまいます。

オイル本来の香りを楽しめるのが特徴ですが、慣れない人には強すぎると感じてしまうこともあります。
一方、エッセンシャルオイルでなければ香りが物足りないと感じてしまうこともあるようです。

粘性の高い樹木系のオイルは目詰まりを起こしやすく、その分手入れも必要となります。

ネブライザー式アロマディフューザーでの利用は、柑橘系など滑らかなテクスチャーのオイルが適しているようです。
噴射音が気に成るという意見もありますが、ネブライザー式アロマディフューザーは香りを散布する時以外は静止しています。

オススメのネブライザー式アロマディフューザー

コンパクトなアイテムやインテリア性を備えたアイテム3種をご紹介します。
店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。
なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【ENERG e’s Explorer】ネブライザー式アロマディフューザー

コンパクトなサイズと、操作性、機能性、総合的に高評価を得ているアイテムです。
香りの濃度調整もでき、約100㎡をカバーで、寝室やリビング、ヨガスタジオなど様々な場所でお使いいただけます。

香りの噴出の際の音はやや大きく、対応していないボトルもあります。

【Kinoka】ネブライザー式アロマディフューザー

コンセントが届かない場所や屋外でも使える充電式です。
文庫本2冊分程度のコンパクトサイズで連続20時間使用可能です。

 

【LOWAY】ネブライザー式アロマディフューザー

丸みのあるフォルムと木目調のデザインです。

細かいミストで広範囲に香りを届けます。
電源はコンセントとUSDどちらにも対応しています。
リビングや応接空間においてもおしゃれなアイテムです。

毎回掃除をする必要が無く、手軽に使用できるネブライザー式アロマディフューザーです。

オイル本来の香りが楽しめ、アロマ好きには大きな魅力です。
オイルを直接使用するため、継続して利用するにあたり多少のコストは否めないようです。

また、香りに成れていない方には少々扱いにくい面もあるようなので購入前に、どんな香りをどの程度楽しみたいのかも加味して検討してみるとよいかもしれません。



関連記事