水なしアロマディフューザーとは!?水を使わず楽しめる!


アロマディフューザーというと、タンクの中の水にアロマを垂らす様子を思い浮かべる方は多いと思います。
しかし、アロマディフューザーには水を使わずともアロマを楽しめるものもあります。

今回は水なしアロマディフューザーについてご紹介いたします。

水なしアロマディフューザーとは

水なしアロマディフューザーは、その名の通り水を使わないアロマディフューザーです。
部屋中に香りを拡散させるのに効果的な道具で種類も豊富にあります。

種類により特徴は異なりますが、水なしアロマディフューザーのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットは下記の4つあります

  • 水の使用による雑菌の繁殖の心配がない。
  • 水を交換する手間がかからない。
  • 持ち運びがしやすい。
  • 精油やアロマオイルを水で薄めないため、香りが強く長く拡散される。

デメリットは下記の2つです。

  • オイルの消費量が多い。
  • 精油やアロマオイルを直接使用するため吹き出し口などが詰まりやすく、定期的なお手入れが必要である。

メリットデメリットを判断した上で、購入や使用を判断しましょう。

水なしアロマディフューザーの種類

水なしアロマディフューザーには、気化式と噴霧式の2つがあります。

気化式は精油に風を当てて香りを拡散させる方式です。
気化式をさらに細かく分類したものが、リードディフューザーと送風式になります。

リードディフューザーはリードと呼ばれる植物の棒をアロマが入った瓶に挿して使用します。
リードがアロマを吸い上げて蒸発させることで香りを空間に広めます。

リードの本数で香りの強さや持続時間を調整でき、インテリアとしても活用可能です。
一方でデメリットは、徐々に香りが弱くなってしまうことや容器の破損に注意が必要です。

送風式は不織布のフィルターに精油をしみこませ、ファンの風を利用して香りを拡散させる方式です。

コンパクトサイズで電池式のものが多くあります。
効率よく香りが広がりますが、デメリットはオイルを補充する手間がかかることです。

噴霧式は精油を霧状にして、噴出したり吹きかけたりすることで香りを拡散させる方式です。
噴霧式はさらにアロマドロップ式とネブライザー式に分けられます。

アロマドロップ式はつぼ型のガラス容器に精油を原液のまま入れて使う方式です。
空気を振動させることで、精油を微粒子状態にして空気中に拡散させます。

広範囲に香りを拡散できますが、ポンプの作動音が大きいかったり、香りを変える場合はガラス容器の洗浄が必要だったりとデメリットも多いです。

ネブライザー式のディフューザーは、精油のボトルを機械にセットして使用します。
水の管理や頻繁なオイル補充が不要ですが、ポンプの作動音が大きいです。

アロマ

おすすめの水なしアロマディフューザー3選

ご自宅で楽しむのはもちろん、大切な人への贈り物としてもおすすめの商品を3つご紹介いたします。
店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。
なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【ジョンズブレンド】リードディフューザー

爽やかな甘さのホワイトムスクの香りです。
デザイン性、機能性のどちらも優れています。

 

【ENERG e’s Nature】送風式アロマディフューザー

ウッド製のボディで調和のとれた空間を演出します。
最高級の遮音設計で、究極の静音を実現したところが魅力です。

【ランドリン】ルームディフューザー No.7

リードには、オイルを吸い上げやすい樹脂製のスティックを採用しています。
「オーシャングリーンミックスの香り」と称し、ほのかな甘みと透明感のある香りが特徴です。

水なしアロマディフューザーには、オイルの消費量が多いというデメリットがある反面、水による雑菌の繁殖の心配がなく、水を交換する手間がかからないといったメリットがあります。

水なしアロマディフューザーの種類には気化式と噴霧式があります。
さらに細かく分類したものが、リードディフューザー、送風式、アロマドロップ式、ネブライザー式の4種類であります。

水なしアロマディフューザーは種類も豊富ですので、ご自身の生活に合ったものを取り入れることが可能かと思われます。



関連記事