オーガニックのルームフレグランスの特徴と人気ブランド


お部屋のイメージや気分を変えるために、ルームフレグランスを利用する人も増えています。

自宅での時間をリラックスして過ごすことができますが、ルームフレグランスの香りには好き嫌いもあり、人によってはアレルギーなどが出てしまう人もいます。

オーガニックの香りは体にも優しく、たくさんの人にが長い間愛用しています。
ルームフレグランスのオーガニックの特徴やブランドなどについて知りましょう。

オーガニックのルームフレグランスの特徴

ルームフレグランスやアロマの香りには2種類あり、人工的に合成されてものを「合成香料」、植物や天然のものから採れたものを「天然香料」といいます。

天然香料はエッセンシャルオイルや精油と呼ばれ、とてもめずらしく、合成香料と比べても値段が高いです。

天然香料の管理が難しいことや手間がかかるため、天然香料の代わりに合成香料が利用されることが多くなりました。

オーガニックはアロマテラピーと同じような効果があり、天然の香料でつくられた香水を「オーガニック香水」といいます。

合成香料は香りで楽しむことができますが、心身への効果効能はないため、リラックスやリフレッシュや疲労回復や安眠などは残念ながら期待できません。

 

オーガニックのルームフレグランスの種類

オーガニックのルームフレグランスに使用される香りの種類はたくさんあります。
種類が豊富にあるのでお気に入りの香りを直ぐにみつけられない人もいます。

オーガニックのルームフレグランスはエッセンシャルオイルで、それを拡散させる方法や楽しみ方はたくさんあります。

  • スティックディフューザー
  • 超音波式アロマディフューザー
  • アロマキャンドル
  • 匂い袋
  • アロマワックスバー
  • アロマスプレー

オーガニックのルームフレグランスのブランド

最近は健康志向や環境への配慮を目指すブランドが増えており、以前よりもオーガニックブランドが増えてきました。

代表的なオーガニックブランドは

オプティミスティック

オーガニックにこだわっているヘアケアブランドで、ベルガモットなど12種類のエッセンスを贅沢に配合した香りは心地よく癖になる香りです。

Hiroko.K(ヒロコケイ)

100%植物由来のオーガニックのブランドで、ボストンやマンダリンホテルなどの有名なホテルのフレグランスとして採用された実績があるブランドで高級感ある香りです。

tiare ala(ティアレアーラ)

天然石と植物由来の香りを配合したフレグランスブランドで、吉川ひなの監のもと生み出された商品です。
天然由来100%にこだわり、女性をサポートしたいなどの願いが込められています。

john masters organics(ジョンマスターオーガニック)

ブランドコンセプトは「地球に敬意を払うビューティラインを」で、ベストオーガニックプロダクトラインで受賞したことをきっかけに世界に名が浸透しました。

Acorelle(アコレル)

人と自然を守ることを目標にはじまりったブランドで、アロマテラピーのスペシャリストがタッグを組みつくりあげました。
香りだけでなく紫外線予防商品やスキンケア商品も手懸けています。

メルヴィータ

フランスで誕生したオーガニック認証ブランドで、成分を厳選し、肌へ影響にこだわりをもっています。
自然のちからを利用したアイテムを取り扱っています。

tokotowa organics(トコトワオーガニクス)

100%自然のオーガニック化粧品や香水を取り扱っています。
「常永遠=とことわ」思いを込め商品を手がけており、自然の本来の輝きや美しさのを届けています。

ニールズヤード レメディーズ

美と健康をサポートするイギリス式のブランドで、植物のちからを引き出す製品を一つ一つ丁寧に作っています。
スキンケアやボディケア商品を取り扱っています。

最近はオーガニックを使ったものが注目を集めています。
天然原料特有の優しい香りを好む人が多い傾向があり、年々、オーガニックを使った商品が発売されています。

インテリアとしてディフューザーを愛用する人が増えており、リビング・お風呂・トイレに気軽におけ、素敵な香りをひろげてくれるお洒落アイテムです。
女性だけでなく男性にも人気で、香りの種類も多数あり、お洒落な人には欠かせないアイテムとなっています。

オーガニックのフレグランスに興味を持った人がいましたら是非試しましょう。



関連記事