コンセント式アロマディフューザーでお部屋いっぱいに香りを満たそう!オススメ3選


気分をリフレッシュしたい時、一日の疲れを癒したい時などに『香り』はそっと寄り添って癒してくれます。
また、友人を招いたり、お客様をおもてなししたい時にも心強い味方となってくれるでしょう。

そのような香りをお部屋に拡散してくれる器具がアロマディフューザーです。
アロマディフューザーによって香りを広げる方式は様々で、お水を使う超音波式、水なしタイプの噴霧式気化式加熱式などたくさんあります。

また、コンセント式なのかコードレスなのかも大事で、アロマディフューザー選びには大切な要素の一つです。
『コンセント式アロマディフューザー』に注目し、特徴・メリット・デメリット・おすすめ商品をご紹介します。

コンセント式アロマディフューザーの特徴

アロマディファーザーにはコンセントが「あり」と「なし」の商品があり、それぞれ一長一短があります。

主に部屋で利用する場合はコンセント式の方が適していると言われます。
一方で持ち運びなどを行う場合はコードレスの方がオススメです。

コンセント式が適している理由は3つあります。

長時間の稼働に向いている

コードレスとは違い直接電力を補給するのでパワフルで、コードレスとは違い予めの充電は不要で安心して長時間の利用ができます。

どっしりとしたデザイン

コンセントにつなぎ定位置で使う事が前提とされていますので、全体的にどっしりとしたデザインの物が多いです。

もちろん卓上用などのコンパクトなものもありますので用途によって選びましょう。
デザイン性の高い物も多くインテリアとしての要素も兼ね備えています。

多機能

アロマディフューザー機能だけでなく、間接照明としての役割や、加湿器の機能などを兼ね備えた商品がたくさんあります。

アロマディフューザーのほとんどはコンセント式なので、コードレスの物を選ぶ時に比べると色々な種類の中から選ぶことができます。

一方でデメリットは置き場所を選ぶことです。
少し大きいものや音がなるものもある為、どこでも好きな所に設置することはできません。

アロマディフューザーを置きたい場所を決めたら、どこから電力を補給するのか配線の確認が必要です。

コンセント式アロマディフューザーのオススメ3選

コンセント式のアロマディフューザーで人気の商品を紹介します。
店舗では東急ハンズや雑貨屋のアロマコーナー、インターネットではアマゾンや楽天で購入することができます。
なお、在庫状況により店舗でも販売価格が異なることがあります。

【生活の木】エッセンシャルオイルディフューザー

お手入れが簡単なシンプルなデザインで、色も豊富です。
空気振動によりオイルを微粒子化して、霧状に噴射しお部屋に香りを拡散させる方法のネブライザー式です。

オイルそのものの香りが楽しめたり、お手入れが簡単です
水で薄めたり、熱を加えないため香りをしっかりと香らすことが可能です。

アロマディフューザー 7色変換LED

自然の雰囲気、高級感を演出し、7色変換LEDなどインテリアにも照明にも大活躍です。
水とオイルを超音波でミスト状にし香りを拡散させる超音波式アロマディフューザーです。

稼働音があまり気にならないのが特徴です。
加湿機能搭載や水が無くなると自動で止まる安心設計や7色変換LEDなどの機能もあります。

【BRUNO】ノスタルアロマランプ

レトロな雰囲気のアロマディフューザーで、ランプの熱でゆっくりと香りを広げる加熱式です。
ガラス製のカバーで残ったオイルを洗い流せ、お手入れ簡単です。

美しい光を放つフィラメントを採用しており、インテリアとしても存在感があり、明かりと香りに癒されます

今回はコンセント式のアロマディフューザーについてご紹介いたしました。
単純に香りを楽しむための商品から、インテリアとしてのデザイン性の高い物加湿機能などの多機能型の物まで様々なアロマディフューザーがありました。

噴霧方式によっても香りの拡散範囲は異なりますし、オイルの種類によっても香りを感じる強弱も異なります。
お使いになる環境を考え、コンセント式のアロマディフューザー選びをする事が大切です。

目には見えない『香り』ですが、私達の生活に潤いと幸福感を与えてくれる大切な存在である事には間違えありません。



関連記事