大人気の無印良品のアロマキャンドルを紹介!初心者から上級者まで楽しめる!


アロマキャンドルを試してみたいけれど、いきなり高価なものは手が出しづらい、と思う方は多いと思います。

今回はプチプラアイテムで有名な、無印良品のアロマキャンドルについてご紹介いたします。
安心のブランド感お手頃価格でアロマキャンドル入門者にはオススメのブランドです。

無印良品のアロマキャンドルとは

アロマキャンドルとは精油やアロマオイルなどで香りをつけたキャンドルのことです。
フランス語で「芳香」の意味を持ち、アロマの香りや炎のゆらぎによってリラックス効果が得られます。

商品ごとに使用方法が異なる場合がありますので、必ず取扱説明書を確認してから使用しましょう。
アロマキャンドルの使い方の流れは以下の通りです。

  1. アロマキャンドルを平らな場所に置く。周辺にある物は片づける。
  2. 芯の長さを調節する。(5㎜~6㎜が最適)
  3. 火をつける。(燃焼時間は1時間が最適)
  4. 蓋やスターファー(火を消す専用の道具)などで火を消す。
  5. 溶けたロウをティッシュやキッチンペーパーなどで取り除く。

アロマキャンドルには「マイナスイオン」「1/fのゆらぎ」の効果があります。

アロマキャンドルのマイナスイオン効果

アロマキャンドルとマイナスイオンは関係がなさそうですが、実は深く結びつきがあります。
マイナスイオンと聞いて、森林浴や滝を思い浮かべる方は多く、これらには約3,500~5,000個のマイナスイオンが発生しています。

ャンドルに火を灯した時にも微量に水分が出てマイナスイオンが発生し、その量は約2万個であり、森林浴や滝をはるかに上回っています。

アロマキャンドルの1/fのゆらぎ効果

1/fのゆらぎとは、自然の中の癒しのリズムのことを指します。

具体的にはそよ風や川のせせらぎ、人の鼓動などが挙げられますが、キャンドルの炎もまた1/fのゆらぎに当てはまります。
炎を見ることで脳内にα波が発生して、リラックス効果が得られます。

オススメの無印良品のアロマキャンドル

無印良品では数多くのアイテムを低価格で提供していることから、誰でも一度は無印良品の店舗に足を運んだことがあると思います。

衣服や生活雑貨を多く取り扱っている無印良品ですが、アロマキャンドルもたくさん販売しています。

無印良品のアロマキャンドルにはメリットがたくさんあり、特にお財布に優しい価格設定が無印良品の最大の魅力です。

無印良品のアロマキャンドルは大きく分けて2種類ありますが、そのどちらも1,000円以下とお手頃な価格です。

・フレグランスキャンドル:690円(税込)
・フレグランスキャンドル・ミニ:590円(税込)

シンプルな見た目で使いやすさ抜群で華美な装飾がないため飽きずに使うことができ、どの空間にも馴染みます

購入しやすさも魅力で無印良品の店舗数は全世界で700店以上であり、日本においても全国各地に店舗があります。
またオンラインショップもあるので、買いたくなった時にすぐにお買い物ができるのが魅力的です。

無印良品のアロマキャンドルの特徴

無印良品のアロマキャンドルの燃焼時間は、大きいもので約15時間、小さいものですと約4時間と短めです。

フレグランスキャンドル・ミニ シトラス&フレッシュシトラス

レモンやオレンジなどの香りのキャンドルと、ユーカリやレモンなどの香りのキャンドルをセットにした商品です。
12個入りなので、その日の気分によって香りを決められます。

フレグランスキャンドル・ミニ シトラス&フレッシュシトラス

フレグランスキャンドル フローラル

ローズやカモミールなどのフローラルな香りです。薄いピンク色が可愛らしい印象を与えます。
充填タイプのアロマキャンドルです。

フレグランスキャンドル フローラル

フレグランスキャンドル シトラス

爽やかなシトラスの香りのアロマキャンドルです。
こちらも充填タイプのアロマキャンドルとなります。

フレグランスキャンドル シトラス

 

今回ご紹介したもの以外に、グリーンの香り(ラバンジンやクラリセージなど)やハーバルの香り(ラベンダーやシダーウッドなど)もあります。

無印良品のアロマキャンドルは、燃焼時間が短めではあるものの、価格面やデザイン面に優れています。
初めての方も気軽に楽しめ、店舗が多くオンラインショップもあるので購入しやすいです。



関連記事