【生理痛やPMSに効く】精油のブレンドのレシピやアロマの活用の方法とは??

精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。
生理痛やPMSに効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

生理痛・PMS

PMSとは月経の始まる1週間ごろから起きる頭痛、腰痛、腹痛、足のむくみ、イライラなどの不快な症状のことで、月経前症候群とも呼ばれます。
原因としては、月経を起こす女性ホルモンのエストロゲンの分泌の変化によるものとされています。

症状は個人差がありますが、吐き気やめまいが日常生活にダメージを与えることがあります。
体の痛みに加えて精神的ストレスで痛みが増すこともあるため、鎮静やリラックス効果のある精油がおすすめです。

鎮痛作用をもつフランキンセンスに心を鎮めるマンダリンなど、柑橘系を組み合わせましょう。
また、体の深いところの疲れを取るローマンカモミ0流、余分な水分を排出させるジュニーパーでマッサージするのもおすすめです。

日常的なケアとして、ゼラニウムやラベンダーなど鎮静に誘い香りはストレス軽減に働きます。

オレンジスウィートとベルガモットの甘さ、クラリセージの心地よいグリーン間、サンダルウッドの深い香り、それらが総合的に働きかけて不安定な心身を落ち着かせ、様々なPMSの症状を癒します。

PMSの症状が起こりやすいのが肌荒れです。
オレンジスウィートのフレッシュ感、ペティグレンのグリーンな香り、ネロリの優しさ、そしてマジョラムの暖かさ。
それらがブレンドされて心地よい甘さを生み、ホルモンバランスを整えて肌の状態を安定させます。

オレンジスウィートとマンダリンの甘さと柔らかさ、サイプラスのウッディでドライな酸味、ラベンダーのフローラルの甘さ。
これらが心身の不快感を全般的に和らげます。
全てに鎮痙作用があり、月経の痛みを和らげたいときにおすすめです。

マッサージ

精油と好みのキャリアオイルをまぜて気持ちよく感じるところをマッサージしましょう。

温湿布

お湯を入れた洗面器に精油を入れタオルを浸します。
絞って、気持ちよく感じる部位に当てます。

いつも生理痛がある人は、痛みが始まる前にこのブレンドを下腹部と背中側に湿布して、仙骨の周囲を押圧します。

  • アニスシード:6滴
  • マージョラム:5滴
  • プチグレン:7滴
  • キャスターオイル:10mℓ
  • ホホバオイル:20mℓ

冷え性の人は、このブレンドオイルを刷り込んだ後に服の上から腹部を温めると、効果滴に痛みが緩和できます。

月経の痛みを和らげるとされる精油の温湿布がお腹や腰の痛みを緩和してくれます。

短冊状におったタオルを湯に浸し、精油をすくうようにして染み込ませます。
そのまま絞り、精油が直接肌に触れないように注意して、お腹や腰に当てます
使用する精油はカモミールローマンがおすすめです。

アロマバス

生理前、ホルモンバランスの乱れからくるイライラを和らげるのにおすすめなのが蜂蜜の入浴剤です。
浴槽に蜂蜜と精油をまぜたものを入れて、ゆったりと入浴します。

生理痛などの対応にぜひ精油を活用してみましょう!

 

【生理痛やPMSに効く】精油のブレンドのレシピやアロマの活用の方法とは??

関連記事