アロマを始める前に知っておくべき6つの注意点


近年、簡単にアロマを始めることができるようになった一方で、肌荒れのトラブルや活用方法を誤るケースも増えています。

アロマを安全に楽しむために必ず知っておくべき大切な注意点があります。
精油は植物から取れる天然なものなので、安全だと勘違いしますが、実は扱い方を間違えると安全ではありません。

精油は植物に含まれる時よりも成分は何十倍・何百倍に濃縮されているため作用や効果が強くなります。

使い方を間違えると効果を得られないばかりか、思わぬトラブルを引き起こしてしまうこともあるので、精油の正しい知識や使い方を身につけておくことがとても大事です。

この記事ではアロマテラピーを安全に楽しむために、始める前に必ず知っておくべき6つの注意点について紹介します。
とても大切なことですので、アロマを生活に取り入れて見たい方は必見です。

アロマの始める際の注意点①:品質

アロマを始める際の大前提として、「品質の確かな精油を使う」ことが大事です。

アロマテラピーとして使うことができるのは、植物から得られる100%天然な精油(エッセンシャルオイル)のみです。
100円ショップなどで販売している合成アロマオイルはあくまでも香りを楽しむだけのものであって、肌に付ける使い方や心身への効能は期待できません。

アロマを利用していたら、肌荒れや気分が悪くなったなどのトラブルの多くは本物ではない精油や品質の悪い精油や劣化した精油を使用している場合がほとんどです。

アロマテラピーを安全かつ効果的に楽しむにも必ず品質の確かな精油を使いましょう。

アロマの始める際の注意点②:肌に塗る場合は薄めに

品質の確かな精油は香りを嗅ぐだけでなく、お風呂やマッサージなど肌に触れる使い方もできます。

ただし、精油は植物の香り成分が高濃度に凝縮されてものなので、原液のままでは刺激が強くなります。
肌に使う場合は植物油などに希釈して使うことをオススメします。

希釈濃度は1%以下が目安です精油一滴(0.05ml)に対して、植物油5mlです。
顔などのデリケートな部分に使う場合には更に薄めの濃度でもいいかもしれません。

また、精油は水に解けないので、お風呂に入れるときは、そのままお湯に垂らすのはNGです。
原液が肌に触れて、肌にかゆみが出たり、赤くなることがあります。

精油と人の肌の愛称は人それぞれです。
体調や体質によって肌に合わなかったり、稀にアレルギーを起こすこともあります。

初めて精油を肌に使う場合はあらかじめ、手の甲に一滴垂らすなどして、パッチテストを行うと方が安心です。
特に敏感肌やアレルギー体質の方はパッチテストを行うことを推奨します。

アロマの始める際の注意点③:光属性と皮膚刺激

精油を肌に使用する場合は光毒性と皮膚刺激への注意が必要です。
精油には人間にとって有益な作用や効果がたくさんありますが、マイナスの作用や効果も少なからずあります。

精油成分の一部には肌についた状態で紫外線に当たると、皮膚に刺激を与える「光毒性」という作用をもつものがあります。

光毒性をもつ精油は「ベルガモット」「ライム」「グレープフルーツ」「レモン」などです。特徴としては、柑橘の皮から圧搾法で抽出された精油に多いです。

これらの精油を肌に使う場合は、外出前や外出中など日光に当たる部分を避けるか光毒性をもつ「フロクマリン」という成分を除去したタイプの精油を使いましょう。
「フロクマリンフリー(FCF)」という名称で販売されています。

二つ目のマイナス作用が皮膚刺激です。
精油成分の一部には肌に刺激を与えるものがあり、高濃度で使うとかぶれや肌荒れの原因となる場合もあります。

皮膚刺激に注意が必要な精油は「柑橘系」「スパイス系」「レモングラス」「ペパーミント」「ユーカリ」です。
これらの精油を肌に使う場合は一般的な希釈濃度よりも低めの濃度(0.5ml)に希釈しましょう。

光毒性や皮膚刺激とは怖いイメージを持ちますが、正しく使えば怖いものではありません。
使い方や適切な濃度を正しく守るようにしましょう。

アロマの始める際の注意点④:飲まない

海外では専門家からのアドバイスで精油を内服することがありますが、例外的な方法です。

精油は一滴であったとしても、作用が強力なものや毒性を示すものがあります。
自分の判断で飲むことは非常に危険な行為なので、絶対にやめましょう。

香りを嗅いだり、マッサージなどに使う場合でも、精油は充分に効果的に働きかけてくれます。
最近では「飲めるアロマ」とうたって、精油の飲用を進めている場合がありますが、高リスクなので飲まないようにしましょう。

アロマの始める際の注意点⑤:子供や持病者や妊婦の扱いは慎重

基本的には誰でも楽しめるアロマテラピーですが、中には使用に注意が必要な方もいます。
成長過程の子供は嗅覚が大人よりも鋭く、外からの影響を受けやすいです。

原則として、3歳未満の乳幼児には芳香浴が最適で、お風呂やマッサージなど肌に触れる使い方は避けましょう。
芳香浴を行う際も香りは控え目にしましょう。

また、3歳以上の子供でも、精油の使用量は大人の1/10程度からはじめ、多くても1/2を超えない程度にしましょう。
加えて、妊娠中や授乳中や高齢者や持病のある人は使用を控えた方がいい精油があります。

芳香浴以外でアロマテラピーを楽しむ場合には特に注意を払う必要がありますので、事前に意思と相談が必要です。

アロマの始める際の注意点⑥:冷暗所に保管し、早く使う

精油は天然なものでとてもデリケートで保管方法にもルールがあります。
特に光、熱、酸素などの影響を受けやすく、成分が劣化しやすいという特徴があります。

そのため精油の品質を維持するためにも、使用後は容器の蓋を閉めて、冷暗所に立てた状態で保管することが大切です。
直射日光が当たる窓辺や湿気の多いバスルームに置くのは厳禁です。

すぐに劣化して、香りや効能が台無しになってしまします。
また、精油には引火性があるため、キッチンなどの火気の近くは避け、子供やペットなどの手の届かない場所に保管しましょう。

精油の保存期間は開封後1年が目安です。
ただし、柑橘系の精油は劣化が早いため、開封したら半年を目安にしましょう。

以上がアロマを始める前に知っておくべき6つの注意点ですので、必ずチェックしましょう



関連記事