ルームフレグランスを始める前にお部屋の匂いの特徴や生活臭ついて知ろう!


毎日同じ家で生活しているとそこの香りに慣れてしまい無臭のように感じますが、実はどの家にも独特の匂いがあります。

友人や知人の家に行った際に、何かしらの匂いを感じたことがあり、その匂いがいい匂いに感じることもあれば、臭いと感じることもあります。

家の匂いは生活臭と言われ、家主は気になりませんが、他の人からすると気になることが多いです。

ルームフレグランスやアロマディフューザーで家や部屋に香り付けをすることは重要ですが、まずは家や部屋の香りの特徴や生活臭について理解を深めましょう。

タイプ別や場所別の部屋の匂いの種類と理由

家で生活しているといろんな匂いが混じり、生活臭となります。

生活臭の理由は一つに特定するよりも、生活習慣や行動、食事などあらゆることが影響しています。
生活臭に大きな影響を与える匂いの種類を説明します。

匂いのタイプ別

夏だけでなく冬の寒い時も人は生活しているとたくさん汗をかき、その汗がソファーやカーペットやベットに染み付き、匂い原因になります。
汗は匂いは本人でも識別しにくい匂いのため、生活臭が部屋に漂っていることに気づきにくいです。

体臭

俗に言う「加齢臭」や「疲労臭」などの体臭も家の生活臭に原因であり、体臭は食べ物や生活習慣などが影響しています。

身だしなみや外見を気にしている人でも、生きている限り少なからず体臭は必ず出ます
また、皮脂や垢などにも匂いがあり、これらが肌に溜まり、ベットシーツや壁に付着すると匂いの原因になります。

タバコ

タバコを吸う人が減ってきましたが、タバコの煙のヤニは壁やカーテンやソファーなどの布、柱やタンスなどの木材にも付着しやすく、強烈なタバコの匂いが部屋を臭くします。

タバコの匂いは厄介で、一度壁紙や家具に着くとなかなか取ることできず、色も黄ばんでしまいます。

ペット

毎日ペットと一緒にいると匂いを感じませんが、人間と同様にペットにも体臭や排泄物の匂いがあり、部屋の匂いの元になります。

特に犬は体臭、猫はトイレの匂いが気になることが多いです。

湿気

湿気が場所や時期には細菌や雑菌が繁殖しやすく、その場所から悪臭や異臭を放つことがあります。

特にカビが発生しやすく、増殖すると一気に悪臭を放ちます。
また、キッチンの下なども水周りも繁殖しやすいため、注意が必要です。

匂いの場所別

リビング

リビングはいろんな匂いが混在する場所で、いろんな理由で匂いが発生します。

混在する匂いで原因を特定しにくいですが、来客などはリビングに訪問することがほとんどですので、最も匂いに気をつける必要があります。

玄関

玄関の靴の匂いも汗が蒸れることが原因で、靴を長時間履いていると汗で雑菌が繁殖してしまいます。

キッチン

キッチンは食材が多くいろんな匂いが混在しています。
他にも調理で発生した生ゴミや油汚れ、換気扇や排水溝や洗い残しの食器など匂いの元になるものが多いです。

トイレ

トイレは尿に混じっているアンモニア臭が匂いの元になり、水で流したとしても便器や床や壁に飛び散っていることが多く、嫌な匂いを発するようになります。

尿のアンモニア臭は空気より軽いので上に昇り、匂いの成分としても臭く感じやすいです。

洗面台

洗面ボウルは一見綺麗に見えますが、長いこと洗わないと表面に汚れの層ができ、匂いの原因になり、蛇口や排水溝の周りにヌメリやカビが発生します。

洗濯機

水回りでカビが生えやすく、生活臭の原因になり、洗剤や柔軟剤の匂いが強いと匂いが混じり不快臭になることも多いです。

家や部屋の匂いを消す方法

部屋の生活臭を消す方法はたくさんありますが、小手先のテクニックではなく、代表的な事例を紹介します。

部屋の換気

まず初めに定期的に部屋の換気を行いましょう。

できれば毎日10分づつでも、換気をするだけで家や部屋の空気が一新され、滞納した匂いや菌をリフレッシュすることができます。
冬などの寒い場合でも、窓を5cm開けるだけでも、空気は循環しますので効果があります。

換気する際はなるだけ全ての窓を開けるようにしましょう。
一つの窓しか空いていないと空気が循環しないため、予想以上に換気効果が弱くなります。

なお、タバコの喫煙はご法度で喫煙している限り部屋の匂いは臭いままです。
家の中で吸わなくても、喫煙者は洋服や体がタバコ臭くなりますので、部屋の匂いを優先したい場合は禁煙も考える必要があります。

こまめな掃除

生活臭や部屋の匂いの原因のほとんどが清掃不足や清掃できていないことです。

小まめな清掃を行うだけで、部屋の匂いの問題のほとんどが解決できます。
水回りも小まめに掃除することでカビや雑菌の発生や増殖を防ぐことができ、特にトイレ、キッチン周り、水回り、洗濯機は注意が必要です。

ゴミも定期的に捨てることで、匂いの原因を除去することができます。
ゴミ出し日が指定されており、捨てる日が限られますが、その日に必ず捨てるようにしましょう。

ゴミの匂いは長時間放置していると、家具や壁にも移り、ゴミを捨てた後でも匂いが残ってしまいます。

洗濯

家の匂いを抑えるのにベットシーツやカーテンなどの汗や様々な匂いが付着しやすい布類の洗濯は必須です。

そして、洗濯機で洗濯後は太陽が当たり、風通しの良い場所で日干しをするようにしましょう。
太陽の光には殺菌効果があるので、菌を殺菌することができます。

脱いだ靴を下駄箱にすぐしまわない

きれい好きや整理整頓が好きな方は、帰宅後に靴を下駄箱にしまうことがあります。

しかし、脱いだ靴には汗が溜まっており、すぐに下駄箱にしまうことで換気が悪くなり靴に溜まった菌が増殖する可能性が高くなり、結果として匂いの原因になります。

靴を脱いでから1~2日は下駄箱に入れず換気をして、乾いてかた下駄箱に収納するようにしましょう。

その他にも消臭対策として、「濡れたタオルを振り回す」ことで水分が匂いの原因を吸い取ってくれたり、炭を置くことで炭に嫌な匂いが吸着して消臭効果があります。

また、空気清浄機のニオイ除去機能や脱臭機、消臭だけじゃなくて除菌もできるシリーズのファブリーズなども便利です。

部屋の匂いや生活臭でルームフレグランスやアロマを使い匂いを変えようとしようとするのはあまりオススメできません。
なぜなら、臭い匂いの上にフレグランスなどを被せたところで、臭い匂いの原因は残ります

ルームフレグランスやアロマはリラックスやリフレッシュするアイテムとしては最高ですので、使う場合はまず消臭や各種対策をして、匂いをゼロにしてから、香りを楽しむようにしましょう。



関連記事