アロマオイルと睡眠の関係性は?気になる効果も紹介!


良質な睡眠は健康な生活を送るための必須条件です。
しかし、日頃のストレスや不規則な生活習慣、デスクワークなどによる運動不足がきっかけで、睡眠不足に陥る人が増えています。

夜はぐっすり就寝し、翌朝すっきり目覚めるためにも、アロマオイルでリラックスすることをおすすめします。

アロマオイルと睡眠の関係性とその効果について紹介していきます。

アロマオイルと睡眠の関係性

アロマオイルが良質な睡眠を促すというのは、どのような関係性があるのでしょうか。
まずリラックスできる香りは、体を睡眠モードに促すのにかなり効果があります。

人間の体は交感神経と副交感神経がバランスを取り合って成り立っています。

体がリラックスして落ち着いている状態では副交感神経に入るため、このときにゆったりとした上質な眠りに入りやすくなるという仕組みです。
そのため良質な睡眠をとるためには副交感神経を優位にする必要があります。

絵画など芸術に触れて心を安らげる、リラックスできる音楽を聞くことなども手段としてあげられますが香りは脳にダイレクトに届くため、より神経のスイッチを切り替えやすいというメリットがあります。

「最近なかなか寝付けないな」「眠りが浅い気がするな」という方は、ぜひアロマオイルを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

アロマ

アロマオイルが睡眠にもたらす効果

アロマオイルが睡眠に良い影響をもたらすということはわかりましたが、具体的にどのような効果がある、睡眠の症状別に紹介します。

寝つきが悪い

「最近、頭が冴えてしまってぜんぜん眠れない」「考え事をしていると寝付けない」というようになかなか眠れずに困っているという方は、
交感神経が緊張状態に陥っている可能性があります。

このような場合は、心を落ち着けリラックスできるようなアロマオイルがおすすめです。

例えばアロマの中でも定番のラベンダーは、リラックス作用があるためゆっくりと気持ちを落ち着けることができます。

また自律神経を整える効果もあり、生理痛や頭痛、筋肉痛まで和らげてくれるということで、女性に嬉しいアロマとしても人気です。

さらにゼラニウムなどもおすすめで、バラに似たフローラル系の香りで、ストレス解消にも効果的です。

花びらではなく葉から抽出しているため、フローラル系といっても主張しすぎず、ふわっと香るくらいなのが特徴です。
さわやかで優しい香りは、気持ちを前向きにしてくれ、気持ちを落ち着けリラックスすることにより、いままでよりも寝付けるようになります。

眠りが浅い

「眠れることには眠れるけど、眠りが浅い気がする」「寝起きになぜかぐったりしている」「寝た気がせず、常に疲れている」などの症状は、眠りが浅い可能性があります。

眠りが浅い場合は、森のようなさわやかで清々しい香りがおすすめです。
例えばローズウッドやユーカリ、サンダルウッドなどです。

サンダルウッドは「白檀」とも呼ばれるアロマであり、風邪にも効果的なオイルとされているため幅広い層に人気です。

また眠りが浅いことは、大きく日頃のストレスも影響しており、アロマでリラックスして、ぐっすり眠れるようになるとより過ごしやすくなります。

考え事をして眠れない

仕事でやってしまったミスを思い返したり、人間関係の悩みがあったりなど、考え事をしているとどうしても眠れないということが多くなります。

そのような時にリフレッシュできるアロマで気持ちを立て直し、落ち着いた気持ちで眠れるように促しましょう。

例えばリフレッシュにおすすめなのは、柑橘系の香りのアロマです。
グレープフルーツやシトラス、ベルガモットなどの香りは、リフレッシュして気持ちをスッキリと保ってくれます。

柑橘系の香りはアロマ初心者の方にもおすすめであり、「どんな香りを選んだら良いのかわからない」という場合にもオススメします。
香りもきつすぎず、ふわっとさわやかに香るため、シーンを選ばず楽しむことができるでしょう。

このように、睡眠に良い影響をもたらすアロマオイルはさまざまな種類があります。

そのときの体調や気分によっても、好みの香りが異なってくるでしょう。
いくつか種類を揃えておいて、お好みでブレンドを楽しむのもおすすめです。
自分にあった香りを試してみてください。

眠りが浅かったり、なかなか寝付けなかったりなどの睡眠の悩みは、自分の心や体が大きく影響しています。
アロマオイルの力を借りてよりリラックスし、睡眠の質を高めましょう。



関連記事