【不眠症・睡眠障害に効く】精油のブレンドのレシピやアロマの活用の方法とは??

精油は心身ともに効果があり、ブレンドをすることで精油成分の効果を最大限に発揮することができます。
不眠症・睡眠障害に効く精油のブレンドとレシピをご紹介します。

不眠

「睡眠負債」という言葉を耳にするようになりましたが、毎日の睡眠不足が大きな病気に繋がると言われています。

疲れがたまりすぎたり、緊張が続くとなかなか眠れないものです。
なかなか眠れない、眠りが浅いなどといった症状が慢性的に続く場合は不眠症です。

自然の香りを使うアロマテラピーで生体リズムを整え、安眠効果を高めましょう。
まずは、甘さを感じる香りで心身の緊張をほぐしましょう。

香りを認識することで呼吸が深くなり、自然と眠りも深くなります。

アロマセラピーには不眠症や睡眠障害に対しても、効果があることが多くの研究者によって立証されています。
気分を興奮させる副交感神経を鎮め、副交感神経が優位になるような効果をもたらす精油が数多くあります。

その中でも効果的な香りの筆頭にあげられるのはラベンダーです。
ある実験では、不眠症の患者が1週間、毎日ラベンダーの香りを吸入したところ、睡眠が改善したことが明らかになりました。

ラベンダーの芳香浴によって、睡眠薬を減らすことができた事例などがあります。

ラベンダーの他にもサンダルウッド、ネロリなども神経を鎮めて安眠を促します
深い疲れやホルモンバランスの乱れに作用するローマンカモミールやラベンダー、不安を取り除くタイムリナロールやネロリがおすすめです。

芳香浴

お湯を入れたマグカップに精油を入れて、蒸気で吸い込みます。

 

夏の熱帯夜の暑くて眠れない夜は気分がスッキリするサイプレスに安眠作用の精油で暑苦しさや寝苦しさを軽減します。
アロマデイフューザーなどにブレンドした精油をセットして、部屋に香りを漂わせます。


安眠作用で有名なラベンダーをハンカチに垂らして、枕元でほのかにリラックスできます。
この際はブレンドせずにハンカチに精油を落とし、ハンカチを枕の下に敷いて寝ます。


ベルガモットの惹きつけられるようなグリーンの香りとラベンダーの甘さが融合し、優しい空気が周りを包み込みます。
そこにフランキンセンスを加えることで心を穏やかな状態にゆったりとした気分で眠れるように誘ってくれます。


オレンジスイートの甘さが、ティートゥリーの透き通った青くグリーンな爽やかさと融合することで、深呼吸を促します
そして、サンダルウッドの深くウッディな香りが全体に柔らかい雰囲気を作り出し、穏やかな眠りへと導きます。

アロマバス

40度程度のお湯に精油を加え、よくかき混ぜて入浴します


心地よい甘い香りと官能的な香りが混じり合って、うっとり気分の半身浴で不安を癒します。
浴槽にお湯を入れて、ゆったりと半身浴します。

気持ちが落ち着かない夜は緊張や不安を和らげる精油と日本酒を混ぜた全身浴がおすすめです。
日本酒を使用するため、お酒が苦手な方にはオススメしません。

マッサージ

甘く情緒安定に役立つ精油で、眠る前に手足などにマッサージがおすすめです。
使う前によく混ぜて、手のひらに少量をとって両手になじませ、マッサージします。

夕方以降はカフェイン類や酒、できるだけ刺激の強い音楽や映像には触れないように気をつけます。

ブレンドしたリニメント剤を首の後ろ、腰、両足の裏に5滴づつ染み込ませます。

不眠症や睡眠に関するトラブルがある場合は精油を活用してみましょう。



関連記事