在宅勤務やテレワークに最適なルームフレグランスやアロマオイルを紹介!集中力UPも期待


働き方の多様化や働き方改革などの推進により「在宅勤務」「テレワーク」が一般的になり、自宅で仕事をする機会や人が増えてきました

同時に自宅での仕事はテレビやその他の誘惑に負けたり、集中できないと悩まれる方もたくさんいます。

ずっと同じ部屋にいるため、プライベートとの区別が付かずにダラダラと仕事をして、集中できないケースもあります。

「在宅勤務」「テレワーク」での仕事に集中するためにのルームフレグランスの活用の方法や最適な香りを紹介します。

在宅勤務やテレワークに最適な香り

アロマオイルは約3,000種類の香りがあり、香りによって心身への効果や効能が異なります。

多くのアロマオイルの中から仕事のシーンで最適な香りを見つける必要があります。
特に集中力アップ脳が活性化する香りが在宅勤務やテレワークには最適です。

ユーカリ

ミントっぽい香りでスースーする鼻を通るような、スッキリとした香りで、頭がスッキリし、集中力UPに繋がります。
優れた消毒作用と、抗炎症作用があり、風邪気味の時や鼻炎などに効果的です。

バニラ

スパイス系の刺激的な香りが脳の働きを活性化を促し、集中力アップの効果をもたらしますため、やる気を出したい時や仕事や勉強の時に最適です。

スパイス系はジンジャー、シナモン、バジルなどが代表的で、刺激的で個性的な香りです。

ローズマリー

ハーブの花や葉から抽出され、すっきりとした爽快感とともにほろ苦さを感じる香り、アロマオイルの中で最も人気があります。

清涼感があるため、仕事や勉強の集中力UP頭をリフレッシュする効果があります。
他にもハーブ系と呼ばれるミントやペパーミントやタイムやマジョラムがあります。

在宅勤務やテレワークのアロマの使い方

お部屋に香りを漂わせる道具はアロマディフューザーやリードディフューザーやお香などたくさんあります。

それぞれ特徴がありますが、仕事をする時に集中しますので、火を使用するものや動作音がなるものは向いていないです。
また、ミスト(霧)が出るものやアロマキャンドルの火の動きも気になることがあります。

香りを長く使いたいか、気分によって日別で変更するかによって方法が異なります。

例えば、1ヵ月同じ香りでいい場合はリードディフューザーなどが最適ですが、毎日香りを変えたい場合にはアロマオイルやお香などが向いています。

在宅勤務やテレワークに向いているルームフレグランスは

  • リードディフューザー
  • お香
  • アロマストーン


向いていないのは

  • アロマキャンドル
  • アロマディフューザー(音が出るもの)
  • アロマポット
  • アロマランプ

工夫した使い方はタオルやティシュにエッセンシャルオイルを数滴垂らしておくだけで、デスクやパソコンの周辺に置き、香りを楽しむことができます。

部屋の中で広範囲に広がることがないので、周りを気にせず、簡単に香りを変えて使うことができます。

仕事が終わったらお風呂でリラックスするためにアロマバスを利用することもオススメです。
1日の疲れを一気に吹き飛ばすことができます。

在宅勤務やテレワークにぴったりのルームディフューザー

在宅勤務やテレワークにぴったりの人気のアロマランプについて紹介します。
アロマランプは店舗では東急ハンズなどで購入でき、インターネットでは楽天市場やアマゾンなどで購入できます。
店舗によって在庫状況や価格が異なります。

 

【ユーカリ】ハローム アロマリードディフューザー

家庭で楽しむために商品化されたハロームの人気商品のリードディフューザーです。

仕事や勉強など家族で集中力アップしたい時などに最適です。

【ユーカリ】ハローム アロマリードディフューザー

【ユーカリ】木と果 リードディフューザー

控えめな香りですが、無意識に集中力アップへと繋げてくれます。

強めの香りを期待している方には少し物足りなく感じることもあります。

【バニラ】スティックディフューザー アロマアット

シンプルなデザインながらも、確かなバニラの香りを部屋中に拡散させます。

火や電気を使わないため、仕事中も気にならず集中することができます。

【ローズマリー&セージ】H/Pディフューザー

摘みたてのようなローズマリーと爽やかなセージをブレンドしたグリーンハーブの香りで勉強や仕事との相性も抜群です。

アロマオイルセット

まずいろんな香りを試してみたい方にはアロマセットがオススメです。
少量のアロマオイルをテッシュやハンカチに垂らしながら、お好みの香りを見つけることができます。

在宅勤務やテレワークが増えてきている中で、集中できる環境を作ることはとても重要になります。
デスクや家具の環境も重要ですが、アロマやルームフレグランスを活用して集中できる環境を整えましょう。

 




関連記事