アロマディフューザーは「生活の木」がおすすめ


アロマディフューザーは火を使わずに香りを拡散させてくれることができるのでとても安全です。
手軽に香りを楽しむことができるアイテムで、熱を加えないのでフレッシュな香りを楽しむことができるのも特徴です。

アロマも関連商品を販売する「生活の木」のアロマディフューザーは、初めての方からリピーターさんまで幅広く愛されています。
「生活の木」のアロマディフューザーについてご紹介します。

アロマディフューザーを販売している「生活の木」とは

アロマやハーブが好きな方はもちろん、初心者の方も訪れるアロマ専門店が「生活の木」です。

生活の木は、1955年に現在の「生活の木 原宿表参道店」と同じ場所に陶器店として創業しました。

1967年には陶器店からアロマ専門店の「生活の木」に変更し、現在ではハーブやアロマテラピーに関わる事業や店舗の開発、商品開発からカルチャースクールなども行っています。

「生活の木」は高品質でこだわられた商品が多く、信頼されているブランドです。
商品のわからないことや気になることも、店員さんに相談しながら購入することができます。

そんな本格派のブランドから、人気のアロマディフューザーを紹介します。

「生活の木」の人気のアロマディフューザー

生活の木はエッセンシャルオイルやアロマディフューザーを取り揃えており、日本中に店舗があるため、購入しやすいです。
また、楽天やアマゾンなども購入することができます。

エッセンシャルオイルディフューザー アロモア

アロモアの特徴は香りのボトルを本体に取り付けたら、毎回スイッチ一つですぐに香りが広がります。

水を用意したり、毎回オイルを垂らす手間がないのでお手軽でお手入れも簡単と、魅力が詰まっています。
アロモアの使用には、生活の木のエッセンシャルオイルボトルが推奨されています。

ライトは本体の下部分にほんのり点灯しますが、オンオフないので稼働中は暗くすることができません。
強弱のモードが選択可能、USB接続で稼働できます。

アロモアは、ウッド・ナチュラルシルバー・ライトパープル・シルバーの4色から選べて、ウッドのみ価格が多少高くなっています。
方向範囲が約6~40畳と広く、リビングやオフィス、お店などでもおすすめです。

10mlと30mlのボトルがセット可能で、30mlのボトルで1日2時間強モードで使用しても約1か月楽しめる目安になっています。
タイマーは30/60/120分で選択でき、タイマー設定なしでの最大連続稼働時間は約8時間です。

エッセンシャルオイルディフューザー アロモアミニ

幅の小さいアロモアミニというものもあり、スマホサイズなので場所に困らずデスク周りでも使用できます。
寝室や玄関など、パーソナルな空間を香らせるのにもおすすめです。

カラーはシルバー・ピンク・ゴールドの3色です。
芳香範囲は約6~12畳で、タイマー機能がなく120分で自動OFFされます。ボトルは10mlのみですが、1日2時間使用して約1か月楽しめます。

衛生面でも魅力的なアロマディフューザー

アロマディフューザーは便利な反面、水分が残っているとカビや雑菌の繁殖の恐れがあり危険なので注意が必要です。

気持ちよくアロマを楽しむつもりが、身体に害が生じてしまっては大変悲しいです。
ディフューザーの使用後は毎回、本体の湿気に注意し乾燥させることや、時々ディフューザー専用の洗浄液でのお手入れも必要です。

その点、生活の木のアロマディフューザーの「アロモア」シリーズは水を使用しないので、お手入れの目安は2週間に一度or新しい香りのボトルに変える時になっています。

お手入れ方法も、セットに付属されている空き瓶に、芳香器専用クリーナーかエタノールを入れて本体にセットし強モードで120分稼働させるだけ。
その後、エタノールはすぐに乾きますが、気になるかたは軽く水分をふき取りましょう。120分は長いですが、放置するだけなので非常に楽です。
アロマディフューザーは便利だけど、お手入れが面倒と感じている方には特におすすめです。
最初にボトルをセットすれば、しばらくはスイッチ一つですぐ香りを楽しめる手軽さなのが嬉しいです。

この手軽さなら、昼夜と香りの習慣を取り入れてみるのもいいかもしれません。
お値段はお手軽とは言えませんが、生活の木は、高品質で安心のブランドなので多くのファンに支持されています。




関連記事